お客様評価5部門で第1位
お客様評価5部門で第1位

セレモニーだからできる
葬儀品質が評価されました!

ご葬儀の満足度第1位

お迎えから葬儀後の
アフターフォローも

お客様のお声
・何一つ不快な事、心配な事なく、不慣れな葬儀を無事終えることができ大変感謝しております。今まで他の会場で体験した中で、一番丁寧で行き届いたサービスであったと思います。
・とにかく初めての事で、その気持ちを汲んだ対応に担当のSさんには本当に家族一同感謝しております。ありがとうございました。色々と迷う場面でも自然体で無理なく背中をそっと押していただき、スムーズに段取りできました。
・すぐに寝台車で迎えに来ていただきました。
・事前にセレモニーのイベントで記念にと撮影した写真を使っていただき、遺影写真を作ってもらいましたが、本当に良い写真でした。
・駅から近いセレモニーホールで便利でした。親戚一同満足いきました。
・館内は本当に立派で、これまでの父の功績を讃えてくれるようで、すこし誇らしく思えました。
・無事に葬儀が終った後も、墓石の相談までのっていただき価格以上の満足がありました。

知人に紹介したい葬儀社第1位

お客様専属の
葬儀ディレクターが
一貫して対応

お客様のお声
・担当してくださった、Eさんは何でも知っている方で、葬儀に関するどんな質問にも答えていただき、49日法要まで頼れる存在でした。また何かあったら(あってはよくないが)ぜひお願いしたい。
・担当の方のご対応やお心遣いに大変満足しています。何もかもが初めてで、不安もありましたが、丁寧な説明や進行のフォローなど、とても良い葬儀を執り行う事が出来ました。(故人に対しても望んでいた以上の葬儀だったと思います)
・担当のSさんがとても行き届いていて大変助かりました。葬儀の打ち合わせは雪が降っているにもかかわらず、何度も自宅に訪ねてきてくれ「困ったことはありませんか?」と聞いてくれたり、本当に心強かったです。
・担当のOさんですが、葬儀の打合せに何時間もとっていただきました。葬儀費用の内容を親切丁寧に説明していただいたおかげで、費用・内容とも納得のいく葬儀ができました。Oさん、ありがとう。この場をお借りしましてお礼申し上げます。知人で葬儀を行う時は「セレモニーさんお勧めだよ」と声を掛けます。
・葬儀の後も、ご葬儀コンシェルジュの方が来てくれて、葬儀の後に必要になるものを教えてくれましたが、なにより一人になった直後にこれからの不安などの相談や話相手になってくれたことが嬉しかったです。

設備が充実してる葬儀社第1位

きれいな霊安室・遺族控室・
そして選べる式場

お客様のお声
・大きい式場と家族葬向けの式場の2つ式場がありましたが、身内だけの葬儀でしたので、家族葬向けの式場を希望しました。会場の雰囲気がとてもよく美術館(洋館)のような風景の中、スタッフの素晴らしい気配りある対応も含め、遺族も心が洗われるような施設。どれをとっても素晴らしく、本当にセレモニーさんで式ができて良かったです。母がいた霊安室も立派なつくりで、安心できました。お通夜は家族で遺族控室を利用させていただきましたが、清潔感があり、お風呂はジャグジー付き、TV付きで85歳にして父は初めて「ジャグジー」を知り、感動していました。母も含め家族で一泊旅行にでも来たかのような時間でした。夜中でも施設の照明をつけていただいて、いつでも母に会いに行くことができ、母も淋しくなかったと思います。
[50代 男性]

事前相談の満足度第1位

もしもの時から
葬儀後の手続きまで
お答えしています

もしもの時は、突然やってきます。
残された家族は何をしたらよいのか考える余裕もなく、限られた時間で、ご葬儀に必要な事を決めていきます。
事前相談・事前見積を行なうことで、遺族の気持ちに寄り添ってくれる誠実なスタッフかどうか、葬儀施設の下見、全体の流れや仕組みを知ることができ、精神的負担はかなり軽減されます。
セレモニーでは「厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査」により資格を取得した葬祭ディレクターがご家族ごとに専属で対応しております。経験豊富なスタッフが、24時間365日急なご相談にも対応しておりますので、是非ご相談ください。

信頼と安心の互助会第1位

創業55年。
これからもずっと
お客様のお役に立ちたい

「信頼」や「安心」はお金で買うことはできません。セレモニーの互助会の歴史は古く、2019年で創業55年を迎えます。一日一日、一年一年の歳月の中で、半世紀以上の実績からなる地域の皆様との「信頼」。そして時代の変化の中で育まれてきた「安心」。セレモニーは経済産業大臣の許可を受け、その直接の指導機関である経済産業省の監督指導を受けて運営されています。冠婚葬祭互助会の名称は冠婚と葬祭の二大儀式を「互いに助け合い」の礼をもって送りたいという相互扶助の願いを込めたものです。
終戦後、物資が不足する中、親たちは子どもの結婚式の門出を祝う花嫁衣装を買ってあげる事もできませんでした。そこで隣近所のみんなが少しずつお金を出し合い、1着の花嫁衣装を購入。その1着の花嫁衣装をその地域の花嫁さんがみんなで大切に着回しをしたそうです。少しのお金でもみんなが互助の精神で助け合い、力を合わせれば立派な結婚式やお葬式もできるはずだと、始まったのが冠婚葬祭互助会。
セレモニーの互助会は安価な月掛金で婚礼・葬儀のサービスが受けられることや多彩な商品サービスを提供しております。どれだけ時代が変わってもセレモニーは皆様の「信頼」と「安心」の互助会で、これからも「お役にたちたい」という創業時から受け継がれてきた思いを大切にしていきます。