意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決

意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決

知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
動画でみる葬儀の知識へ動画でみる葬儀の知識
さいたま市の葬儀社セレモニーのHPへご葬儀はくらべて選ぶ時代
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

新着記事

自然死とは|尊厳死・安楽死との違いや、最期を迎える準備について解説

自然死とは|尊厳死・安楽死との違いや、最期を迎える準備について解説

自然死という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。自然死というと、何の外傷も病もない、自然な老衰のみを指すイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。おおむね間違いではありませんが、それ以外でも自然死と定義されるケースがあります。 そこで本記事では、自然死とは具体的にどういうものなのか、そして最期を迎える前にすべきことなどを解説していきます。

縁日とは?本来の意味や日本全国の有名な縁日を解説します

縁日とは?本来の意味や日本全国の有名な縁日を解説します

縁日(えんにち)といえば、沢山の提灯に金魚すくいやりんご飴、ヨーヨー釣り、お好み焼きなどの屋台が立ち並ぶ古くからの楽しいお祭りというイメージが強く浸透しています。ただし、縁日はただのイベントとは違い、実は深い意味が込められているのです。 当記事では、縁日が示す本来の意味合い、そして日本全国の有名な縁日をご紹介していきます。

お盆の迎え火・送り火はいつ行う?意味合いや手順をわかりやすく解説

お盆の迎え火・送り火はいつ行う?意味合いや手順をわかりやすく解説

夏のお盆の時期には、玄関先やお墓で明かりが灯されているのを見かけることがあります。幻想的で美しいイメージの光ですが、あの明かりは「迎え火」「送り火」と呼ばれており、あの世とこの世を行き来する魂の道標となる輝きなのです。 この記事では、迎え火・送り火の意味合いや、行う手順、時期などを詳しくご紹介していきます。

お盆飾りについて徹底解説|いつ飾る?飾り方も紹介します

お盆飾りについて徹底解説|いつ飾る?飾り方も紹介します

お盆といえば、各地でお祭りや大文字焼などの行事が行われ、夏の風物詩となっています。この催しは、年に一度この世へ戻られるご先祖様を慰霊し、再びあの世へ送り返すための神聖な儀式なのです。 お盆では、ご先祖様に失礼のないよう、ご自宅でもお盆飾りを行い、御霊のお迎え準備をされたい方が多くいらっしゃることでしょう。そこで今回は、お盆飾りの意味や方法、そして時期や飾り方などをご紹介いたします。

初盆(新盆)に適した服装は?家族だけの場合の服装も紹介します

初盆(新盆)に適した服装は?家族だけの場合の服装も紹介します

故人様が旅立ち、忌中の期間が過ぎてから初めて迎えるお盆は「初盆」といわれています。通常のお盆よりもご供養が重視される初盆では、お墓参りだけでなく初盆法要を行うのが一般的となっていますが、ここで皆様が悩まれるのは、ご供養する場での身だしなみでしょう。 ここでは、初盆に適した大人や子どもの服装、そして注意点などを詳しく解説いたします。

ネット葬儀社とは|注意すべき悪質な格安ネット葬儀社のよくある特徴を解説します

ネット葬儀社とは|注意すべき悪質な格安ネット葬儀社のよくある特徴を解説します

大切な方が 亡くなった時、ご葬儀を依頼する先 が葬儀社です。どのような見送り方をするか、その希望は人によってさまざまですが、悲しみでパニックになった方々の心に寄り添い、葬儀社選びのお手伝いをするのがネット葬儀社の役割となります。 しかしながら、中には弱った方の心に付け込む悪徳業者もいるということも心に留めておかなくてはなりません。今回は、ネット葬儀社とはいかなるものなのか、良い葬儀社とそうでない葬儀社 を見分ける方法についてご紹介いたします。

年金はいつから貰える?繰り上げ・繰り下げ受給のメリット・デメリットを解説!

年金はいつから貰える?繰り上げ・繰り下げ受給のメリット・デメリットを解説!

老後の生活費は、誰もが一度は気にする問題です。年金の支給は繰り上げた方が良いのか、または繰り下げた方がお得なのか、いろいろと調べられている方が多いのではないでしょうか。 そこで当記事では、年金は基本的にいつからもらえるものなのかをはじめ、繰り上げおよび繰り下げ受給のメリット、デメリットを詳しく解説していきます。

2024年(令和6年)のお盆はいつからいつまで?お盆飾りやお供えの準備について解説

2024年(令和6年)のお盆はいつからいつまで?お盆飾りやお供えの準備について解説

じめじめとした梅雨が明け、暑い夏とともに訪れるのがお盆です。お盆の時期は地域によって異なりますが、世間一般的には、お盆休みにあたる期間に実家に帰省し、お墓参りや灯篭流しなどのお盆行事に参加されることが多いのではないでしょうか。しかし、毎年のことながらも、お盆の日程や準備に必要なものなどを忘れがちです。 そこで今回は、お盆はいつ行うのかということから、準備するもの、過ごし方までをご紹介します。

緩和ケアとは|自宅でもケアを受けられる?受けられる場所や費用を解説

緩和ケアとは|自宅でもケアを受けられる?受けられる場所や費用を解説

かけがえのないご家族が重大な病気に見舞われた際、ご本人だけではなく周りにいる方々も辛い思いをすることになるでしょう。そのような方々には、痛みや苦しみ、心のケアはもちろん、さまざまなサポートが必要となります。そのような助けが「緩和ケア」と呼ばれるものです。 この記事では、緩和ケアの内容や詳細、そしてその内容や対象者、緩和ケアを受けるまでの流れについて詳しく解説していきます。

初盆ではお布施が必要!金額相場や書き方、渡し方をわかりやすく解説

初盆ではお布施が必要!金額相場や書き方、渡し方をわかりやすく解説

大切な方 を失ったご遺族にとって、初めて迎えるお盆である初盆は、通常のお盆とは違う特別な意味を持ちます。初盆はそう頻繁に訪れるものではないため、実際に何をしたら良いのか、初盆の法要はどうするのが正解なのかなど、さまざまな疑問を持つ方も多いでしょう。 そこで本記事では、初盆とは何か、また初盆におけるマナーや香典の包み方などを詳しくご紹介します。

新着記事

自然死とは|尊厳死・安楽死との違いや、最期を迎える準備について解説

自然死とは|尊厳死・安楽死との違いや、最期を迎える準備について解説

自然死という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。自然死というと、何の外傷も病もない、自然な老衰のみを指すイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。おおむね間違いではありませんが、それ以外でも自然死と定義されるケースがあります。 そこで本記事では、自然死とは具体的にどういうものなのか、そして最期を迎える前にすべきことなどを解説していきます。

縁日とは?本来の意味や日本全国の有名な縁日を解説します

縁日とは?本来の意味や日本全国の有名な縁日を解説します

縁日(えんにち)といえば、沢山の提灯に金魚すくいやりんご飴、ヨーヨー釣り、お好み焼きなどの屋台が立ち並ぶ古くからの楽しいお祭りというイメージが強く浸透しています。ただし、縁日はただのイベントとは違い、実は深い意味が込められているのです。 当記事では、縁日が示す本来の意味合い、そして日本全国の有名な縁日をご紹介していきます。

お盆の迎え火・送り火はいつ行う?意味合いや手順をわかりやすく解説

お盆の迎え火・送り火はいつ行う?意味合いや手順をわかりやすく解説

夏のお盆の時期には、玄関先やお墓で明かりが灯されているのを見かけることがあります。幻想的で美しいイメージの光ですが、あの明かりは「迎え火」「送り火」と呼ばれており、あの世とこの世を行き来する魂の道標となる輝きなのです。 この記事では、迎え火・送り火の意味合いや、行う手順、時期などを詳しくご紹介していきます。

お盆飾りについて徹底解説|いつ飾る?飾り方も紹介します

お盆飾りについて徹底解説|いつ飾る?飾り方も紹介します

お盆といえば、各地でお祭りや大文字焼などの行事が行われ、夏の風物詩となっています。この催しは、年に一度この世へ戻られるご先祖様を慰霊し、再びあの世へ送り返すための神聖な儀式なのです。 お盆では、ご先祖様に失礼のないよう、ご自宅でもお盆飾りを行い、御霊のお迎え準備をされたい方が多くいらっしゃることでしょう。そこで今回は、お盆飾りの意味や方法、そして時期や飾り方などをご紹介いたします。

初盆(新盆)に適した服装は?家族だけの場合の服装も紹介します

初盆(新盆)に適した服装は?家族だけの場合の服装も紹介します

故人様が旅立ち、忌中の期間が過ぎてから初めて迎えるお盆は「初盆」といわれています。通常のお盆よりもご供養が重視される初盆では、お墓参りだけでなく初盆法要を行うのが一般的となっていますが、ここで皆様が悩まれるのは、ご供養する場での身だしなみでしょう。 ここでは、初盆に適した大人や子どもの服装、そして注意点などを詳しく解説いたします。

ネット葬儀社とは|注意すべき悪質な格安ネット葬儀社のよくある特徴を解説します

ネット葬儀社とは|注意すべき悪質な格安ネット葬儀社のよくある特徴を解説します

大切な方が 亡くなった時、ご葬儀を依頼する先 が葬儀社です。どのような見送り方をするか、その希望は人によってさまざまですが、悲しみでパニックになった方々の心に寄り添い、葬儀社選びのお手伝いをするのがネット葬儀社の役割となります。 しかしながら、中には弱った方の心に付け込む悪徳業者もいるということも心に留めておかなくてはなりません。今回は、ネット葬儀社とはいかなるものなのか、良い葬儀社とそうでない葬儀社 を見分ける方法についてご紹介いたします。

年金はいつから貰える?繰り上げ・繰り下げ受給のメリット・デメリットを解説!

年金はいつから貰える?繰り上げ・繰り下げ受給のメリット・デメリットを解説!

老後の生活費は、誰もが一度は気にする問題です。年金の支給は繰り上げた方が良いのか、または繰り下げた方がお得なのか、いろいろと調べられている方が多いのではないでしょうか。 そこで当記事では、年金は基本的にいつからもらえるものなのかをはじめ、繰り上げおよび繰り下げ受給のメリット、デメリットを詳しく解説していきます。

2024年(令和6年)のお盆はいつからいつまで?お盆飾りやお供えの準備について解説

2024年(令和6年)のお盆はいつからいつまで?お盆飾りやお供えの準備について解説

じめじめとした梅雨が明け、暑い夏とともに訪れるのがお盆です。お盆の時期は地域によって異なりますが、世間一般的には、お盆休みにあたる期間に実家に帰省し、お墓参りや灯篭流しなどのお盆行事に参加されることが多いのではないでしょうか。しかし、毎年のことながらも、お盆の日程や準備に必要なものなどを忘れがちです。 そこで今回は、お盆はいつ行うのかということから、準備するもの、過ごし方までをご紹介します。

緩和ケアとは|自宅でもケアを受けられる?受けられる場所や費用を解説

緩和ケアとは|自宅でもケアを受けられる?受けられる場所や費用を解説

かけがえのないご家族が重大な病気に見舞われた際、ご本人だけではなく周りにいる方々も辛い思いをすることになるでしょう。そのような方々には、痛みや苦しみ、心のケアはもちろん、さまざまなサポートが必要となります。そのような助けが「緩和ケア」と呼ばれるものです。 この記事では、緩和ケアの内容や詳細、そしてその内容や対象者、緩和ケアを受けるまでの流れについて詳しく解説していきます。

初盆ではお布施が必要!金額相場や書き方、渡し方をわかりやすく解説

初盆ではお布施が必要!金額相場や書き方、渡し方をわかりやすく解説

大切な方 を失ったご遺族にとって、初めて迎えるお盆である初盆は、通常のお盆とは違う特別な意味を持ちます。初盆はそう頻繁に訪れるものではないため、実際に何をしたら良いのか、初盆の法要はどうするのが正解なのかなど、さまざまな疑問を持つ方も多いでしょう。 そこで本記事では、初盆とは何か、また初盆におけるマナーや香典の包み方などを詳しくご紹介します。

人気記事ランキング

「ご冥福をお祈りします」の意味とは?NGとなる場面や文例についてもご紹介

「ご冥福をお祈りします」の意味とは?NGとなる場面や文例についてもご紹介

不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」って何が違うの?

不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」って何が違うの?

一周忌法要での挨拶の例文|会食の献杯時や身内のみで執り行う場合の挨拶も解説

一周忌法要での挨拶の例文|会食の献杯時や身内のみで執り行う場合の挨拶も解説

香典返しをいただいたたらお礼は必要?お礼の伝え方について

香典返しをいただいたたらお礼は必要?お礼の伝え方について

【ご遺族向け】「お悔やみ申し上げます」に対する返事|メールへの正しい返信も解説

【ご遺族向け】「お悔やみ申し上げます」に対する返事|メールへの正しい返信も解説




埼玉・東京・千葉葬儀場のご案内


人気記事ランキング

「ご冥福をお祈りします」の意味とは?NGとなる場面や文例についてもご紹介

「ご冥福をお祈りします」の意味とは?NGとなる場面や文例についてもご紹介

「ご冥福をお祈りします」は、ご葬儀の場面で定番のお悔やみの言葉になります。しかし、実は宗教やご葬儀の場面においては「ご冥福をお祈りします」がふさわしくないこともあります。そのような場合、代わりにどのような言い回しや言葉を使えばいいのでしょうか。 そこで今回は、「ご冥福をお祈りします」に関するマナーについてご紹介します。

/
不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」って何が違うの?

不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」って何が違うの?

突然やってくるご葬儀、その後に行われる四十九日法要。それらに参列する際の不祝儀袋の表書きを「御霊前」にするのか「御仏前」にするのかで迷われた経験がある人は、少なくないと思います。 今回は、御霊前と御仏前の違いと宗教や宗派による使い分け方などについてご紹介します。 不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」って何が違うの? 「御霊前」と「御仏前」の意味 御霊前(ごれいぜん) 亡くなった方の「霊」の前に供えるという意味です。仏教では亡くなってから四十九日までは霊の状態にあるとされています。そのため、故人様に供える香典・供物・供花も同じく「御霊前」となります。 御仏前(ごぶつぜん) 亡くなった方の「仏」の前に供えるという意味です。仏教では四十九日を過ぎると故人様は成仏して仏になるとされています。ですから、御霊前ではなく「御仏前」となります。 つまり、「御霊前」と「御仏前」では、香典をお供えするタイミングが重要になってきます。故人様が霊の状態(四十九日以前)に香典をお供えする場合は「御霊前」、故人様が仏の状態(四十九日以後)にお供えする場合は「御仏前」となります(宗派による「御霊前」と「御仏前」の使い分けは後述)。 「御霊前」と「御仏前」の境目は四十九日 四十九日法要はどちらを使う? 前述の通り、御霊前と御仏前の違いは、四十九日が境となっています。では、故人様が成仏する日の49日目に営まれる四十九日法要はどちらでしょうか。 結論から書きますと、四十九日法要では「御仏前」を使います。 仏教の教えでは霊として存在している間は亡くなった日から7日ごとに7週間、計7回成仏できるかどうかのお裁きがあるとされており、ご遺族は故人様が成仏できるように7日ごとに追善法要(ついぜんほうよう)を営みます。7回目の追善法要である四十九日法要は最後のお裁きの日であり、この時に成仏が許されると、あの世とこの世の間をさまよっている「霊」から来世の行き先が決まった「仏」になります。そのため、四十九日法要での不祝儀袋の表書きは原則として「御仏前」を使用します。 四十九日法要が繰り上げられた場合 四十九日法要は亡くなって、49日目に行うのがしきたりです。 ですが、49日以前の土日に行うこともあります。大抵の場合、法要に招く方の都合に配慮した計らいとなります。他にも、49日ではなくご遺族が故人様の冥福を祈って喪に服す忌服(きふく)期間を終える35日に忌明け法要(きあけほうよう)を行うこともあります。 このように亡くなって49日が経っていない時は「御霊前」か「御仏前」か迷うこともあります。ほとんどの場合は、法要の日に成仏したとされますので、49日以前であっても「御仏前」を使いましょう。 宗派による「御霊前」と「御仏前」の使い分け 多くの宗派では同じ表書きが使える 仏教には様々な宗派があり、死生観や霊と仏の考え方について、同じ仏教でも宗派によって変わります。しかし、多くの宗派で不祝儀袋の表書きについては、四十九日以前は「御霊前」、四十九日以後は「御仏前」を利用する形で問題ありませんのでご安心ください。 不祝儀袋の表書きは、多くの宗派で同じ表書きが使えますが、真宗(浄土真宗、真宗大谷派など)や曹洞宗では注意が必要となります。 真宗では霊の観念はありません。人は臨終と同時に成仏すると考えられており、そのため、四十九日法要はもちろんお通夜やご葬儀の際も、不祝儀袋の表書きは「御仏前」とするのが正式な書き方とされています。 曹洞宗では浄土についての教義がなく、成仏以前の考え方がないため「御仏前」を用います。 仏式で宗派が分からない時 四十九日までは御霊前が一般的といっても、真宗のように御仏前を使う宗派もあります。宗派が確認できる場合は問題ありませんが、分からない場合は「御香典」として使う方法もあります。御香典の意味は「お香やお花の代わりに供えるもの」。仏式のご葬儀であれば、宗派に関係なく使えます。 但し、仏式以外の神式やキリスト教式では使えませんので注意しましょう。 神式やキリスト教式(カトリック)でも使える「御霊前」 神式のご葬儀では「玉串料」「御榊料」、キリスト教式(カトリック)では「御花料」「御ミサ料」が一般的ですが、「御霊前」も使えます。ただし、キリスト教式(プロテスタント)では御霊前は使えません。キリスト教式(プロテスタント)のご葬儀に参列される場合は、「御花料」や「献花料」「忌慰料」となっているものを使いましょう。 神道の考え方 亡くなったら御霊となる。 キリスト教の考え方 亡くなったら霊魂となって神に召される。 共通点としては、いずれも「霊」の観念があるため、「御霊前」を使っても問題ないというわけです。 また、神式でもキリスト教式でも仏教用語は忌み言葉になりますので、「御仏前」は使えません。 まとめ 日本には仏式やキリスト教式、神式などの様々な形式があるため、香典を送る際のマナーも少し複雑になっています。そのため、タブーとされることを避けるなど、ご葬儀に際しても細かい気遣いが必要になります。 社会人になったら、ビジネス上の付き合いでもご葬儀に参列することが増えてくるでしょう。そういった時に恥をかかないためにも、「御霊前」と「御仏前」の違いや宗教や宗派による使い分けなどは一通り理解しておきたいところです。

/
一周忌法要での挨拶の例文|会食の献杯時や身内のみで執り行う場合の挨拶も解説

一周忌法要での挨拶の例文|会食の献杯時や身内のみで執り行う場合の挨拶も解説

/
香典返しをいただいたたらお礼は必要?お礼の伝え方について

香典返しをいただいたたらお礼は必要?お礼の伝え方について

/
【ご遺族向け】「お悔やみ申し上げます」に対する返事|メールへの正しい返信も解説

【ご遺族向け】「お悔やみ申し上げます」に対する返事|メールへの正しい返信も解説

/