意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2021-11-05

四十九日法要はどこまで呼ぶの?一般的な範囲やお呼びする際の注意点について

四十九日法要はどこまで呼ぶの?一般的な範囲やお呼びする際の注意点について

故人様の死を受け入れて、ご葬儀後の諸手続きもようやく落ち着ついた頃に執り行われるのが「四十九日法要」になります。四十九日法要は、一般的にその後の法事・法要に比べて多くの方をお呼びすることになりますが、初めて法事・法要を執り行う方は何から手を付ければよいのか分からない方も多いと思います。

そこで今回は、四十九日法要にお呼びする方の範囲や注意する点などについてご紹介します。

四十九日法要にお呼びする方の範囲とは?

四十九日法要を執り行うにあたってまず悩みとなるのが、四十九日法要にお呼びする方の数やお呼びする範囲ではないでしょうか。漠然とお呼びする方を決めるのは難しいことですが、お呼びする基準が分かっていれば、悩むことなくお呼びする方の範囲を決められるようになります。

お呼びする一般的な範囲

故人様から見て、血縁関係があるご親族とその配偶者、子どもが一般的にお呼びする範囲となります。四十九日法要にお呼びするのは、ご葬儀にご会葬いただいた方全員というわけではなく、血縁関係が故人様と近いご親族とそのご家族をお呼びするのが一般的です。また、四十九日法要以降は、故人様が亡くなられてから満1年となる一周忌法要まで法事・法要は執り行わないため、四十九日法要には全てのご親族をお呼びすると考えておくとよいでしょう。

ご親族がご高齢の場合や遠方にお住いの場合

高齢化社会である昨今において、ご親族の中にはご高齢のために、施設に入居されていたり、健康面で不安を抱えられている方がいらっしゃることもあると思います。また、遠方にお住まいの方は時間の関係で四十九日法要への参列が難しい場合もあります。

そのような場合、連絡を控えた方がよいのではないかと思われるかもしれませんが、今後の親戚付き合いに支障をきたさないようにするためにも、必ず連絡するようにしましょう。その上でご本人の参列の意思が強いようであれば、お断りする必要はありません。

小さいお子さんや受験生について

「四十九日法要には全てのご親族をお呼びするのがよい」と先に記載しましたが、小さいお子さんに関しては四十九日法要を執り行う時期を考慮して、お呼びしないという決断をすることも必要になります。

小さいお子さんは大人と違って疲れやすく、夏の厳しい暑さや冬の寒さの中で体調を崩してしまう可能性があります。また、受験シーズンとなる冬場はインフルエンザなどにかかってしまう可能性があるため、ご親族の中に受験生がいらっしゃる場合は外出を避けるためにもお呼びしないほうがよい場合もあります。

故人様の友人・知人について

四十九日法要に関しては、故人様と血縁関係にあるご親族だけで執り行うのが一般的になります。そのため、故人様の友人や知人を四十九日法要にお呼びすることは基本的にはありません。ただし、お通夜式やご葬儀・告別式にご弔問・ご会葬できなかった友人や知人から、四十九日法要に参列したいと打診があることもあります。そのような場合には、相手の気持ちを尊重し、四十九日法要への参列をお願いしても問題ありません。

地域の風俗習慣は優先するべきなの?

お住いの地域で四十九日法要にお呼びする範囲に関して風俗習慣がある場合には、基本的にそちらを優先するようにしましょう。その地域で脈々と受け継がれてきたものですから、それに外れた行動をとってしまうと今後のご親族やご近所付き合いに影響が出てしまう可能性があります。

地域によっては、四十九日法要をこじんまりとするところから、ご親族のほかにもご近所の方もお呼びして大々的に四十九日法要を執り行うところもあるなど、多種多様です。もし、どこまで四十九日法要にお呼びするのかが判断つかいないようであれば、年長のご親族や地域の相談役の方に相談しておくとよいでしょう。

ご家族だけで四十九日法要を執り行ってもいいの?

ご家族だけで四十九日法要を執り行うのは、結論から申し上げますと「あり」です。例えば、故人様がご家族だけで四十九日法要を執り行ってほしいと明言や遺言があった場合には、故人様のご遺志を尊重して、ご家族だけで四十九日法要を執り行っても問題はありません。

ただし、その場合に注意したいのが、ご親族には早めにその旨をお伝えすることです。ご親族の中には、「四十九日法要は親族が呼ばれるもの」と思われる方や故人様のご遺志を知らない方もいらっしゃいます。今後のご親族付き合いに支障をきたさないためにも、忘れずにお伝えするようにしましょう。

まとめ

四十九日法要にお呼びする範囲からその際の注意点について取り上げましたが、お仕事などで忙しくて手が回らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような時は、セレモニーにご相談ください。ご葬儀だけでなく、その後のご供養に関しても、全力でサポートさせていただきます。


「四十九日法要」に関する記事

四十九日法要の服装マナー|喪主やご遺族・参列者の適切な喪服を解説します

四十九日法要の服装マナー|喪主やご遺族・参列者の適切な喪服を解説します

この記事では、「四十九日法要に合う服装が知りたい」「服装のマナーや注意点を知りたい」といった人に向けて、適切な服装について解説します。まずは四十九日とはどんな日なのかを解説するので、基本的なことから知りたい人はチェックしてみてください。 また、喪服に関しては「喪主・参列者・子ども」、それぞれに適切な服装とマナー、注意点を解説します。略礼服についても触れているため、気になる人は事前に確認しておきましょう。

四十九日ってどういう意味?四十九日法要までに必要な準備やマナーとは?

四十九日ってどういう意味?四十九日法要までに必要な準備やマナーとは?

仏式のご葬儀を執り行われる方が多い日本では、「四十九日」という言葉は比較的耳馴染みがあると思います。しかし、四十九日にどのような意味があるのか、または四十九日法要を執り行うための準備などについて詳しいことを分かっている方は少ないのではないでしょうか。 そこで今回は、忌中に執り行う法要の中でも最後であり、かつ非常に重要な四十九日法要についてその意味や準備、マナーなどをご紹介します。

関連する記事「四十九日法要」について

四十九日法要の服装マナー|喪主やご遺族・参列者の適切な喪服を解説します

四十九日法要の服装マナー|喪主やご遺族・参列者の適切な喪服を解説します

四十九日ってどういう意味?四十九日法要までに必要な準備やマナーとは?

四十九日ってどういう意味?四十九日法要までに必要な準備やマナーとは?