意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2022-11-11

偲ぶ会とは|当日の流れや服装・香典に関するマナーも解説します

偲ぶ会は、「故人様のご葬儀には参列できなかったけれど、きちんとお別れをしたい」といった方のために開かれます。しかし、偲ぶ会は宗教的な儀式ではなく、これまで一度も参列したことがない方も多いです。そのため、案内が届いた際、「一体どのような服装をしていけば良いのか、守るべきマナーはあるのか?」と悩んでしまうでしょう。

今回は、偲ぶ会の基本的な知識から、当日の流れや服装・香典のマナーについて解説していきます。本記事をご覧いただき、「偲ぶ会とは何なのか」についての大枠を把握しましょう。

偲ぶ会とは?

「偲ぶ会」とは、故人様との思い出を語り合い、ご冥福をお祈りする集まりのことを指します。人によって異なるものの、「お別れの会」と称して開催されることもあります。偲ぶ会を開催する日時に決まりはなく、ご葬儀の後や四十九日法要、一周忌のタイミングで開催することが多いです。

また、偲ぶ会は会費制で行われるものであり、参列する人数によって費用が異なります。総額の半分は施主持ちとなる場合が多く、その際の会費は一人あたり8,000~20,000円の金額に設定されるのが基本です。

ご葬儀との違い

偲ぶ会とご葬儀は、同じ仏教のくくりとして見られがちですが、実は宗派に関係なく開催できる宗教色の薄い集まりです。そのため、神式やキリスト教など、さまざまな宗派の方が偲ぶ会を開催しています。また、先ほども軽く触れましたが、香典ではなく会費制となっており、会費の金額は事前の案内に記載されていることが多いです。

なお、服装は施主側が指定するので、案内に従って服装を決めましょう。しかし、年忌法要と同じ日に開催する場合、喪服での参列が基本とされています。

偲ぶ会は大きく2種類に分けられる

偲ぶ会は、大きく分けて「セレモニータイプ」と「会食パーティータイプ」の2種類に分けられます。形式として多いのは立食パーティータイプです。しかし、なかにはセレモニータイプの偲ぶ会もあるため、どちらに呼ばれても戸惑わないよう、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

【セレモニータイプ】

「セレモニー(式典)」ですので、ご葬儀や告別式と同じような形で行われる場合が多いです。一般的には、故人様の経歴などが紹介された後、施主による挨拶が行われます。そして、親しかった友人からの弔辞が読み上げられ、参列者一人ひとりが献花を行います。

【会食パーティータイプ】

会食パーティーの場合は、立食ビュッフェの形式が多いです。想定していた参列者の人数が前後しても対応できるため、多くの偲ぶ会で採用されています。比較的自由度が高く、献花や退出のタイミングにルールはありません。

偲ぶ会の流れ

偲ぶ会は、ご葬儀と違ってそこまで厳密にルールが決められているものではありません。 次の項目では偲ぶ会の一般的な流れについて解説していきます。

①開会

友人代表からのお別れの言葉があります。他にも、故人様の生前の姿を映像として流したり、好きだった楽曲をかけたりします。

②黙祷

故人様の経歴などを紹介し、黙祷を行います。その後は、参列者が1人ずつ焼香または献花を行いますが、偲ぶ会は厳密な形式があるわけではないため、「故人様らしい」形に変更しても問題はありません。

③献杯・会食

食事会場へ移動し、施主による献杯が行われた後、会食が始まります。このとき、自分が故人様と親しかった友人だった場合、献杯の音頭をお願いされるかもしれませんので、その際は断らずに引き受けましょう。簡潔に故人様との関係性やエピソードを紹介し、「献杯」とグラスを掲げます。

④閉会

時間を見て、施主が閉会の旨を伝えます。閉会の挨拶が終わった後は、速やかに席を立つのがマナーです。このとき、返礼品が用意されている場合は必ず持ち帰りましょう。

⑤写真撮影

閉会後は、故人様の遺影を中心に参列者全員で写真撮影を行いますので、あまり気負わずに臨みましょう。

偲ぶ会に参列する際のマナー

仏教行事ではないにしろ、服装や香典のマナーの基本的な部分は変わりません。常識の範囲内で、なるべく節度のある服装で偲ぶ会に参列しましょう。

①服装は施主の案内に従う

偲ぶ会では、施主から服装の案内がされます。「喪服」と指定されていた際は、お通夜やご葬儀に参列する際と同じブラックフォーマルを着用しましょう。男性の場合は、光沢のないブラックスーツ、女性の場合は同じく光沢のないブラックスーツまたはアンサンブルが適しています。

もし平服と指定されていても、普段着るようなカジュアルな服ではないので注意しましょう。男性の場合、黒・グレー・ネイビーなどの落ち着いた色味のスーツを着用します。また、女性も同じように落ち着いた色味のワンピースなどを選びましょう。

②会費は香典袋に入れて渡す

偲ぶ会は仏教行事ではないため、表書きはどの宗派にも広く使える「御香典」を用います。もし会費が提示されていなかった場合は、ご葬儀の相場にのっとり会費を包みます。金額は、5,000~20,000円前後を包む方が多いです。

まとめ

偲ぶ会は、故人様と生前お付き合いの会った方が集まり、別れを惜しみご冥福をお祈りする会です。宗教とは関係のない集まりであり、神道・キリスト教など関係なく開催されます。

仏教行事よりもカジュアルな場ではありますが、服装や会費のマナーなど、ご葬儀と変わらない点も多いです。この点だけ留意いただき、ご遺族が「偲ぶ会を開いて良かった」と思えるような配慮を行いましょう。


「葬儀の種類」に関する記事

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

直葬では、通夜や告別式を執り行わないため、一般葬よりも労力や時間を必要としません。そのため最近は直葬を選ぶ方が増えてきていますが、周囲から理解を得にくいなどのデメリットも多いので、実際に執り行う際は基本の知識を押さえておく必要があります。今回は直葬のメリット・デメリット、参列するうえでのマナーをご紹介します。また、直葬が増えた時代背景にも触れていきますので、興味をお持ちの方はぜひ読んでみてください。

社葬とは|事前準備や社葬当日の流れを分かりやすく解説!参列者のマナーも

社葬とは|事前準備や社葬当日の流れを分かりやすく解説!参列者のマナーも

社葬は企業をあげて執り行うご葬儀なので、事前の準備が非常に重要です。しかし、社葬に馴染みのない方も多く、いざ社葬を執り行うとなった際、どのように準備を始めれば良いのか分からず困ってしまうことも少なくありません。今回は、社葬を執り行うにあたって必要となる準備の内容や、当日の流れについて解説していきますので、お困りの方はぜひ参考にしてみてください。

仏教の宗派とは?ご葬儀でのマナーの違いや開祖・ご本尊などの基本情報を解説

仏教の宗派とは?ご葬儀でのマナーの違いや開祖・ご本尊などの基本情報を解説

日本国民の多くは仏教徒ですが、一口に仏教といってもその宗派はさまざまです。宗派が違えばお仏壇の飾り方から祭壇の作り方、お焼香やお線香の作法にいたるまで細かな違いが出てきます。 今回は、「仏教における宗派とは何なのか」という点から、宗派ごとの特徴やご葬儀におけるマナーについて解説していきます。事前に各宗派のマナーを把握しておけば、自身とは異なる宗派のご葬儀に参列した際に慌てず落ち着いて対応できることでしょう。

関連する記事「葬儀の種類」について

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

社葬とは|事前準備や社葬当日の流れを分かりやすく解説!参列者のマナーも

社葬とは|事前準備や社葬当日の流れを分かりやすく解説!参列者のマナーも

仏教の宗派とは?ご葬儀でのマナーの違いや開祖・ご本尊などの基本情報を解説

仏教の宗派とは?ご葬儀でのマナーの違いや開祖・ご本尊などの基本情報を解説

神棚封じについての基礎知識。意味や手順、期間についてご紹介

神棚封じについての基礎知識。意味や手順、期間についてご紹介