意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2022-09-16

ペットの火葬にかかる費用|自治体での火葬費用や注意点も解説します

大切なペットが亡くなった際、気になるのが「その後の供養」なのではないでしょうか。ペットが亡くなった場合も人と同じように火葬を行い、供養するのが一般的です。しかし、ペット火葬にはさまざまなプランがあり、プランによって火葬費用も異なるため、どれを選べば良いのか迷ってしまう方も少なくありません。

今回は、ペットが亡くなった際の火葬にかかる費用はいくらなのか、返骨してほしい場合にはどのような方法を取れば良いのかなど、ペットの火葬について詳しく解説していきます。大切なペットをお見送りするためにも、火葬プランや内容、料金をしっかりと把握し、悔いのない供養をしてあげましょう。

ペットの火葬にかかる費用は?

ペットの火葬にかかる費用は、施設・火葬プラン・ペットの体重によって前後します。ペットの火葬は主に「ペット霊園に併設されている火葬場」「訪問火葬車」「自治体」のいずれかで行われますが、この3つの特徴については別の項目にて詳細を説明します。

次に料金を左右するのは火葬プランです。一般的に、「合同火葬」「個別火葬」「立会火葬」の3つの中から選ぶことになるので、次の項目ではこの3つのプランの内容や料金の詳細について解説していきます。

合同でペットを火葬する場合の費用

合同火葬では他のペットと一緒に火葬するため、基本的には返骨やお骨拾いに対応していません。そのためペット火葬の種類の中では最も安いプランとなり、合同火葬の料金相場は下記のようになります。

体重 ペットの種類 料金相場
0~1kg 極小動物 5,000~15,000円
1~5kg フェレットなど 15,000~20,000円
5~10kg 猫・うさぎ・ダックスフンドなどの小型犬 20,000~25,000円
10~25kg 柴犬・ボーダーコリーなどの中型犬 25,000~30,000円
25~30kg ダルメシアンなどの中型~大型犬 30,000~40,000円
30~40kg レトリバー・秋田犬などの大型犬 40,000~55,000円
40kg以上 セントバーナードなどの超大型犬 55,000~65,000円

個別でペットを火葬する場合の費用

個別火葬では、その名のとおりペットを個別に火葬します。出棺までは立ち合いが可能ですが、火葬や納骨に関しては業者に一任する形となり、基本的には返骨が不可能な場合が多いです。個別で火葬した場合の料金相場は下記の表をご参照ください。

体重 ペットの種類 料金相場
0~1kg 極小動物など 15,000円ほど
1~5kg フェレットなど 15,000~20,000円
5~10kg 猫・うさぎ・ダックスフンドなどの小型犬 20,000~25,000円
10~25kg 柴犬・ボーダーコリーなどの中型犬 25,000~35,000円
25~30kg ダルメシアンなどの中型~大型犬 35,000~45,000円
30~40kg レトリバー・秋田犬などの大型犬 45,000~55,000円
40kg以上 セントバーナードなどの超大型犬 55,000~66,000円

立会いでペットを火葬する場合の費用

立会火葬は人と同じように火葬を行う形式で、出棺・火葬・お骨拾い・納骨などすべてに立ち会えます。料金は他の火葬方法と比べて高くなりますが、手厚く供養してあげたい方にはおすすめの方法です。立会火葬の料金相場を下記の表でチェックしてみましょう。

体重 ペットの種類 料金相場
0~1kg 極小動物 15,000~20,000円
1~5kg フェレット 20,000~25,000円
5~10kg 猫・うさぎ・ダックスフンドなどの小型犬 25,000~30,000円
10~25kg 柴犬・ボーダーコリーなどの中型犬 30,000~40,000円
25~30kg ダルメシアンなどの中型~大型犬 40,000~45,000円
30~40kg レトリバー・秋田犬などの大型犬 45,000~60,000円
40kg以上 セントバーナードなどの超大型犬 60,000~70,000円

ペットの火葬施設は3種類

ペットを火葬する方法は、ペット霊園での火葬と、訪問火葬車での火葬、自治体での火葬の3種類があります。料金が比較的高いのはペット霊園での火葬ですが、業者によってはペット霊園でも訪問火葬車と同等、またはそれ以下の料金になる場合もあります。

ペット霊園

近年、一般的になっているのがペット霊園での火葬です。火葬設備が整っているペット霊園に足を運び、火葬を行います。また、プランによっては出棺から納骨まで立ち合いが可能です。

訪問火葬車

訪問火葬車は、ご自宅の近くに火葬車が出向き、社内で火葬を行う方法で、ペット霊園に行くのが困難な方に適しています。ただし、においや煙が発生してしまうため、近隣住民への配慮が必要です。

自治体でのペットの火葬にかかる費用

ペット霊園での火葬や、訪問火葬車の料金が負担になる場合、自治体に火葬をお願いする方法もあります。料金の相場は各自治体によりますが、無料~30,000円ほどで火葬が可能です。また、持ち込みか引き取りかによっても料金が変わってきます。

自治体でペットの火葬を行う場合の注意点

ペットの火葬を自治体にお願いする場合、覚えておかなければならない注意点が存在します。大切なペットをお見送りするための火葬ですので、注意点を理解したうえで、どの火葬方法にするのか検討しましょう。

注意点①:返骨されない場合が多い

自治体に火葬をお願いする場合、基本的に返骨されない場合もあります。なぜなら、ペットが亡くなった場合は一般廃棄物として処理されるからです。

人には「墓地、埋葬などに関する法律」が定められている一方、ペットの場合は「廃棄物の処理および清掃に関する法律」が適用されます。手厚く見送ってあげたいと思っているのであれば、自治体以外の施設で火葬することをおすすめします。

注意点②:地域によって担当部署が異なる

ペットを火葬する部署は自治体によって異なります。多くの自治体は「環境局」が担当していますが、なかには「衛生部署」や「清掃部署」が担っている場合もあります。自分の住んでいる自治体の担当部署を確認する場合は、まず環境局に連絡するのがおすすめです。

まとめ

ペットの火葬の料金は、火葬施設の種類や火葬プラン、ペットの体重などによって変わっていきます。火葬施設はペット霊園と訪問火葬車の2種類があり、ペット霊園の方が比較的料金が高い傾向にあります。また、火葬プランは「合同火葬」「個別火葬」「立会火葬」の3種類があり、かかる費用がそれぞれ異なる点に注意が必要です。

その他にも、自治体に火葬を依頼するという方法もありますが、「一般廃棄物」として処理されてしまうため、安易に決めるのはおすすめできません。大切なペットのためにも、火葬プランと料金を吟味し、後悔のない火葬方法を選んであげましょう。


「火葬」に関する記事

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

直葬では、通夜や告別式を執り行わないため、一般葬よりも労力や時間を必要としません。そのため最近は直葬を選ぶ方が増えてきていますが、周囲から理解を得にくいなどのデメリットも多いので、実際に執り行う際は基本の知識を押さえておく必要があります。今回は直葬のメリット・デメリット、参列するうえでのマナーをご紹介します。また、直葬が増えた時代背景にも触れていきますので、興味をお持ちの方はぜひ読んでみてください。

火葬許可申請書はどこでもらえる?提出先や提出する手順を分かりやすく解説

火葬許可申請書はどこでもらえる?提出先や提出する手順を分かりやすく解説

大切なご家族が亡くなられた際、ご遺族はさまざまな準備や手続きが必要になります。その中でも、火葬許可証の発行は、火葬を行うために必要な手続きです。火葬許可証を発行してもらうには、市役所へ「火葬許可申請書」の提出をしなければなりません。しかし、火葬許可申請書をどこで手に入れれば良いのか、どのように手続きを行えば良いのかなど、手続きの際に困る方が多くいらっしゃいます。今回は、故人様が逝去されてから火葬許可申請書を入手し、火葬許可証を発行してもらうまでの流れを分かりやすく解説していきます。

ご逝去からご葬儀までの流れ|病院・自宅で亡くなった場合の手順も解説

ご逝去からご葬儀までの流れ|病院・自宅で亡くなった場合の手順も解説

ご葬儀は何度も経験するものではないため、「参列したことはあるけど、喪主としていろいろな手配をした経験はない」「ご葬儀に一度も関わったことがない」という方も多いです。不幸はいつどのようなときに起こるか分かりません。いざご葬儀の手配をする立場になった際、何もかも初めてのため、何から手をつけていいのか分からず慌ててしまうかもしれません。 今回は、いざというときが来ても慌てず対応できるよう、ご逝去からご葬儀までの流れや注意するべき点について解説していきます。

関連する記事「火葬」について

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

火葬許可申請書はどこでもらえる?提出先や提出する手順を分かりやすく解説

火葬許可申請書はどこでもらえる?提出先や提出する手順を分かりやすく解説

ご逝去からご葬儀までの流れ|病院・自宅で亡くなった場合の手順も解説

ご逝去からご葬儀までの流れ|病院・自宅で亡くなった場合の手順も解説

火葬式(直葬)の費用相場|内訳や安く抑えるコツを解説します

火葬式(直葬)の費用相場|内訳や安く抑えるコツを解説します