意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決

意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決

知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

新着記事

枕経とは|あげる際の準備と流れ、服装やお布施に関するマナーも解説します

枕経とは|あげる際の準備と流れ、服装やお布施に関するマナーも解説します

枕経は、大切な方がお亡くなりになってから一番始めに行われる儀式です。お通夜やご葬儀などとは異なり、一部の身内だけで行う儀式のため、経験したことのない方が多いです。喪主になったものの、「誰にどのタイミングでお願いをすればよいか分からない」と、悩んでいる方もいらっしゃいます。 今回は、枕経をあげる前に準備しておきたいものや流れ、服装やお布施に関するマナーについて解説していきます。近年では省略する傾向もありますが、故人様をお送りするための大切な儀式ですので、この記事を参考にしてみてください。

お葬式に赤ちゃんは参列できる?小さな子供の服装やマナーについて解説します

お葬式に赤ちゃんは参列できる?小さな子供の服装やマナーについて解説します

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭にご葬儀の案内状が届いた際に、「小さな子供をご葬儀に連れて行くのは大丈夫?」と、悩んでしまう親御さんは多くいらっしゃいます。「ご葬儀の最中に大声で泣きだしたら…」「騒いで周りの迷惑にでもなったら…」と心配は尽きないでしょう。 本記事では、「いくつからであればご葬儀に連れて行ってもいいのか」「小さな子供をご葬儀に参列させるのは失礼に値しないか」「参列させる場合は、どのような服装を用意すればよいのか」など、小さなお子様がご葬儀に参列する際のマナーについて解説していきます。

仏教の宗派とは?ご葬儀でのマナーの違いや開祖・ご本尊などの基本情報を解説

仏教の宗派とは?ご葬儀でのマナーの違いや開祖・ご本尊などの基本情報を解説

日本国民の多くは仏教徒ですが、一口に仏教といってもその宗派はさまざまです。宗派が違えばお仏壇の飾り方から祭壇の作り方、お焼香やお線香の作法にいたるまで細かな違いが出てきます。 今回は、「仏教における宗派とは何なのか」という点から、宗派ごとの特徴やご葬儀におけるマナーについて解説していきます。事前に各宗派のマナーを把握しておけば、自身とは異なる宗派のご葬儀に参列した際に慌てず落ち着いて対応できることでしょう。

仏滅にお通夜やご葬儀を行ってもいい?友引・先負など六曜と弔事の関係を解説

仏滅にお通夜やご葬儀を行ってもいい?友引・先負など六曜と弔事の関係を解説

私たち日本人は昔から「縁起」を大切にしてきました。物事を為す際は、「縁起が良い・悪い」で日取りを決めることも多く、冠婚葬祭など人生の節目といえるイベントに関しては「大安」「吉日」「仏滅」など、六曜占いに基づいて日程を設定する方がほとんどです。 仏滅は広く「縁起の良くない日」と認識されていますが、お通夜やご葬儀に関しては、「執り行う方が良い・執り行わない方が良い」と意見が分かれます。そこで今回は、仏滅の意味や六曜と仏事の関係性について解説していきます。

ご逝去からご葬儀までの流れ|病院・自宅で亡くなった場合の手順も解説

ご逝去からご葬儀までの流れ|病院・自宅で亡くなった場合の手順も解説

ご葬儀は何度も経験するものではないため、「参列したことはあるけど、喪主としていろいろな手配をした経験はない」「ご葬儀に一度も関わったことがない」という方も多いです。不幸はいつどのようなときに起こるか分かりません。いざご葬儀の手配をする立場になった際、何もかも初めてのため、何から手をつけていいのか分からず慌ててしまうかもしれません。 今回は、いざというときが来ても慌てず対応できるよう、ご逝去からご葬儀までの流れや注意するべき点について解説していきます。

【男女別】ご葬儀での靴に関するマナーまとめ|子どもはローファーで大丈夫?

【男女別】ご葬儀での靴に関するマナーまとめ|子どもはローファーで大丈夫?

ご葬儀に参列する際、参列者は服装や髪型など、さまざまな箇所に配慮しなければなりません。このとき、服装のマナーは心得ているが、靴に関してはよく分からないという方がいらっしゃいます。「ご葬儀にどのような靴を履いていけばいいのか分からない」「黒の革靴は持っているけど、持っている革靴がご葬儀にふさわしいのか」と悩む方も少なくありません。 今回は、どのような靴が喪服にふさわしいのかについて解説していきます。

ご葬儀での男性の喪服・礼服|小物の選び方やマナーを徹底解説

ご葬儀での男性の喪服・礼服|小物の選び方やマナーを徹底解説

喪服とは、ご葬儀やお通夜など故人様を供養する場面で着用される礼服です。そのため、喪服を着用する際には細かなマナーが多数存在します。 しかし、喪服は人生でそう何度も着る機会があるものではありません。そのため、「ビジネス用の黒いスーツと喪服の違いが分からない」という方もいらっしゃいます。今回は、いざ喪服を着る機会に立ち会った際、エチケットに反した服装で参列することのないよう、男性の喪服のマナーについて解説していきます。

火葬式(直葬)の費用相場|内訳や安く抑えるコツを解説します

火葬式(直葬)の費用相場|内訳や安く抑えるコツを解説します

ご葬儀にはさまざまな費用がかかります。会場代や通夜振る舞い、香典返しなども合わせると100万円を超えてしまうことも珍しくありません。 しかし、すべての方が多額のご葬儀費用を捻出できるわけではありません。なかには「ご葬儀の費用をなるべく安く済ませたい」と考える方もいらっしゃるでしょう。 今回は、「経済的な事情でご葬儀にあまり費用を当てられない」「自分のご葬儀はなるべく安く済ませたい」と考えている方に向けて、比較的安価に執り行える「火葬式(直葬)」について解説していきます。

仏壇のお花は生花?造花?仏花の意味や飾り方のマナーを解説します

仏壇のお花は生花?造花?仏花の意味や飾り方のマナーを解説します

仏様や仏壇にお花をお供えする際に、「生花でなくてはいけないの?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。出張が多い、手術のため入院することになったなど、造花をお供えしておきたいと考えている方も少なくありません。 そこで今回は、仏花に適したお花の種類やお供えする位置などのマナーについて解説します。

神棚封じについての基礎知識。意味や手順、期間についてご紹介

神棚封じについての基礎知識。意味や手順、期間についてご紹介

神棚封じについての基礎知識。意味や手順、期間についてご紹介

新着記事

枕経とは|あげる際の準備と流れ、服装やお布施に関するマナーも解説します

枕経とは|あげる際の準備と流れ、服装やお布施に関するマナーも解説します

枕経は、大切な方がお亡くなりになってから一番始めに行われる儀式です。お通夜やご葬儀などとは異なり、一部の身内だけで行う儀式のため、経験したことのない方が多いです。喪主になったものの、「誰にどのタイミングでお願いをすればよいか分からない」と、悩んでいる方もいらっしゃいます。 今回は、枕経をあげる前に準備しておきたいものや流れ、服装やお布施に関するマナーについて解説していきます。近年では省略する傾向もありますが、故人様をお送りするための大切な儀式ですので、この記事を参考にしてみてください。

お葬式に赤ちゃんは参列できる?小さな子供の服装やマナーについて解説します

お葬式に赤ちゃんは参列できる?小さな子供の服装やマナーについて解説します

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭にご葬儀の案内状が届いた際に、「小さな子供をご葬儀に連れて行くのは大丈夫?」と、悩んでしまう親御さんは多くいらっしゃいます。「ご葬儀の最中に大声で泣きだしたら…」「騒いで周りの迷惑にでもなったら…」と心配は尽きないでしょう。 本記事では、「いくつからであればご葬儀に連れて行ってもいいのか」「小さな子供をご葬儀に参列させるのは失礼に値しないか」「参列させる場合は、どのような服装を用意すればよいのか」など、小さなお子様がご葬儀に参列する際のマナーについて解説していきます。

仏教の宗派とは?ご葬儀でのマナーの違いや開祖・ご本尊などの基本情報を解説

仏教の宗派とは?ご葬儀でのマナーの違いや開祖・ご本尊などの基本情報を解説

日本国民の多くは仏教徒ですが、一口に仏教といってもその宗派はさまざまです。宗派が違えばお仏壇の飾り方から祭壇の作り方、お焼香やお線香の作法にいたるまで細かな違いが出てきます。 今回は、「仏教における宗派とは何なのか」という点から、宗派ごとの特徴やご葬儀におけるマナーについて解説していきます。事前に各宗派のマナーを把握しておけば、自身とは異なる宗派のご葬儀に参列した際に慌てず落ち着いて対応できることでしょう。

仏滅にお通夜やご葬儀を行ってもいい?友引・先負など六曜と弔事の関係を解説

仏滅にお通夜やご葬儀を行ってもいい?友引・先負など六曜と弔事の関係を解説

私たち日本人は昔から「縁起」を大切にしてきました。物事を為す際は、「縁起が良い・悪い」で日取りを決めることも多く、冠婚葬祭など人生の節目といえるイベントに関しては「大安」「吉日」「仏滅」など、六曜占いに基づいて日程を設定する方がほとんどです。 仏滅は広く「縁起の良くない日」と認識されていますが、お通夜やご葬儀に関しては、「執り行う方が良い・執り行わない方が良い」と意見が分かれます。そこで今回は、仏滅の意味や六曜と仏事の関係性について解説していきます。

ご逝去からご葬儀までの流れ|病院・自宅で亡くなった場合の手順も解説

ご逝去からご葬儀までの流れ|病院・自宅で亡くなった場合の手順も解説

ご葬儀は何度も経験するものではないため、「参列したことはあるけど、喪主としていろいろな手配をした経験はない」「ご葬儀に一度も関わったことがない」という方も多いです。不幸はいつどのようなときに起こるか分かりません。いざご葬儀の手配をする立場になった際、何もかも初めてのため、何から手をつけていいのか分からず慌ててしまうかもしれません。 今回は、いざというときが来ても慌てず対応できるよう、ご逝去からご葬儀までの流れや注意するべき点について解説していきます。

【男女別】ご葬儀での靴に関するマナーまとめ|子どもはローファーで大丈夫?

【男女別】ご葬儀での靴に関するマナーまとめ|子どもはローファーで大丈夫?

ご葬儀に参列する際、参列者は服装や髪型など、さまざまな箇所に配慮しなければなりません。このとき、服装のマナーは心得ているが、靴に関してはよく分からないという方がいらっしゃいます。「ご葬儀にどのような靴を履いていけばいいのか分からない」「黒の革靴は持っているけど、持っている革靴がご葬儀にふさわしいのか」と悩む方も少なくありません。 今回は、どのような靴が喪服にふさわしいのかについて解説していきます。

ご葬儀での男性の喪服・礼服|小物の選び方やマナーを徹底解説

ご葬儀での男性の喪服・礼服|小物の選び方やマナーを徹底解説

喪服とは、ご葬儀やお通夜など故人様を供養する場面で着用される礼服です。そのため、喪服を着用する際には細かなマナーが多数存在します。 しかし、喪服は人生でそう何度も着る機会があるものではありません。そのため、「ビジネス用の黒いスーツと喪服の違いが分からない」という方もいらっしゃいます。今回は、いざ喪服を着る機会に立ち会った際、エチケットに反した服装で参列することのないよう、男性の喪服のマナーについて解説していきます。

火葬式(直葬)の費用相場|内訳や安く抑えるコツを解説します

火葬式(直葬)の費用相場|内訳や安く抑えるコツを解説します

ご葬儀にはさまざまな費用がかかります。会場代や通夜振る舞い、香典返しなども合わせると100万円を超えてしまうことも珍しくありません。 しかし、すべての方が多額のご葬儀費用を捻出できるわけではありません。なかには「ご葬儀の費用をなるべく安く済ませたい」と考える方もいらっしゃるでしょう。 今回は、「経済的な事情でご葬儀にあまり費用を当てられない」「自分のご葬儀はなるべく安く済ませたい」と考えている方に向けて、比較的安価に執り行える「火葬式(直葬)」について解説していきます。

仏壇のお花は生花?造花?仏花の意味や飾り方のマナーを解説します

仏壇のお花は生花?造花?仏花の意味や飾り方のマナーを解説します

仏様や仏壇にお花をお供えする際に、「生花でなくてはいけないの?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。出張が多い、手術のため入院することになったなど、造花をお供えしておきたいと考えている方も少なくありません。 そこで今回は、仏花に適したお花の種類やお供えする位置などのマナーについて解説します。

神棚封じについての基礎知識。意味や手順、期間についてご紹介

神棚封じについての基礎知識。意味や手順、期間についてご紹介

神棚封じについての基礎知識。意味や手順、期間についてご紹介

人気記事ランキング

「ご冥福をお祈りします」の意味とは?NGとなる場面や文例についてもご紹介

「ご冥福をお祈りします」の意味とは?NGとなる場面や文例についてもご紹介

香典返しをいただいたたらお礼は必要?お礼の伝え方について

香典返しをいただいたたらお礼は必要?お礼の伝え方について

訃報メールへの返信はどうする?友人・ビジネス別に文例をご紹介

訃報メールへの返信はどうする?友人・ビジネス別に文例をご紹介

不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」って何が違うの?

不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」って何が違うの?

香典を郵送する際のマナー。郵送するタイミングや同封する手紙の書き方

香典を郵送する際のマナー。郵送するタイミングや同封する手紙の書き方



人気記事ランキング

「ご冥福をお祈りします」の意味とは?NGとなる場面や文例についてもご紹介

「ご冥福をお祈りします」の意味とは?NGとなる場面や文例についてもご紹介

「ご冥福をお祈りします」は、ご葬儀の場面で定番のお悔やみの言葉になります。しかし、実は宗教やご葬儀の場面においては「ご冥福をお祈りします」がふさわしくないこともあります。そのような場合、代わりにどのような言い回しや言葉を使えばいいのでしょうか。 そこで今回は、「ご冥福をお祈りします」に関するマナーについてご紹介します。

/
香典返しをいただいたたらお礼は必要?お礼の伝え方について

香典返しをいただいたたらお礼は必要?お礼の伝え方について

香典返しが届いたら、お礼の連絡は必要か迷ったことはありませんか? 基本的にはお礼やお返しは必要ありませんが、お付き合いの程度によっては、返礼品が届いたことやお礼を伝えた方が良い場合もあります。こちらでは、香典返しをいただいたときのマナーや対応、香典返しのお礼を伝える際の注意点を含め、手紙やメールを送る際の例文をご紹介いたします。 香典返しをいただいたたらお礼は必要?お礼の伝え方について 香典返しのお礼は必要? ご葬儀に参列し香典を渡すと、四十九日法要の後に香典返しが家に届くことがあります。 香典返しには、「おかげ様で無事に四十九日法要を終えました」といった参列者へのお礼や報告の意味と、忌明けを迎えたご遺族の気持ちに一つ区切りを付けて心機一転するという意味合いも含まれています。そこで、お礼にお礼を重ねてしまうと、仏事において「不幸が重なる、長引いてしまう」といったイメージにつながり相手に対して失礼になるため、貰った側からお礼や返事をするという事は基本的に不要とされています。 香典返しの到着を伝えたいときの連絡方法は? 上記のように基本的には香典返しへのお礼は不要ですが、親しい間柄であった場合など、どうしても返礼品到着の報告や一言お礼を述べたいという方もいるでしょう。 連絡方法としては、「電話」、「ハガキ」、「メール」で連絡をすることになりますが、法要がひと段落する頃のご遺族は、ご葬儀や法要の忙しさで疲れが出たり、大切な人を失ったことを改めて感じて悲しい気持ちになっているかもしれません。 そんな時に、どんなことを述べればよいのか、それぞれの連絡手段において、注意点を踏まえながら説明していきます。 電話でお礼をするときの伝え方 電話でお礼を伝えたい場合、香典返しが届く時期は他の方からもお礼の電話が多くかかってきているかもしれません。長電話は相手に負担をかけてしまうので、世間話などはせず電話は短く済ませましょう。 また、口頭だとつい使いがちな「ありがとう」というお礼の言葉は禁句です。 「ご丁寧な品を頂き恐れ入ります」「大変恐縮です」といった言葉を使うようにしましょう。 話す内容としては、香典返しを受け取ったことと、相手を気遣う労いの言葉を伝えると良いでしょう。他、「くれぐれも」「重ね重ね」といった言葉は不幸が続くことをイメージさせるので言葉に出さないよう気を付けましょう。 お礼状をお出しするときの例文 お礼状は相手が受け取るだけなので、電話のように相手に負担をかける心配や無意識にタブー言葉を発してしまったなんていうことはありませんが、書き方に形式やマナーがあります。 ①頭語と結語 目上の相手なら「拝啓」「敬具」を使います。両方セットであるか、無くても問題ありません。 ②香典返しが届いたことを伝える 電話同様、「ありがとうございます」というお礼の言葉は使わずに「ご丁寧な品を頂きまして大変恐縮しております」という言葉を使います。 ③相手を労う言葉 「どうかお体をご自愛ください」「健康にはくれぐれもご留意ください」など、相手を気遣いましょう。 ④最後に「失礼ながら書中にて、ご挨拶申し上げます」としてご挨拶を簡略している旨をお伝えします。ここでも「お礼申し上げます」という言葉は使わないようにします。 ⑤お礼状を出す日付 <例文> 拝啓 本日、ご供養のおしるしをいただきました。ご丁寧なお心遣い大変恐縮です。ご家族の皆様におかれましては、その後いかがお過ごしでしょうか。 何かとご心労が多いことと思いますが、どうかお体をご自愛下さい。失礼ながら書中にて、ご挨拶申し上げます。 敬具 令和〇〇年〇〇月〇〇日 電話同様に、重ね言葉や「ありがとう」などのお礼の言葉を使わず、無事に香典返しの品物が届いた事とご遺族への気遣いの言葉だけ伝える簡潔な文章を書くようにしましょう。 メールでお礼をするときの例文 メールは、親しい間柄の相手に伝える際におすすめです。簡易的な方法でお礼を伝えるとはいえ、基本的なマナーはハガキや電話と変わりはありません。長い文章は避けご遺族の気持ちに寄り添う内容にしましょう。 また、相手を労う言葉やお礼を伝えるには手軽な手段となりますので、会社の上司や年上の先輩、マナーを気にする高齢の人などの目上の方や年配の方に送るのは避けた方が無難でしょう。 <例文> 本日、お香典返しが届きました。 ご丁寧なお品を、恐れ入ります。 その後 いかがですか。 ご家族の皆さんも落ち着かれた頃でしょうか。 大変だと思うけど、お体をお大事に。 何かできることがあったら言ってください。 ご葬儀の場で香典返しをいただいた場合 ご葬儀当日に弔問客に直接香典返しの品物お渡しをする「当日返し」(または「即日返し」とも言います。)でいただくことがあります。香典返しの配送手続きの手間を省き、ご遺族の負担を軽くするために最近では「当日返し」の方法も選ばれています。 香典返しを当日返しとする場合は、香典をいただいた全ての方に同じ品物をお渡しするため、お香典を多くくださった方へは、お返しの分を差し引いた上で改めて香典返しをし、金額を調整します。 ご葬儀当日に香典返しをいただいたら、語尾が消え入るくらいの控え目な声で「ご丁寧に恐れ入ります」「恐縮です」など丁寧で簡潔な言葉を述べてお辞儀をしましょう。

/
訃報メールへの返信はどうする?友人・ビジネス別に文例をご紹介

訃報メールへの返信はどうする?友人・ビジネス別に文例をご紹介

/
不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」って何が違うの?

不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」って何が違うの?

/
香典を郵送する際のマナー。郵送するタイミングや同封する手紙の書き方

香典を郵送する際のマナー。郵送するタイミングや同封する手紙の書き方

/