意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2020-04-24

白い時もあった喪服。喪服が黒い理由とは?

ご葬儀の際に身に着ける喪服。喪服といえば「黒」をイメージされる方が多いと思いますが、喪服が「白」の時期があったということをご存じでしょうか。一体どのような流れで喪服の色が現在の黒になったのか。そもそも、喪服はいつ頃から着られるようになったのか。

そこで今回は、喪服の歴史と色の変遷についてご紹介します。

白と黒、繰り返した歴史

2012(平成24)年に亡くなられた歌舞伎俳優 18代目中村勘三郎さんのご葬儀では、奥様の好江さんが白い喪服を着用していたため、ご葬儀の模様を当時のニュースなどでご覧になられた方の中には驚かれた方も多かったと思います。

日本の歴史において喪服が初めて登場したのは、奈良時代と言われています。日本最古の歴史書である「日本書紀」によれば、当時の日本のご葬儀では、故人様の親族や会葬者は白い喪服を着用することが通例だったとされています。なお、庶民の喪服は、その後千年以上にわたって、白い喪服が主流となりました。

では、上流階級の人たちはどうだったかというと、当初は、庶民と同じく白い喪服を着用していました。しかし、718(養老2)年の「養老喪葬令」において、天皇が「錫紵(しゃくじょ)」と呼ばれる薄墨色の麻の細布衣を喪服として着用するようになったのをきっかけに、上流階級の人たちにも薄墨色の喪服が広まりました。そして、時が経つにつれて墨染めの色は濃くなっていき、平安後期になると黒色の喪服が着られるようになりました。しかし、貴族の影響力が薄れた室町時代に再び白の喪服が主流になりました。

このように、日本の歴史において喪服は、庶民が白、上流階級が時として白や黒を繰り返していったのです。

きっかけは、明治維新

白い喪服の伝統が変わり始めたきっかけが明治維新でした。

1878(明治11)年に、「維新の三傑」の1人で、現代でいうところの首相にあたる、初代内務卿を務めた大久保利通が暗殺されます。その大久保利通のご葬儀は、多くの諸外国の国賓から注目されました。それを考慮した政府から、「会葬者は喪服を黒で統一するように」とのお達しがありました。

また、1897(明治30)年の皇室のご葬儀に列席した欧米諸国の賓客たちが、ヨーロッパ王室式の黒い喪服を揃って着用していたのを見た政府首脳部は、日本人の会葬者にも黒い喪服をしつらえさせました。

これらをきっかけとして、上流階級の人々の間で、黒を国際標準の喪服の色として認識する気風が広まり、1915(大正4)年の皇室令により、宮中参内の喪服は、帯締め・帯揚げ・足袋は白で、それ以外は黒を着用することが正式に定められました。

しかし、この時点ではまだまだ庶民には、黒の喪服は縁遠いものでした。

第二次世界大戦をきっかけに庶民にも広まる

庶民に黒の喪服が広がったきっかけとなったのが、第二次世界大戦でした。

当時の喪服は、貸衣装を着用することが一般的で、貸衣装屋には白と黒の喪服が混在していました。第二次世界大戦によって日本中に戦死者が急増し、貸衣装屋で喪服を借りる人も急増しますが、借りる頻度が増えたことで白い喪服は汚れが目立ち、直ぐに使い物にならなくなってしまいました。そこで、貸衣装屋は、汚れが目立たず手入れのしやすい黒の喪服を揃えるようになりました。その後、手入れのしやすさや喪服を黒に統一している欧米諸国の影響もあり、急速に黒い喪服が庶民にも広まっていきました。

また、冠婚葬祭のマナー意識も、第二次世界大戦をきっかけに大きな変化がありました。
戦前では、喪服を着用するのは遺族だけでよいと考えられていました。しかし、戦後、ご葬儀自体が社会的に大切な通過儀礼として認知され、冠婚葬祭のマナーを身に付けようとする意識が急速に人々に浸透し、ご遺族だけでなく会葬者もマナーとして黒の喪服を着用する考えが広まって行ったのです。

まとめ

私たちが普段当たり前のように着用している黒い喪服は、奈良時代から近現代までの長い時間をかけて辿り着いたスタイルだということが分かりました。庶民に黒い喪服が定着したのが比較的近年であり、多くの戦死者を生んだ戦争がきっかけだということが分かりました。

時代により、白と黒を移行してきた喪服ですが、亡くなった方の死を悼むという点だけは、古代から変わらず受け継いでいるということにも注目したいですね。


「葬儀知識・マナー」に関する記事

お葬式に赤ちゃんは参列できる?小さな子供の服装やマナーについて解説します

お葬式に赤ちゃんは参列できる?小さな子供の服装やマナーについて解説します

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭にご葬儀の案内状が届いた際に、「小さな子供をご葬儀に連れて行くのは大丈夫?」と、悩んでしまう親御さんは多くいらっしゃいます。「ご葬儀の最中に大声で泣きだしたら…」「騒いで周りの迷惑にでもなったら…」と心配は尽きないでしょう。 本記事では、「いくつからであればご葬儀に連れて行ってもいいのか」「小さな子供をご葬儀に参列させるのは失礼に値しないか」「参列させる場合は、どのような服装を用意すればよいのか」など、小さなお子様がご葬儀に参列する際のマナーについて解説していきます。

枕経とは|あげる際の準備と流れ、服装やお布施に関するマナーも解説します

枕経とは|あげる際の準備と流れ、服装やお布施に関するマナーも解説します

枕経は、大切な方がお亡くなりになってから一番始めに行われる儀式です。お通夜やご葬儀などとは異なり、一部の身内だけで行う儀式のため、経験したことのない方が多いです。喪主になったものの、「誰にどのタイミングでお願いをすればよいか分からない」と、悩んでいる方もいらっしゃいます。 今回は、枕経をあげる前に準備しておきたいものや流れ、服装やお布施に関するマナーについて解説していきます。近年では省略する傾向もありますが、故人様をお送りするための大切な儀式ですので、この記事を参考にしてみてください。

仏滅にお通夜やご葬儀を行ってもいい?友引・先負など六曜と弔事の関係を解説

仏滅にお通夜やご葬儀を行ってもいい?友引・先負など六曜と弔事の関係を解説

私たち日本人は昔から「縁起」を大切にしてきました。物事を為す際は、「縁起が良い・悪い」で日取りを決めることも多く、冠婚葬祭など人生の節目といえるイベントに関しては「大安」「吉日」「仏滅」など、六曜占いに基づいて日程を設定する方がほとんどです。 仏滅は広く「縁起の良くない日」と認識されていますが、お通夜やご葬儀に関しては、「執り行う方が良い・執り行わない方が良い」と意見が分かれます。そこで今回は、仏滅の意味や六曜と仏事の関係性について解説していきます。

仏教の宗派とは?ご葬儀でのマナーの違いや開祖・ご本尊などの基本情報を解説

仏教の宗派とは?ご葬儀でのマナーの違いや開祖・ご本尊などの基本情報を解説

日本国民の多くは仏教徒ですが、一口に仏教といってもその宗派はさまざまです。宗派が違えばお仏壇の飾り方から祭壇の作り方、お焼香やお線香の作法にいたるまで細かな違いが出てきます。 今回は、「仏教における宗派とは何なのか」という点から、宗派ごとの特徴やご葬儀におけるマナーについて解説していきます。事前に各宗派のマナーを把握しておけば、自身とは異なる宗派のご葬儀に参列した際に慌てず落ち着いて対応できることでしょう。

関連する記事「葬儀知識・マナー」について

お葬式に赤ちゃんは参列できる?小さな子供の服装やマナーについて解説します

お葬式に赤ちゃんは参列できる?小さな子供の服装やマナーについて解説します

枕経とは|あげる際の準備と流れ、服装やお布施に関するマナーも解説します

枕経とは|あげる際の準備と流れ、服装やお布施に関するマナーも解説します

仏滅にお通夜やご葬儀を行ってもいい?友引・先負など六曜と弔事の関係を解説

仏滅にお通夜やご葬儀を行ってもいい?友引・先負など六曜と弔事の関係を解説

仏教の宗派とは?ご葬儀でのマナーの違いや開祖・ご本尊などの基本情報を解説

仏教の宗派とは?ご葬儀でのマナーの違いや開祖・ご本尊などの基本情報を解説

【男女別】ご葬儀での靴に関するマナーまとめ|子どもはローファーで大丈夫?

【男女別】ご葬儀での靴に関するマナーまとめ|子どもはローファーで大丈夫?