意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2022-01-31

初盆(新盆)の香典の相場|不祝儀袋の渡し方・書き方のマナーを徹底解説

故人様の初盆へ参列する際、「香典」はいくらくらい包むべきか、悩むかもしれません。ご遺族の失礼にあたらないよう、マナーも意識する必要があります。

今回は、そんな疑問を解消すべく、初盆における香典の相場や、渡し方・書き方に関するマナーを解説します。相場は関係性ごとにご紹介しているので、自身と故人様の関係性に合わせて、参考にしてみてください。

初盆に香典は必要?

初盆には、香典を持参することがマナーです。初盆とは、故人様が亡くなられた後、初めて迎えるお盆を指します。僧侶を招いて読経を行い、参列者は会食をするなど、四十九日法要から続く儀式として行われます。

また、昔は初盆で盆提灯などをお供えする風習があり、盆提灯の数が多いほど故人様が慕われている証しとなっていました。しかし、現代では盆提灯ではなく、香典をお供えするケースが増え、マナーとして浸透しています。

初盆の香典の相場

初盆の香典は、関係性によって相場が異なります。関係性別の相場について見ていきましょう。

故人様が家族・親族の場合

故人様がご家族や親族の場合、5,000~30,000円を香典として包むことが一般的です。故人様との関係性により相場は変動するため、以下を目安に香典を包みましょう。

<関係性別の香典の相場>

・祖父、祖母、孫:5000~10,000円

・両親や兄弟:10,000~30,000円

注意点として、「4」や「9」など、不吉なイメージを連想させる金額を包んではいけません。さらに、端数のないよう、5,000円や10,000円といった額を包みましょう。

故人様が友人の場合

故人様が友人の場合は、3,000~5,000円が香典の相場です。関係性によってより多く包むこともあるため、他の友人にも金額を確認してみましょう。

また、会食がある場合は、上記の相場+5,000円を包むことが一般的です。

初盆の香典に関するマナー

初盆の香典に関するマナーを3つ解説します。ご遺族へ失礼にならないためにも、参列する前に確認しておきましょう。

不祝儀袋の選び方のマナー

不祝儀袋はどれを選んでいいわけではなく、包んだ金額に応じた種類を選ばなければなりません。

<金額に応じた不祝儀袋の種類>

・3,000円~:水引などが印刷されたもの

・5,000円~:印刷+加工があり、高級感のあるもの

・10,000~30,000円:黒や白、双銀の水引があるもの

・50,000円~:双銀の水引に高級な和紙が使われたもの

包んだ額に応じ、グレードを上げるイメージで不祝儀袋を選びましょう。ただし、水引の色は地域によって違いがあるので、わからない場合は、周囲の人へ確認してください。

表書きの書き方のマナー

表書きは、宗派によって書き方が異なるので、宗派別の書き方を見ていきましょう。

【宗派別の表書きの書き方】

宗派 仏式 神式 キリスト教
表書き 御仏前/御香典 御玉串料/御神前 御花料/お花料

四十九日法要とは異なる書き方の宗派もあるので、上記を参考に表書きを記載してください。また、表書きには名前に関するマナーもあります。

<名前を書くときのマナー>

・名前は表書きよりも小さく、水引の下の中央部分に書く

・夫婦連名の場合は、夫がフルネーム、妻は名前を左へ書く

・会社関係者など複数名で書く場合は、役職の高い人が中央に書き、順に左へ名前を連ねる

なお、表書きに使う墨は「濃い墨」で問題ありません。

香典の渡し方のマナー

香典を渡す際は、必ず袱紗(寒色系の色)に包み、香典そのものを表に出してはいけません。渡し方にもマナーがあるので、流れに沿って解説します。

<香典を渡す際のマナー(受付がある場合)>

1.受付にある芳名帳へ名前を記入し、袱紗から香典を出す

2.香典を渡す前に、「心ばかりですが、仏前にお供えください」と言葉を添える

3.香典の表書きを相手へ向けて渡す(袱紗は香典の下へ)

初盆では、受付が設けられていないこともあります。この場合は、施主に直接渡すか、精霊棚(お盆期間中)や仏壇(お盆期間前)へ手を合わせる際に供えましょう。

初盆の香典のお返しはどうする?

初盆の香典のお返しには、包まれた金額の1/3~半分程度の品物を用意することが一般的です。品物は、実用品や重くないものなどを選びましょう。具体的な例を挙げて紹介します。

<香典のお返しの例>

・洗剤

・タオル

・調味料

・お茶

遠方から足を運ばれた方のことも考えて、大きいものや重たいものは避けましょう。

まとめ

初盆には香典が必要ですが、いくつか押さえておきたいマナーもあります。ご葬儀や四十九日法要などとは異なるマナーもあるので、事前に確認しておいてください。マナーについては「初盆の香典に関するマナー」で解説しています。

また、ご遺族の方に関しては、香典をいただいた際のお返しを考えておくことも大切です。感謝の気持ちを示すものですが、あまり高額なお返しは気を遣わせてしまうので、注意しましょう。


「法事・法要」に関する記事

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

ご親戚やご友人の訃報に際し、「弔問したいけど、具体的にどんな準備をすればいいの?」と悩んでいる方も多いでしょう。弔問にはいくつか気をつけるポイントがあり、ご遺族に失礼がないよう事前に把握しておかなければなりません。今回は、弔問の適切なタイミングや服装の注意点、持ち物のマナーなどについて詳しく解説していきますので、お困りの方は参考にしてみてください。

一周忌のお返し「引き出物」に関するマナーまとめ|費用相場や選び方も解説

一周忌のお返し「引き出物」に関するマナーまとめ|費用相場や選び方も解説

一周忌とは、故人様がお亡くなりになった命日から1年後に行われる法要を指します。1年の節目にもあたり、年忌法要の中でも非常に重要な法要のひとつとされています。また一周忌では、参列者に感謝の意を込めてお返しを渡すのが一般的です。しかし、選べる品物の種類が多く、具体的に何を準備すれば良いか分からず悩んでしまう方も少なくありません。今回は、お返しの品物を選ぶときのポイントや、基本的なマナーなどについて解説しますので、お悩みの方は参考にしてみてください。

【例文あり】四十九日法要のお礼状の書き方を徹底解説|送る時期やマナーも紹介します

【例文あり】四十九日法要のお礼状の書き方を徹底解説|送る時期やマナーも紹介します

四十九日法要が無事に終了した際は、ご臨終から四十九日法要終了までお世話になった方々へお礼状を送付するのがマナーとなっています。しかし、生涯に何度も書く内容ではないため、「書き方が分からない」「マナーや注意点などが知りたい」といった方も多いのではないでしょうか。

四十九日法要の案内状の例文|書き方のポイントや送る時期も解説します

四十九日法要の案内状の例文|書き方のポイントや送る時期も解説します

四十九日法要は、故人様・ご遺族にとって1つの区切りとなる大切な法要です。そのため、案内状もマナーを守って丁寧に書く必要がありますが、案内状に関するマナーをすべて把握している方はそう多くありません。

関連する記事「法事・法要」について

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

一周忌のお返し「引き出物」に関するマナーまとめ|費用相場や選び方も解説

一周忌のお返し「引き出物」に関するマナーまとめ|費用相場や選び方も解説

【例文あり】四十九日法要のお礼状の書き方を徹底解説|送る時期やマナーも紹介します

【例文あり】四十九日法要のお礼状の書き方を徹底解説|送る時期やマナーも紹介します

四十九日法要の案内状の例文|書き方のポイントや送る時期も解説します

四十九日法要の案内状の例文|書き方のポイントや送る時期も解説します

初七日法要のお返しとは|費用相場や渡すタイミング、添える手紙の例文を紹介

初七日法要のお返しとは|費用相場や渡すタイミング、添える手紙の例文を紹介