意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2021-03-19

戒名と法名って何が違うの?戒名と法名のそれぞれの意味や構成とは?

戒名と法名って何が違うの?戒名と法名のそれぞれの意味や構成とは?

仏教では、人が亡くなられたら、生前の名前とは異なる名前を授けられ、読経や拝礼をされます。その授けられた名前は「戒名(かいみょう)」や「法名(ほうみょう)」と言い、皆様一度は耳にしたことがあると思います。しかし、「戒名」と「法名」が実際にどのような違いがあるのかをご存知の方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、「戒名」と「法名」の違いや付け方、付ける際の相場などについてご紹介します。

戒名と法名って何?

「戒名」と「法名」それぞれについて以下でまとめましたので、見ていきましょう。

戒名とは?

戒名はもともと、仏教において「仏様の戒めを受け、仏門の世界に出家した者だけに授けられる名前」でした。俗世間を生きてきた人が、仏の道つまり仏門に入った「証拠」であり、残る人生において仏教における戒律を守り通す「約束」として授けられます。

現在において、戒名を授けるということは、「人間は死後、仏の世界に旅立つ」という仏教独自の考えがもとになっています。どんなに悪人であっても死後は仏様の御許に導かれて成仏するという考えから、亡くなられた方に戒名を授ける習慣になったとされています。

なお、死後に戒名を授けるという風習は、他の仏教国ではあまり見られない、日本独自ともいえる風習です。

法名とは?

法名は、浄土真宗における戒名にあたる名前になります。注意したい点としては、戒名が故人様に与えられる名前であるのに対し、法名は生前に仏弟子として誓いを立てて生きる際に授かる名前であるという点です。

浄土真宗には戒律がないために仏教に帰依する証として戒律を受け入れる「受戒」が存在しません。そのため、浄土真宗では受戒の代わりとして、仏法を拠り所として生きていく証として法名が授けられるのです。

戒名の構成について

戒名は、社会的地位や信仰の篤さなどに応じて付けられる「院号(院殿号)」や徳の高い方や仏教の教えを得た方に付けられる「道号」、道号の下に付く「戒名」、性別・年齢などで変わる「位号」から構成されます。

戒名は本来、道号の下に付く漢字2文字で構成されていました。これは仏の世界では身分の上下はなく、全て平等であるということを示すものでした。しかし、時代を経るうちに、社会貢献度や信仰の篤さなどに応じて号が増えていき、現在のような長さになりました。

なお、戒名の付け方に関する詳細は以下の記事で取り上げていますので、是非ご参照ください。

戒名はどうやって付けるの?戒名の意味や構成など戒名に関する基礎知識

法名の構成について

法名の構成は、「釋(釈:しゃく)+法名(2文字)」となります。法名の上に付いている「釋(釈)」とは、仏弟子であることを意味しています。他の宗派と比べると短く感じるかもしれませんが、浄土真宗の宗祖である親鸞でも「釋親鸞」となっています。

なお、本山に進納された方やお寺に貢献された方には「院号」が授けられることもあります。その場合の構成としては、釋の上に院号を付けて「院号(3文字)+釋(釈)+法名(2文字)」となります。

その他にも、宗派によっては、男性に「釋」を女性に「釋尼」と使い分けをすることもあります。かつてはこのように使い分けることが一般的だったのですが、近年の男女平等の観点から、女性でも「釋」を使用することが増えてきました。気になる方は事前に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

戒名と法名は宗派の呼び名としてだけでなく、意味もそれぞれで異なります。日本のご葬儀はそのほとんどが仏式ではあり、皆様基本的なことは分かっている方も多いと思いますが、今回ご紹介したように宗派によって細かな違いがあるものです。ご葬儀の知識やマナーなどでご不安な点、ご心配な点がございましたら、ぜひセレモニーにご相談ください。


「葬儀知識」に関する記事

電話でお悔やみを伝える際はどうすればいい?電話で伝える際のマナーについて

電話でお悔やみを伝える際はどうすればいい?電話で伝える際のマナーについて

親交があった方が亡くなられたら電話で訃報の連絡をいただくことがあります。この場合、どのようにお悔やみを伝えればいいのか分からない方も少なくないのではないでしょうか。人の死は非常に繊細なことですので、しっかりとマナーを理解して失礼にならないように振る舞いたいものです。 そこで今回は、故人様の死をご遺族様と共に哀しむだけでなく、ご遺族への最大限の配慮をするためにも電話でお悔やみを伝える際のマナーなどについてご紹介します。

納骨式を執り行うタイミングとは?必要な準備や納骨式当日の流れもご紹介

納骨式を執り行うタイミングとは?必要な準備や納骨式当日の流れもご紹介

火葬後のご遺骨をお墓や納骨堂に納める儀式が「納骨式」です。この納骨式は故人様を偲びながら供養するとても大切な儀式の1つになりますが、いつ、どのように執り行われるものなのでしょうか。また、納骨式に参列する際にはどのようなマナーがあるのでしょうか。 そこで今回は、納骨式を執り行うタイミングや事前準備、当日の流れなどについてご紹介します。

ご葬儀での価格を誤認させる業者にご注意を!

ご葬儀での価格を誤認させる業者にご注意を!

消費者が店舗やインターネットで目にする価格表示は、2021年4月1日から消費税を含めた「総額表示」にすることが義務付けられました。そのため、これまで税抜き価格を記載していた場合には価格表示を変更する必要があるのですが、業者によっては価格を誤認させてしまうような表示が見受けられます。 そこで今回は、故人様を気持ちよく、そして後悔なくお見送りするためにも、気を付けるべき総額表示とはどういうものなのか、そもそも「総額表示」とはどういうことなのかについてご紹介します。

検視が必要になるのはどんな時?検死との違いや検視の流れについてご紹介

検視が必要になるのはどんな時?検死との違いや検視の流れについてご紹介

病院で亡くなられた場合、医師による診断を受けた後に死亡診断書が発行されます。しかし、ご自宅や外出先などで亡くなられ、医師による死亡診断書の作成ができない場合には「検視」という手続きが必要となります。 そこで今回は、そもそも検視とはどういうものか、検視がどのような場合に行われるのかなどについてご紹介します。

関連する記事「葬儀知識」について

電話でお悔やみを伝える際はどうすればいい?電話で伝える際のマナーについて

電話でお悔やみを伝える際はどうすればいい?電話で伝える際のマナーについて

納骨式を執り行うタイミングとは?必要な準備や納骨式当日の流れもご紹介

納骨式を執り行うタイミングとは?必要な準備や納骨式当日の流れもご紹介

ご葬儀での価格を誤認させる業者にご注意を!

ご葬儀での価格を誤認させる業者にご注意を!

検視が必要になるのはどんな時?検死との違いや検視の流れについてご紹介

検視が必要になるのはどんな時?検死との違いや検視の流れについてご紹介

故人様の命日はどうやって過ごせばいい?お供え物の選び方や注意点もご紹介

故人様の命日はどうやって過ごせばいい?お供え物の選び方や注意点もご紹介