意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決

意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決

知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

新着記事

お彼岸はいつからいつまで?お供え物は?

お彼岸はいつからいつまで?お供え物は?

春と秋にあるお彼岸。年に2回だけ、太陽が真東に上り真西に沈むことから、あの世(彼岸)とこの世が最も近づく日と考えられ、ご先祖のご供養が行われるようになりました。そのため、お彼岸にお墓参りをされる方も多いと思いますが、お彼岸の期間やどのような準備をすればよいかを知っている方は少ないかもしれません。 そこで今回は、お彼岸の期間やお供え物、お墓参りのタイミングなどをご紹介します。

自分が亡くなった後のSNSのアカウントはどうなるの?

自分が亡くなった後のSNSのアカウントはどうなるの?

SNSとは、「Social Networking Service=ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略で、社会的(ソーシャル)な繋がり(ネットワーキング)を提供するサービスのことを言います。SNSを利用することで、様々な情報を受け取るばかりではなく、自らも情報を発信することができるので、若者にとどまらず、中高年でも利用する人が増えてきています。 非常に便利なSNSですが、もしも自分が亡くなったら、使っているSNSのアカウントや投稿した文章や写真などのいわゆる「デジタル遺産」はどうなるのでしょうか。 そこで今回は、国内で利用者の多いFacebook・Twitter・Instagram・LINEでの対応についてまとめてみました。

お通夜式での喪主の挨拶は何を話せばよいのでしょうか?

お通夜式での喪主の挨拶は何を話せばよいのでしょうか?

お通夜式を執り行うにあたって、喪主は駆けつけてくださったご会葬者の方々に挨拶をする役割があります。せっかくご会葬してくれた方々に失礼の無いように、そして気持ちを込めた謝意を表した挨拶をするには、どうしたらよいのでしょうか。 そこで今回は、いざという時に困らないために、喪主の挨拶での言葉選びのポイントや注意点などをご紹介します。 なお、喪主に関して以下の記事でさらに詳しくご紹介していますので、関心のある方はぜひご参照ください。

精進落としってどうすればいいの?【喪主・ご遺族編】

精進落としってどうすればいいの?【喪主・ご遺族編】

「精進落とし」といえば、「ご葬儀の時に親族が集まって行う食事」という認識はあっても、どういった意味があるのか、精進落としの流れなどについてよく知らないという方も少なくないのではないでしょうか。 そこで今回は、「精進落とし」という儀式がどんなものか、精進落としの流れやマナーなどについてご紹介します。

お線香の正しいあげ方とマナーをご紹介!

お線香の正しいあげ方とマナーをご紹介!

弔問に伺った際やお墓参りの際、故人様の宗教が仏教であれば必ずお線香をあげます。弔問やお墓参りに欠かせないお線香ですが、宗派によってお線香をあげる本数に違いがあり、お線香をあげる際に決まったマナーがあることはご存じですか。

急なご葬儀のためにも、事前にこれだけは用意しておきたい小物

急なご葬儀のためにも、事前にこれだけは用意しておきたい小物

訃報はある日突然やってきます。事前に日取りが分かっているお祝い事と異なり、普段から親交のある身内などの場合を除いて、ほとんどの場合は故人様が亡くなられてから訃報の連絡をいただきます。そのため、ご葬儀に着ていく喪服の用意はできていても、服飾小物や袱紗(ふくさ)、数珠などを用意できている方はそう多くないと思います。

代理でご葬儀に参列することになった場合は、どうすればいいの?

代理でご葬儀に参列することになった場合は、どうすればいいの?

体調不良や仕事の都合などにより、職場の上司や配偶者などにお通夜、または葬儀・告別式への代理参列を依頼されることがあります。自身も故人様と面識があり、参列を考える間柄であった場合は、香典を預かりご遺族にお渡しすれば済みますが、故人様やご遺族と面識がない場合はどのように振る舞えばよいか悩む人も多いでしょう。 そこで今回は、お通夜やご葬儀に代理で参列する際のマナーについてご紹介します。

意外と知らない 喪中はがきのあれこれ

意外と知らない 喪中はがきのあれこれ

年賀状を書く季節が近づくと、「喪中はがき」をいただくことがあります。しかし、いざ喪中はがきを自分が出すことになると、誰に、どのような内容で、いつまでに郵送するかなどを詳しくご存じだという方は少ないのではないでしょうか。 そこで今回は、知っているようで意外と知らない喪中はがきのマナーについてご紹介します。

弔辞を頼まれたらどうすればいい?

弔辞を頼まれたらどうすればいい?

ご葬儀では、宗教宗派を問わず「弔辞(ちょうじ)」が読まれます。弔辞とは、故人様への最後の別れの言葉であり、御霊前に捧げる故人様を弔う言葉です。 一般的に、参列者の中から故人様と親しい間柄だった方に依頼されますが、いざ弔辞を依頼されたら、一体どんなことを話せばよいのでしょうか。 そこで今回は、弔辞のマナーや抑えるべきポイントなどについてご紹介いたします。

ご不幸をご葬儀後に知ったらどうすればいいの?

ご不幸をご葬儀後に知ったらどうすればいいの?

何か手違いがあって訃報が届かなかったり、ご家族や親戚などの故人様の親しい方たちのみで家族葬が執り行われたといった事情で、ご葬儀後にご不幸を知ることがあります。このように、ご不幸をご葬儀後に知った時は、どうすればよいのでしょうか。 今回は、ご不幸をご葬儀後に知った時の一般的な作法についてご紹介いたします。

新着記事

お彼岸はいつからいつまで?お供え物は?

お彼岸はいつからいつまで?お供え物は?

春と秋にあるお彼岸。年に2回だけ、太陽が真東に上り真西に沈むことから、あの世(彼岸)とこの世が最も近づく日と考えられ、ご先祖のご供養が行われるようになりました。そのため、お彼岸にお墓参りをされる方も多いと思いますが、お彼岸の期間やどのような準備をすればよいかを知っている方は少ないかもしれません。 そこで今回は、お彼岸の期間やお供え物、お墓参りのタイミングなどをご紹介します。

自分が亡くなった後のSNSのアカウントはどうなるの?

自分が亡くなった後のSNSのアカウントはどうなるの?

SNSとは、「Social Networking Service=ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略で、社会的(ソーシャル)な繋がり(ネットワーキング)を提供するサービスのことを言います。SNSを利用することで、様々な情報を受け取るばかりではなく、自らも情報を発信することができるので、若者にとどまらず、中高年でも利用する人が増えてきています。 非常に便利なSNSですが、もしも自分が亡くなったら、使っているSNSのアカウントや投稿した文章や写真などのいわゆる「デジタル遺産」はどうなるのでしょうか。 そこで今回は、国内で利用者の多いFacebook・Twitter・Instagram・LINEでの対応についてまとめてみました。

お通夜式での喪主の挨拶は何を話せばよいのでしょうか?

お通夜式での喪主の挨拶は何を話せばよいのでしょうか?

お通夜式を執り行うにあたって、喪主は駆けつけてくださったご会葬者の方々に挨拶をする役割があります。せっかくご会葬してくれた方々に失礼の無いように、そして気持ちを込めた謝意を表した挨拶をするには、どうしたらよいのでしょうか。 そこで今回は、いざという時に困らないために、喪主の挨拶での言葉選びのポイントや注意点などをご紹介します。 なお、喪主に関して以下の記事でさらに詳しくご紹介していますので、関心のある方はぜひご参照ください。

精進落としってどうすればいいの?【喪主・ご遺族編】

精進落としってどうすればいいの?【喪主・ご遺族編】

「精進落とし」といえば、「ご葬儀の時に親族が集まって行う食事」という認識はあっても、どういった意味があるのか、精進落としの流れなどについてよく知らないという方も少なくないのではないでしょうか。 そこで今回は、「精進落とし」という儀式がどんなものか、精進落としの流れやマナーなどについてご紹介します。

お線香の正しいあげ方とマナーをご紹介!

お線香の正しいあげ方とマナーをご紹介!

弔問に伺った際やお墓参りの際、故人様の宗教が仏教であれば必ずお線香をあげます。弔問やお墓参りに欠かせないお線香ですが、宗派によってお線香をあげる本数に違いがあり、お線香をあげる際に決まったマナーがあることはご存じですか。

急なご葬儀のためにも、事前にこれだけは用意しておきたい小物

急なご葬儀のためにも、事前にこれだけは用意しておきたい小物

訃報はある日突然やってきます。事前に日取りが分かっているお祝い事と異なり、普段から親交のある身内などの場合を除いて、ほとんどの場合は故人様が亡くなられてから訃報の連絡をいただきます。そのため、ご葬儀に着ていく喪服の用意はできていても、服飾小物や袱紗(ふくさ)、数珠などを用意できている方はそう多くないと思います。

代理でご葬儀に参列することになった場合は、どうすればいいの?

代理でご葬儀に参列することになった場合は、どうすればいいの?

体調不良や仕事の都合などにより、職場の上司や配偶者などにお通夜、または葬儀・告別式への代理参列を依頼されることがあります。自身も故人様と面識があり、参列を考える間柄であった場合は、香典を預かりご遺族にお渡しすれば済みますが、故人様やご遺族と面識がない場合はどのように振る舞えばよいか悩む人も多いでしょう。 そこで今回は、お通夜やご葬儀に代理で参列する際のマナーについてご紹介します。

意外と知らない 喪中はがきのあれこれ

意外と知らない 喪中はがきのあれこれ

年賀状を書く季節が近づくと、「喪中はがき」をいただくことがあります。しかし、いざ喪中はがきを自分が出すことになると、誰に、どのような内容で、いつまでに郵送するかなどを詳しくご存じだという方は少ないのではないでしょうか。 そこで今回は、知っているようで意外と知らない喪中はがきのマナーについてご紹介します。

弔辞を頼まれたらどうすればいい?

弔辞を頼まれたらどうすればいい?

ご葬儀では、宗教宗派を問わず「弔辞(ちょうじ)」が読まれます。弔辞とは、故人様への最後の別れの言葉であり、御霊前に捧げる故人様を弔う言葉です。 一般的に、参列者の中から故人様と親しい間柄だった方に依頼されますが、いざ弔辞を依頼されたら、一体どんなことを話せばよいのでしょうか。 そこで今回は、弔辞のマナーや抑えるべきポイントなどについてご紹介いたします。

ご不幸をご葬儀後に知ったらどうすればいいの?

ご不幸をご葬儀後に知ったらどうすればいいの?

何か手違いがあって訃報が届かなかったり、ご家族や親戚などの故人様の親しい方たちのみで家族葬が執り行われたといった事情で、ご葬儀後にご不幸を知ることがあります。このように、ご不幸をご葬儀後に知った時は、どうすればよいのでしょうか。 今回は、ご不幸をご葬儀後に知った時の一般的な作法についてご紹介いたします。

人気記事ランキング

ご不幸をご葬儀後に知ったらどうすればいいの?

ご不幸をご葬儀後に知ったらどうすればいいの?

お通夜へ香典なしで参列してよい場合とは?

お通夜へ香典なしで参列してよい場合とは?

もしお葬式と結婚式の日取りが同じになったら…。

もしお葬式と結婚式の日取りが同じになったら…。

香典返しをいただいたたらお礼は必要?お礼の伝え方について

香典返しをいただいたたらお礼は必要?お礼の伝え方について

香典を渡すタイミングは?

香典を渡すタイミングは?



人気記事ランキング

ご不幸をご葬儀後に知ったらどうすればいいの?

ご不幸をご葬儀後に知ったらどうすればいいの?

何か手違いがあって訃報が届かなかったり、ご家族や親戚などの故人様の親しい方たちのみで家族葬が執り行われたといった事情で、ご葬儀後にご不幸を知ることがあります。このように、ご不幸をご葬儀後に知った時は、どうすればよいのでしょうか。 今回は、ご不幸をご葬儀後に知った時の一般的な作法についてご紹介いたします。

お通夜へ香典なしで参列してよい場合とは?

お通夜へ香典なしで参列してよい場合とは?

何か手違いがあって訃報が届かなかったり、ご家族や親戚などの故人様の親しい方たちのみで家族葬が執り行われたといった事情で、ご葬儀後にご不幸を知ることがあります。このように、ご不幸をご葬儀後に知った時は、どうすればよいのでしょうか。 今回は、ご不幸をご葬儀後に知った時の一般的な作法についてご紹介いたします。

もしお葬式と結婚式の日取りが同じになったら…。

もしお葬式と結婚式の日取りが同じになったら…。

香典返しをいただいたたらお礼は必要?お礼の伝え方について

香典返しをいただいたたらお礼は必要?お礼の伝え方について

香典を渡すタイミングは?

香典を渡すタイミングは?