意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
動画でみる葬儀の知識へ動画でみる葬儀の知識
さいたま市の葬儀社セレモニーのHPへご葬儀はくらべて選ぶ時代
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2024-05-02

精霊流しとは?歴史や灯篭流しとの違い、精霊船の作り方について解説

お盆の時期に耳にする精霊流し(しょうろうながし)は、日本で行われている弔いの行事です。映画や報道番組などで精霊流しの動画が流れると、幻想的で美しい光景が印象に残りますが、この行事には昔ながらの歴史や深い意味が込められています。

そこで当記事では、精霊流しが行われている地域やその意義、そして精霊船の作り方などについても解説していきます。

精霊流しとは?

毎年お盆の時期になると、故人様の御霊が、あの世へと無事に送り届けられることを願う精霊流しが行われます。精霊流しは、精霊船(しょうろうぶね・しょうりょうぶね)にお供え物などをのせて、海や川に流す昔ながらの伝統的な行事です。

現在、精霊流しは全国で行われているわけではなく、主に長崎県や佐賀、熊本のごく一部で執り行われています。これらの地域では、どのような形で精霊流しが行われているのでしょうか。

長崎県と佐賀・熊本の一部地域で行われるお盆の伝統行事

精霊流しは、長崎・佐賀・熊本の一部で、お盆に行われている伝統行事です。主に、故人様が亡くなってから、初めてお盆を迎えた魂に対する供養が目的とされています。

大きく立派な精霊船を作成し、船には提灯などが飾られて明るくともされるのが通例です。でき上がった精霊船は、主にご遺族が中心となって持ち上げ、大勢の列をなして川や海まで運び ます。運んで いる間は、魔除けのために派手な音の爆竹を鳴らしますが 、これは中国文化の影響によるものとされています。

精霊流しの歴史

精霊流しの由来は諸説ありますが、中でも江戸時代に執り行われていた彩舟流し(さいしゅうながし)の名残であるといった説が有力です。彩舟流しは、通訳や貿易を目的とした唐人が、日本へ訪れる道中で亡くなった際、その方たちのために行われた中国伝統のご供養法でした。

灯篭流しとの違い

精霊流しの他に、灯篭流し(とうろうながし)という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。いずれも死者の魂をご供養するため、お盆に行われる儀式であるという意味合いは変わりません。

精霊流しは主に長崎県で行われ、大きな精霊船で派手に弔ったり、小さな精霊船にお供え物などをのせたりして、海や川に流す行事のことを指しています。

一方、灯篭流しでは精霊船を使用せず、灯をともした灯篭を川などの水面に浮かべて流し、静かに死者の魂を送るのが主な儀式内容です。灯篭流しは、原爆の被害にあった方々を弔うため、主に広島県で行われます。

精霊流しに用いられる「精霊船」について

精霊流しには、精霊船と呼ばれる船が作られ、ご供養のために使用されます。精霊船は、町や村など大きな組織の単位で大人数を供養する大きな「もやい船」と、小人数を供養する小さな「個人船」の2種類があります。

いずれも魂をご供養する用途は変わりませんが、それぞれの精霊船は、一体どのような大きさや形をしたものなのか見ていきましょう。

精霊船の形・大きさ

個人用に作られている個人船は、数十センチ程度と小さめであり、ご家庭の家紋が付いているものが多いです。一方、お祭りで用いられるものになると、その大きさは1~10mにもなり、船には町名などが記載されるのが一般的です。大きさには制限が設けられており、全長は10m、胴体は7m、幅は2.5mまでになります。なお、担いだ時には高さ3.5mを超えないようにする必要があります。

また、精霊船の形状にはっきりとした決まりはありませんが、その土地特有の伝統的な形もありますので、作成時に不安を感じた場合は地域の方へ伺ってみると良いでしょう。

精霊船の作り方

精霊船は、手作りするのが一般的とされています。材料は木やワラ、竹、ダンボールなどを用いますが、初めてできれいに作成するのは非常に困難です。作成に慣れた地元の方と一緒に作るのがおすすめですが、お店で精霊船や作成キットが販売されていることもあります。

精霊流しは映画や歌にもなっている

精霊流しは、かつてNHKで放送された連続ドラマ、「精霊流し~あなたを忘れない~」に使用された主題歌でも有名です。楽曲「精霊流し」を歌うさだまさしさんの故郷は長崎県長崎市で、この地方で実際に行われている精霊流しの思い出が、歌詞のベースとなっているようです。

さだまさしさんの自伝書籍を元に、松坂慶子さん主演の映画「精霊流し」も制作されています。この映画で、山本太郎さんが第46回ブルーリボン賞 助演男優賞を受賞されました。

お盆について

精霊流しなどの行事が各地で行われるお盆は、各場所によってその時期が異なります。お盆では実家への帰省やお墓参り、法事、祭りなど、さまざまな準備に追われる方も多いことでしょう。ここからは、一般的なお盆の準備や過ごし方、期間を解説していきます。

オススメ関連記事

2024年(令和6年)のお盆はいつからいつまで?お盆飾りやお供えの準備について解説

じめじめとした梅雨が明け、暑い夏とともに訪れるのがお盆です。お盆の時期は地域によって異なりますが、世間一般的には、お...

じめじめとした梅雨が明け、暑い夏とともに訪れる...

続きを読む
2024年(令和6年)のお盆はいつからいつまで?お盆飾りやお供えの準備について解説

お盆の期間

お盆には、新暦(7月)と旧暦(8月)、2種類の期間があります。宗派や地域によってどちらの日程が使われるかは異なりますが、一般的に多いのは旧暦です。

2024年でのお盆期間は、8月13日(火)〜16日(金)の4日間です。新暦をお盆と考える地域では、7月13(土)~16日(火)の4日間となります。

会社におけるお盆休みは、旧暦が適用される場合が多いです。特に今年は8月11日(山の日)が日曜日で、翌日の月曜日が振替休日となるため、土日祝日を休みとする企業の場合は、8月10日(土)~18日(日)まで9日間の大型連休が期待できるでしょう。

お盆期間の過ごし方

お盆では、特に何をしなければいけないという決まりはありません。長期休みを取得できる場合も多いので、海外旅行などへ赴くのも良いでしょう。

しかしながら、お盆は大切な故人様やご先祖様がお戻りになる大切な期間でもあります。心静かにお墓参りを行うのはもちろん、精霊流しや盆踊りへの参列も、現世へお戻りになった御霊に対する弔いになりますので、機会がある方はぜひ参列してみてください。

まとめ

日本で古くから伝わる精霊流しは、故人様の魂が無事に極楽浄土へ向かうため、祈りをささげる心のこもった伝統行事です。お祭りとして美しい照明を楽しむのも良い慰霊となりますが、故人様との思い出に浸り、一緒に過ごす気持ちを持ちながらの参列もまた素敵なご供養となるでしょう。


記事の制作・編集
セレモニーコラム編集部

60年の歴史と実績のあるセレモニーのご葬儀専門ディレクターが監修。喪主様、ご葬家様目線、ご会葬者様目線から分かりやすくのご葬儀のマナー知識をお伝えします。


「お盆」に関する記事

お盆飾りについて徹底解説|いつ飾る?飾り方も紹介します

お盆飾りについて徹底解説|いつ飾る?飾り方も紹介します

お盆といえば、各地でお祭りや大文字焼などの行事が行われ、夏の風物詩となっています。この催しは、年に一度この世へ戻られるご先祖様を慰霊し、再びあの世へ送り返すための神聖な儀式なのです。 お盆では、ご先祖様に失礼のないよう、ご自宅でもお盆飾りを行い、御霊のお迎え準備をされたい方が多くいらっしゃることでしょう。そこで今回は、お盆飾りの意味や方法、そして時期や飾り方などをご紹介いたします。

お盆の迎え火・送り火はいつ行う?意味合いや手順をわかりやすく解説

お盆の迎え火・送り火はいつ行う?意味合いや手順をわかりやすく解説

夏のお盆の時期には、玄関先やお墓で明かりが灯されているのを見かけることがあります。幻想的で美しいイメージの光ですが、あの明かりは「迎え火」「送り火」と呼ばれており、あの世とこの世を行き来する魂の道標となる輝きなのです。 この記事では、迎え火・送り火の意味合いや、行う手順、時期などを詳しくご紹介していきます。

初盆(新盆)に適した服装は?家族だけの場合の服装も紹介します

初盆(新盆)に適した服装は?家族だけの場合の服装も紹介します

故人様が旅立ち、忌中の期間が過ぎてから初めて迎えるお盆は「初盆」といわれています。通常のお盆よりもご供養が重視される初盆では、お墓参りだけでなく初盆法要を行うのが一般的となっていますが、ここで皆様が悩まれるのは、ご供養する場での身だしなみでしょう。 ここでは、初盆に適した大人や子どもの服装、そして注意点などを詳しく解説いたします。

2024年(令和6年)のお盆はいつからいつまで?お盆飾りやお供えの準備について解説

2024年(令和6年)のお盆はいつからいつまで?お盆飾りやお供えの準備について解説

じめじめとした梅雨が明け、暑い夏とともに訪れるのがお盆です。お盆の時期は地域によって異なりますが、世間一般的には、お盆休みにあたる期間に実家に帰省し、お墓参りや灯篭流しなどのお盆行事に参加されることが多いのではないでしょうか。しかし、毎年のことながらも、お盆の日程や準備に必要なものなどを忘れがちです。 そこで今回は、お盆はいつ行うのかということから、準備するもの、過ごし方までをご紹介します。

関連する記事「お盆」について

お盆飾りについて徹底解説|いつ飾る?飾り方も紹介します

お盆飾りについて徹底解説|いつ飾る?飾り方も紹介します

お盆の迎え火・送り火はいつ行う?意味合いや手順をわかりやすく解説

お盆の迎え火・送り火はいつ行う?意味合いや手順をわかりやすく解説

初盆(新盆)に適した服装は?家族だけの場合の服装も紹介します

初盆(新盆)に適した服装は?家族だけの場合の服装も紹介します

2024年(令和6年)のお盆はいつからいつまで?お盆飾りやお供えの準備について解説

2024年(令和6年)のお盆はいつからいつまで?お盆飾りやお供えの準備について解説

初盆ではお布施が必要!金額相場や書き方、渡し方をわかりやすく解説

初盆ではお布施が必要!金額相場や書き方、渡し方をわかりやすく解説




埼玉・東京・千葉葬儀場のご案内