意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2021-04-30

ご葬儀での価格を誤認させる業者にご注意を!

消費者が店舗やインターネットで目にする価格表示は、2021年4月1日から消費税を含めた「総額表示」にすることが義務付けられました。そのため、これまで税抜き価格を記載していた場合には価格表示を変更する必要があるのですが、業者によっては価格を誤認させてしまうような表示が見受けられます。

そこで今回は、故人様を気持ちよく、そして後悔なくお見送りするためにも、気を付けるべき総額表示とはどういうものなのか、そもそも「総額表示」とはどういうことなのかについてご紹介します。

それって本当に総額表示?気を付けるべき表示について

総額表示義務において大切なのは「総額表示」、つまり、表示されている価格が「支払い価格」だと分かるように記載されているということです。そのため、現在商品に税抜き価格のみが記載されている場合、そこに税込み価格を並べて記載するという形でも問題ありません。しかし、その場合には「税込み価格が明瞭に判断できるのか」が重要になってきます。例えば、税抜き価格と税込み価格が並べて記載してあったとしても、税抜き価格の方が目立っていて税込み価格かと思わせるような表示は景品表示法で禁止されています。

ご家族や大切な方のご葬儀でのトラブルを避け、故人様を気持ちよく、そして後悔なくお見送りするためにも、気を付けるべき価格表示について見ていきましょう。

※上記図表は、中小企業庁財務課「改訂版 こんな時どうする?消費税転嫁万全対策マニュアル」45頁より抜粋。

そもそも総額表示義務って何?

「総額表示」とは、消費者に対してサービスの提供や商品の販売を行う企業が値札やチラシなどに価格を表示する際に、消費税を含めた税込み価格を表示することを言います。

1989年に税率3%でスタートした消費税。当時は店舗によって税抜き価格と税込み価格が混在していたために消費者は会計をするまでに幾ら支払えばいいのかが分からない、価格が比べにくいといったことが問題になりました。

そこで、2004年に商品本体や値札、広告などに消費税を含めた価格を記載する「総額表示」が義務付けされたのですが、消費税率が8%(2014年)、10%(2019年)に段階的に引き上がることが決まったために、企業側はその都度表示価格を修正しなければいけない負担が発生してしまいました。

その負担を軽減するために、8%への引き上げが目前であった2013年に総額表示義務の免除が特例措置として導入されました(「消費税転嫁対策特別措置法」第10条)。2013年10月はじまった特例措置は、増税延期のために延長された結果、2021年3月31日で終了し、4月1日以降に総額表示の義務化が再度スタートすることになったのです。

総額表示の対象・対象外となるものとは?

総額表示が義務付けられる媒体については、以下が当てはまります。

・商品の値札
・掲示物
・インターネット
・広告

しかしその一方で、総額表示義務の対象にならないものもあります。

・セールやキャンペーンでの「○円引き」「○割引」などの表示
・消費者ではなく、「事業者間での取引」の場合
・見積書や契約書、請求書などのその都度特定の方に向けて提示する場合
・口頭で伝える場合

また、以下のようなケースでも総額表示義務とは無関係でないために注意が必要です。

・消費者に希望小売価格で販売する場合
メーカーが商品パッケージや商品カタログなどに記載されている「(メーカー)希望小売価格」は消費者に対して行う価格表示でないため、希望小売価格自体は総額表示の必要はありません。しかし、希望小売価格で消費者に販売する場合は、販売額については税込みで表示しなくてはいけません。

・セールやキャンペーンで販売する場合
先にも取り上げたように、セールやキャンペーンの際の「○円引き」「○割引」などの表示については総額表示義務の対象ではありません。しかし、値引き後の販売額については税込みにする必要があります。

まとめ

ご家族や大切な方のご葬儀において、お金に関するトラブルは後を絶ちません。ご葬儀に関わる費用は多方面に及ぶため、総費用の算出が何よりも大切ですが、誤認させてしまうような価格の表示や詳細が明確に表記されていなかったために予想した以上に費用が掛かってしまうことがあるからです。

セレモニーのホームページでは、総額表示義務化の「特例措置」の終了に伴って2021年4月1日から価格を誤認されないように「明瞭な総額表示」を徹底するほか、各プランにおいてどのような時に追加料金がかかるのかを明確にしています。セレモニーでは、これからも皆様に安心してご利用いただけるように努めてまいります。


「その他」に関する記事

火葬許可申請書はどこでもらえる?提出先や提出する手順を分かりやすく解説

火葬許可申請書はどこでもらえる?提出先や提出する手順を分かりやすく解説

大切なご家族が亡くなられた際、ご遺族はさまざまな準備や手続きが必要になります。その中でも、火葬許可証の発行は、火葬を行うために必要な手続きです。火葬許可証を発行してもらうには、市役所へ「火葬許可申請書」の提出をしなければなりません。しかし、火葬許可申請書をどこで手に入れれば良いのか、どのように手続きを行えば良いのかなど、手続きの際に困る方が多くいらっしゃいます。今回は、故人様が逝去されてから火葬許可申請書を入手し、火葬許可証を発行してもらうまでの流れを分かりやすく解説していきます。

【文例あり】故人様の友人への訃報連絡まとめ|連絡するタイミングや方法も解説します

【文例あり】故人様の友人への訃報連絡まとめ|連絡するタイミングや方法も解説します

大切なご家族様が亡くなった際、訃報連絡は基本的に喪主が行います。その際、ご家族や親族だけでなく、故人様の友人や知人・会社関係(学校関係)の方にも連絡しなければなりません。しかし、友人・知人全員に連絡をしなくてはならないのか、どのような手段を用いて連絡するのかなど、いろいろと迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。今回は、故人様の友人・知人の方へ訃報の連絡をする際のタイミングや適切な手段について解説していきます。

玉串料とは?ご葬儀や結婚式で必要?初穂料との違いや金額の相場を解説します

玉串料とは?ご葬儀や結婚式で必要?初穂料との違いや金額の相場を解説します

神式での冠婚葬祭では「玉串料(たまぐしりょう)」を納めます。これは仏教では見られないものであり、そのため「玉串料を用意しなければならなくなったけど、具体的にどんなところに気をつければいいの?」と悩んでしまうケースも少なくありません。今回は、「玉串料の詳しい内容や意味が分からず悩んでいる」という方に向けて、神道における玉串料の意味や初穂料との違い、ご葬儀における金額の相場・包み方・渡し方などについて解説していきます。

香典は代理で渡してもいい?香典袋の書き方や代理人の注意すべきマナーも解説

香典は代理で渡してもいい?香典袋の書き方や代理人の注意すべきマナーも解説

ご葬儀に参列する際、事前に用意しておかなければならないのが「香典」です。香典はご葬儀会場でご遺族に直接手渡すものですが、どうしても都合が合わず、香典を代理人に託す方も少なくありません。もし香典の代理人を頼まれた場合、どのような点に配慮が必要なのでしょうか。今回は、代理人に香典を預けるときはどんなところに注意すべきか、また香典の代理人になった際はどのように香典を渡すのかなど、「香典の代理人」に関わるルールやマナーについて解説していきます。

関連する記事「その他」について

火葬許可申請書はどこでもらえる?提出先や提出する手順を分かりやすく解説

火葬許可申請書はどこでもらえる?提出先や提出する手順を分かりやすく解説

【文例あり】故人様の友人への訃報連絡まとめ|連絡するタイミングや方法も解説します

【文例あり】故人様の友人への訃報連絡まとめ|連絡するタイミングや方法も解説します

玉串料とは?ご葬儀や結婚式で必要?初穂料との違いや金額の相場を解説します

玉串料とは?ご葬儀や結婚式で必要?初穂料との違いや金額の相場を解説します

香典は代理で渡してもいい?香典袋の書き方や代理人の注意すべきマナーも解説

香典は代理で渡してもいい?香典袋の書き方や代理人の注意すべきマナーも解説

ペットの火葬にかかる費用|自治体での火葬費用や注意点も解説します

ペットの火葬にかかる費用|自治体での火葬費用や注意点も解説します