意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
動画でみる葬儀の知識へ動画でみる葬儀の知識
さいたま市の葬儀社セレモニーのHPへご葬儀はくらべて選ぶ時代
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2020-05-01

火葬後に行われる遺骨迎えとは?火葬場から戻った時、何を用意するの?

遺骨迎えとは、火葬場で荼毘(だび)にふされた故人様のご遺骨を自宅にお迎えし、安置することを指します。祭壇に安置した後の遺骨迎えの儀では、司式者による読経や焼香が行われ、これをもってお通夜式やご葬儀・告別式の一連の儀式を済ませたことになります。

ではこの遺骨迎えとは、具体的にどのように執り行えばよいのでしょうか。また、ご遺骨を迎えるにあたり、ご自宅ではどのような準備をすればよいのでしょうか。

今回は火葬後に執り行われる遺骨迎えの手順や準備しておくものなどについてご紹介します。

ご遺骨の迎え方

火葬場でのお骨上げが済むと、ご遺骨の入った骨壺は白木の箱に納められて、白布に包まれた状態で喪主に渡されます。喪主はご遺骨を抱き、その両隣にお位牌と遺影を持ったお身内が位置して、喪主を乗せた車を先頭にご自宅まで戻ります。

この時、箱の中には埋葬許可証も収めてあるのが一般的です。埋葬許可証は埋葬する時に必要になるものですから、そのまま箱に収めて保管するようにします。

身を清めてから自宅に入る

ご自宅に到着して家に入る前は、塩と水でお清めをしてから入ります。火葬場まで同行していないお身内に肩や背中に塩を振ってもらう「清めの塩」、柄杓に汲んだ水を両手にかけてもらう「清めの手洗い」がありますが、昨今では火葬場から戻ってきた方同士で身を清めて済ませる場合もあります。

遺骨迎えの儀を執り行う

その地方や地域のしきたりや風習によっては火葬後にご葬儀を行ったり、火葬の直後に納骨を行ったりすることがあるものの、一般的にはその多くが火葬された後のご遺骨と共にご自宅に戻り、忌明けとなる49日間を祭壇で安置します。ご遺骨が安置されるのは後飾り祭壇であり、この後飾り祭壇にご遺骨や遺影、お位牌などを配置して司式者によって読経が行われます。次にその場の全員で焼香をして、遺骨迎えの儀は終了となります。

遺骨迎えの儀は「還骨法要(かんこつほうよう)」や「安位諷経(あんいふぎん)」などとも呼ばれ、現代では初七日法要と合わせて執り行われるのが一般的となっています。もし分骨したためご遺骨が2つある時は、2つを並べて安置するか分骨した骨壺を仏壇で安置します。

なお、神式では、本来火葬後に墓地に行ってご遺骨を埋葬しますが、近年ではご遺骨を一旦ご自宅に持ち帰ることが多いようです。帰宅後、後飾り祭壇に遺影とご遺骨を安置し、神職によって「帰家祭」が執り行われます。

キリスト教式の場合は、そもそも火葬の習慣がないため、還骨法要や帰家祭のような儀式は行いません。

自宅では後飾り祭壇の準備をします

先述しましたようにご遺骨は後飾り祭壇にて、四十九日を迎えるまで安置されます(宗派によっては後飾り祭壇ではなく、すぐにご遺骨をお仏壇に納めることもあります)。

後飾り祭壇は火葬場に同行しなかったお身内が用意しても構いませんし、ご葬儀当日に葬儀会場に向かう前にしつらえておくと、後から準備に慌てずにすみます。また、葬儀社のスタッフに相談すれば用意を整えてもらえます。

お身内で用意する時は、自宅にある小机に白布をかけて、ご遺骨、お位牌、遺影、線香、焼香台、鈴、灯明、花立て、供物をお供えしておきます。ご葬儀で使用したお花やお供え物も、後飾り祭壇にお供えして構いません。

ご遺骨を後飾り祭壇に安置して遺骨迎えの儀を執り行い、ご遺族はその後も忌明けとなる四十九日法要まで日々、ろうそくの灯りをともし、線香をあげることで故人様の冥福を祈ります。ご葬儀後に尋ねてくる弔問客にも、こちらの祭壇で手を合わせてもらいます。

精進落とし

ご遺骨が自宅に安置され、一連のご葬儀が滞りなく済めば、精進落としの席になります。以前は家族が亡くなってから四十九日間、忌明けまでは生ものを避けて暮らし、忌明けに精進落としとして肉や魚などを食べたのが精進落としの始まりと言われています。

現代ではご自宅で精進落としの席を設けるのではなく、火葬場から葬儀場に戻ってきた後で精進落としをすることが多く、火葬場で故人様が荼毘にふされる待機時間に精進落としを行うケースもあります。

精進落としに関しては以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご参照ください。
精進落としってどうすればいいの?【喪主・ご遺族編】


まとめ

故人様の逝去から、お通夜式やご葬儀・告別式、遺骨迎えにいたるまでにご遺族は哀しみの中でも気丈に、慌ただしく心の休まらない時間を駆け抜けてきたのではないでしょうか。

故人様が自宅に戻られる遺骨迎えでは、少しほっとしたのも束の間、更に哀しみが胸に迫ってしまうかもしれません。そんな時はご遺骨や遺影にゆっくりと語り掛け、心を落ち着かせて忌明けまで過ごしましょう。


記事の制作・編集
セレモニーコラム編集部

60年の歴史と実績のあるセレモニーのご葬儀専門ディレクターが監修。喪主様、ご葬家様目線、ご会葬者様目線から分かりやすくのご葬儀のマナー知識をお伝えします。


「葬儀知識・マナー」に関する記事

「お盆に海に入っていけない」といわれる理由を解説|川遊びは良いのか?風習について解説

「お盆に海に入っていけない」といわれる理由を解説|川遊びは良いのか?風習について解説

親御さんや祖父母の方などから、「お盆は海に入ってはいけない」などと忠告された経験がある方も多いのではないでしょうか。なぜそのような制約を受けなければならないのか、疑問に感じた方もいらっしゃるかと思います。 そこで当記事では、お盆に海へ入っていけないと考えられている具体的な理由を、さまざまな角度から解説していきます。

50代から終活をした方がいい?その理由と50代の終活でやるべきことを解説

50代から終活をした方がいい?その理由と50代の終活でやるべきことを解説

終活とは、円滑な人生の最期を迎えるために行う準備のことです。終活と聞けば、仕事を定年退職した方、もしくはそれ以上の年齢の方が行うというイメージが世間に広く浸透していることでしょう。しかしながら、まだ体力のある50代だからこそできる作業があるのです。 人生においてさまざまな安心感を得るためにも、早いうちからの終活はやっておいて損はありません。今回は、50代からの終活によってもたらされるメリットやデメリット、将来に役立つ終活のマメ知識についても解説していきます。

初盆(新盆)のお返しは必要?選び方や定番のお返しを解説します

初盆(新盆)のお返しは必要?選び方や定番のお返しを解説します

大切なご家族が亡くなった後に初めて迎えるお盆は、初盆(はつぼん)または新盆(にいぼん)と呼ばれています。初盆は、故人様が亡くなった後、魂が初めてこの世へ戻ってくる貴重な時期のため、法要を行って供養するのが一般的です。 初盆の法要には、ご家族やご親族、それに生前故人様と親しくしていた知り合いの方も参列することになるため、香典やお供え物を受け取ることになるでしょう。そこで本記事では、香典返しの必要性や用意すべきもの、お返しする場合のタイミングなどについてご紹介いたします。

お盆にお供えする料理はどうすればいい?定番料理や時期についても解説

お盆にお供えする料理はどうすればいい?定番料理や時期についても解説

お盆になると、ご先祖様や故人様の御霊を慰めるため、お供え物などを持ち寄ったご親族が大勢集まるご家庭も多いでしょう。お盆では、慰霊のためにお膳を作って祭壇へお供えし、集まった方々と共にお墓参りや食事会を行うのが一般的です。 そこで当記事では、お供え用の料理とはどのようなものを用意すべきなのか、その詳しい内容とタブー視されている食材、料理を供える時期について、詳しくご紹介していきます。

関連する記事「葬儀知識・マナー」について

「お盆に海に入っていけない」といわれる理由を解説|川遊びは良いのか?風習について解説

「お盆に海に入っていけない」といわれる理由を解説|川遊びは良いのか?風習について解説

50代から終活をした方がいい?その理由と50代の終活でやるべきことを解説

50代から終活をした方がいい?その理由と50代の終活でやるべきことを解説

初盆(新盆)のお返しは必要?選び方や定番のお返しを解説します

初盆(新盆)のお返しは必要?選び方や定番のお返しを解説します

お盆にお供えする料理はどうすればいい?定番料理や時期についても解説

お盆にお供えする料理はどうすればいい?定番料理や時期についても解説

初盆飾りはいつものお盆と何が違う?飾り方や必要なものをわかりやすく解説

初盆飾りはいつものお盆と何が違う?飾り方や必要なものをわかりやすく解説




埼玉・東京・千葉葬儀場のご案内