意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2020-08-07

香典返しはいつお渡しする?香典返しの品物を選ぶ際の注意点とは?

ご葬儀の際にいただいた香典に対するお返しとしてお渡しする「香典返し」。香典返しにはお悔やみいただいた方々にご葬儀や四十九日法要を滞りなく終えたこととお礼を伝えるためにお渡しするものでもあります。

そこで今回は、香典返しをお渡しする時期や品物を選ぶ際の注意点など、香典返しに関するマナーなどについてご紹介します。

香典返しをお渡しする意味

ご葬儀の際にいただく香典は、故人様の御霊前にお供えするもので、お花や線香・抹香の代わりとなります。また、お供え物を購入するために使っていただきたいという弔慰金の意味合いも含んでいます。その香典に対して、無事にご葬儀と四十九日法要を終えた報告も兼ねて、ご遺族が香典を包んでくださった方々へのお礼としてお渡しするのが「香典返し」です。

香典返しと似たものとして「会葬返礼品」があります。香典返しと会葬返礼品はどちらもご遺族からお礼の気持ちを込めてお渡しされるものですが、若干意味が異なります。香典返しが香典を包んでくださった方々にお渡しする品物を指すに対し、会葬返礼品はご葬儀に会葬してくださった方々にお渡しする品物を指します。

香典返しをお渡しする時期とは?

最近ではお通夜式とご葬儀・告別式の当日に香典返しをお渡しする「当日返し」という形が増えてきました。

「当日返し」では、香典を包んでいただいた方全員に一律の品物をお渡しします。そのため、高額な香典を包んでくださった方に対してお礼が足りないという事態も起こりますが、その際は忌明け後に改めて品物をお渡しする形となります。

香典返しを後日郵送でお贈りするよう場合、香典返しをお贈りする時期としては、基本的に四十九日法要後の忌明けから1ヵ月以内となります。

ただし、忌明けの時期は宗教によって違うため、それに伴って香典返しをお贈りする時期も異なりますので、注意が必要です。

・仏式の場合
 四十九日法要~1ヵ月以内

・神式の場合
 五十日祭~1ヵ月以内

・キリスト教式(カトリック)の場合
 追悼ミサ~

・キリスト教式(プロテスタント)の場合
 昇天記念日~

香典返しを選ぶ際の注意点

不祝儀のお返し・お礼である香典返しの品物としてよく用いられるは、縁起を担いで、不幸を洗い流す「石けん・洗剤」や不幸を拭い去る「タオル」、消えものと言われる「お菓子・お茶」があります。また、近年ではお好きなものを選んでいただける「カタログギフト」も選ばれています。

なお、香典返しにはタブーである品物もありますので、注意しましょう。タブーとされる品物には、四つ足生臭ものと呼ばれて避けられている「肉・魚」や慶事の際に贈られることが多い「鰹節・昆布」、神事の際に使用される「お酒」などがあります。

これらのタブーとされている品物をどうしても選びたい場合は、カタログギフトを利用するようにしましょう。

香典返しをお贈りする際のマナー

熨斗(のし)と表書き

香典返しは不祝儀のお返し・お礼であるため、熨斗(のし)がない掛け紙を使用します。仏教であれば蓮の花が描かれた掛け紙を、その他の宗教では無地の掛け紙となります。

なお、水引は黒白のものが一般的ですが、関西地方では黄白の結び切りとなっている水引を使用することもあります。ご不安な方は、ご親戚の年長者の方や葬儀社に確認することをおすすめします。

香典返しでは、掛け紙に記載する表書きは「志」とするのが一般的です(関西地方では「満中陰志」とすることもあります)。その他にも宗教や地域によって異なることがありますので注意しましょう。また、水引の下(掛け紙の下部)には、「喪主の姓」や「○○家」を記載します。

香典返しに添えるお礼状の書き方

香典返しは、本来であれば先方にお伺いし、ご葬儀と法要が滞りなく終わったことの報告と香典のお礼をしますが、近年では宅配便や郵送でお贈りすることがほとんどです。そのため、香典返しをお贈りする際は、直接お礼を申し上げることができない代わりとして「お礼状」を添えましょう。

お礼状の全体の構成としては、

① 故人様のお名前
「亡父/亡母 ○○儀」や「亡祖父/亡祖母 ○○儀」「弊社社長 ○○儀」「故 ○○儀」など

② お礼の言葉
ご葬儀へのご会葬と香典を包んでいただいたことへのお礼の言葉

③ 略儀である旨を伝える
あくまでお礼状は略儀であり、本来はお伺いしてお礼をいうべきであるということを明記する

④ お礼状の差出人の名前

となります。

また、お礼状を書く際のルールとして、「句読点(「、」「。」)は使用しない」「季節の挨拶は不要」といったルールが存在しますのでお礼状を書く際は注意しましょう。

香典返しを辞退されたらどうする?

香典を包んでいただいた方から、「香典返しの受け取りは辞退します」という旨の申し出を受けることがあります。このような時は、先方の申し出を受け入れて香典返しはお渡ししない、またはお贈りしないようにするのがマナーです。

特に、職場の規約のような理由から辞退を申し出ているのであれば、無理に香典返しはお贈りしてしまうと先方に迷惑をかけてしまいます。それでも何かお礼をしなければいけないとお思いであれば、その時はお礼状などで感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

まとめ

弔事のマナーは地域や宗教によって異なるため、香典返しにおいても掛け紙や香典返しをお渡しする・お贈りする時期にも違いがあります。ご葬儀から少し期間が経って落ち着いた時期だからこそ、香典を包んでいただいた方々に丁寧に感謝のお気持ちを伝えるようにしましょう。


「葬儀知識・マナー」に関する記事

【ご遺族向け】お通夜までの行うべき準備まとめ|葬儀社の選び方も解説します

【ご遺族向け】お通夜までの行うべき準備まとめ|葬儀社の選び方も解説します

かけがえのないご家族が逝去されるのは、大変つらく悲しい出来事です。人によって異なるものの、場合によっては大事な喪主を務めることになることも考えられます。後悔のないようお見送りをするには、事前の準備と葬儀社選びが重要です。今回は、お通夜の準備や葬儀社の選び方などについて詳しく解説していきますので、お困りの方は参考にしてみてください。

お通夜とは|当日の流れやマナー・意味合いを分かりやすく解説します

お通夜とは|当日の流れやマナー・意味合いを分かりやすく解説します

お通夜とは、ご葬儀の前日に執り行われる仏教の儀式です。故人様をお送りする儀式のひとつであり、「ご葬儀や告別式とは何が違うの?」「何のために行うの?」と不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。今回は、お通夜の意味や目的、一連の流れ、参列時のマナーや香典の書き方について解説していきます。突然の連絡に慌てることのないよう、本記事でお通夜について学んでいきましょう。

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

ご親戚やご友人の訃報に際し、「弔問したいけど、具体的にどんな準備をすればいいの?」と悩んでいる方も多いでしょう。弔問にはいくつか気をつけるポイントがあり、ご遺族に失礼がないよう事前に把握しておかなければなりません。今回は、弔問の適切なタイミングや服装の注意点、持ち物のマナーなどについて詳しく解説していきますので、お困りの方は参考にしてみてください。

開眼供養(開眼法要)とは|服装やお布施のマナーについて解説します

開眼供養(開眼法要)とは|服装やお布施のマナーについて解説します

お墓を建てるときや、新しく仏壇を購入した際は「開眼供養(かいげんくよう)」という法要を行います。開眼供養は頻繁に行われるものではありませんので、「具体的にどんなことをするの?」と不安を抱える方も多いのではないでしょうか。今回は、開眼供養の基本的な流れやさまざまなマナーなどについて詳しく解説していきますので、お困りの方は参考にしてみてください。

関連する記事「葬儀知識・マナー」について

【ご遺族向け】お通夜までの行うべき準備まとめ|葬儀社の選び方も解説します

【ご遺族向け】お通夜までの行うべき準備まとめ|葬儀社の選び方も解説します

お通夜とは|当日の流れやマナー・意味合いを分かりやすく解説します

お通夜とは|当日の流れやマナー・意味合いを分かりやすく解説します

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

開眼供養(開眼法要)とは|服装やお布施のマナーについて解説します

開眼供養(開眼法要)とは|服装やお布施のマナーについて解説します

納骨式とは|事前準備や当日の流れ、かかる費用相場を分かりやすく解説します

納骨式とは|事前準備や当日の流れ、かかる費用相場を分かりやすく解説します