意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2020-01-31

お線香の正しいあげ方とマナーをご紹介!

弔問に伺った際やお墓参りの際、故人様の宗教が仏教であれば必ずお線香をあげます。弔問やお墓参りに欠かせないお線香ですが、宗派によってお線香をあげる本数に違いがあり、お線香をあげる際に決まったマナーがあることはご存じですか。

そこで今回は、お線香をあげるその時になって迷ったり慌てたりしないために、お線香の正しいあげ方やマナーについてご紹介します。

お線香の正しいあげ方とマナーをご紹介!

お線香の由来

弔問の際やお墓参りの際にお線香をあげるという行為ですが、この行為には3つの意味が込められていると言われています。

故人様の食べ物になるため

「死後の人間が食べるは匂いだけで、善行を行った死者は良い香りを食べる」という記述が仏教経典である「倶舎論(くしゃろん)」にあるように、故人様がお亡くなりになってから四十九日を迎えるまでは、線香を食べ物とすると仏教では考えます。これは「食香」と呼ばれ、地域や宗派によっては、四十九日を過ぎるまで線香の火を絶やさないように務めるのはこのためです。

自身の身を清めるため

仏教が生まれたインドでは、高貴な方と接する際は必ずお線香を焚く作法があります。これは、仏様が説教の中で、俗塵(ぞくじん)つまり、日常(俗世間)でいつの間にか汚れてしまった心を清めるためにお香を焚いて清めるよう説いたからだと言われています。

故人様と心を通わせるため

仏教では、お線香の煙には、それを通して仏様とお話をするという意味があります。つまり、お線香の煙が、あの世の故人様とこの世の私たちの橋渡しをしてくれるのです。お線香をあげて手を合わせ、故人様に思いを馳せ、自分がこの世に生まれたことを感謝することは、お線香によって故人様と心を通わせることに他なりません。

宗派によって変わるお線香の本数

お線香の本数を何本にするかは、その宗派によって決められています。日々のご供養はご自身の宗派で普段行っている作法の本数でお線香をあげましょう。なお、弔問先では故人様の信仰されていた宗派に合わせた本数でお線香をあげますが、故人様の宗派が分からない時は、事前にご遺族に確認しておきましょう。

以下に宗派ごとのお線香の本数やお線香の置き方についてまとめましたので、ご参考にしてください。

宗派 お線香の本数 お線香の置き方・立て方
天台宗・真言宗 3本 ※ お線香3本に同時に火をつけ、香炉の中に立てる。こちら側に1本、お仏壇側に2本と逆三角形になるように立てる。
浄土宗 1本 お線香に火をつけ、香炉の真ん中に立てる
浄土真宗本願寺派 1本を2本に折る お線香1本を2つに折り、その2本に火を同時につけ、香炉の中で火が左横になるように寝かせて置く。
真宗大谷派 1~2本を折る お線香1~2本を2つに折り、それらに火を同時につけ、香炉の中で火が左横になるように寝かせて置く。
臨済宗・曹洞宗・日蓮宗 1本 お線香に火をつけ、香炉の真ん中に立てる。

※天台宗や真言宗はお線香の本数は3本ですが、一般的に四十九日を迎えるまでは故人様の枕元に立てるお線香は1本だけになります。尚、四十九日前であっても、お仏壇にあげるお線香ならば3本であっても構いません。

お線香の立て方の注意点

お線香を1本立てる時は香炉の真ん中になるように立てますが、複数人でお線香をあげていく時は、香炉の空いているスペースにお線香を立てましょう。また、お線香を2本あげる時は、「2本くっつけて立てる」「間を空けて立てる」のどちらでも構いません。ただし、他の方がこれからお線香をあげる場合は、スペースを確保するために2本をくっつけて立てるのがよいでしょう。

先の「宗派によって変わるお線香の本数」で取り上げた天台宗と真言宗は、お線香を3本立てますが、お仏壇側に2本、こちら側に1本立てて、逆三角形になるように配置します。

マナー違反になる作法

お線香に火をつける時は、直接ライターなどで火をつけてはいけません。正しくは、ろうそくの火を使って、お線香の本数に関わらず、まとめて手に持ったお線香に火をつけます。ろうそくに火が灯っていない時は、まずろうそくに火をつけてからお線香に火をつけましょう。

また、火をつけたお線香に直接息を吹きかけて消すのもマナー違反です。10㎝程度下にスッと引いて消す作法もありますが、こちらは慣れていないと無理やり振り消しているような印象を与えてしまいますから、お線香を持った手と逆の手であおいで消しましょう。

弔問先でお線香をあげる手順

弔問でご遺族のお宅に到着したら、まずはご挨拶をして、それからお仏壇の前に進み、お線香をあげさせていただきます。

地域や地方によって異なることはあるものの、一般的なお線香のあげ方は以下のような流れになります。

自宅のお仏壇でお線香をあげる手順

地域や地方によって異なる事はあるものの、一般的なお線香のあげ方は以下のような流れになります。

まとめ

年齢を重ねるにつれて人間関係は広がり、ご葬儀や弔問の機会も必然的に増えていきます。なお、司式者や喪主からお線香のあげ方について指示があった場合は、そちらを優先して指示に従いましょう。

なにかと忙しい毎日を送る私たちですが、お墓参りやお仏壇に手を合わせる時は、お線香をあげて心を静めて、故人様やご先祖様と対話をしてみましょう。


「葬儀マナー」に関する記事

ご遺族がご弔問・ご会葬者に香典の辞退を伝えたい時は、どうしたらいいの?

ご遺族がご弔問・ご会葬者に香典の辞退を伝えたい時は、どうしたらいいの?

近年では故人様のご遺志や参列者の負担を減らすなどの理由から、ご遺族が香典の辞退を申し出ることが多くなってきました。とは言え、まだまだ香典の辞退に違和感を覚える人が多いのも事実。いざ自分が喪主になった時に、香典の辞退を参列者に失礼なく伝えるためにはどうすればよいのでしょうか。 そこで今回は、失礼なく香典辞退をお伝えする方法についてご紹介します。

喪主と施主の違いとは?ご葬儀における喪主と施主の役割やその決め方

喪主と施主の違いとは?ご葬儀における喪主と施主の役割やその決め方

ご葬儀におけるご遺族の代表者のことを指す言葉に、「喪主」と「施主」があります。喪主も施主も一度は耳にしたことがある言葉だとは思いますが、その違いをうまく説明できる方はあまり多くないのではないのでしょうか。 そこで今回は、ご葬儀における喪主と施主の違いやそれぞれの決め方などについてご紹介します。

死装束って何?死装束の意味や装具、今時のフューネラルドレスをご紹介

死装束って何?死装束の意味や装具、今時のフューネラルドレスをご紹介

故人様をお見送りする際にお着せする服が「死装束」です。死装束を故人様にお着せする慣習は古くから存在し、通常の着物とは着せ方が異なります。また、着物以外にも死装束には装具が多くあり、それぞれ意味がことなりますので、注意が必要です。 そこで今回は、死装束や他の装具の意味のほか、近年注目されているフューネラルドレスなどについてご紹介します。

七回忌法要の意味とは?執り行う時期や当日の流れ、必要な準備について

七回忌法要の意味とは?執り行う時期や当日の流れ、必要な準備について

近しい方が亡くなられると、決まった年に故人様を偲ぶ法要を執り行います。今回取り上げる七回忌もその1つです。七回忌では一周忌や三回忌と比べて、お招きする方を減らすなど規模を縮小するのが一般的ですが、準備に気は抜けません。 そこで今回は、七回忌を執り行う意味や七回忌法要を執り行う際の準備などについてご紹介します。

関連する記事「葬儀マナー」について

ご遺族がご弔問・ご会葬者に香典の辞退を伝えたい時は、どうしたらいいの?

ご遺族がご弔問・ご会葬者に香典の辞退を伝えたい時は、どうしたらいいの?

喪主と施主の違いとは?ご葬儀における喪主と施主の役割やその決め方

喪主と施主の違いとは?ご葬儀における喪主と施主の役割やその決め方

死装束って何?死装束の意味や装具、今時のフューネラルドレスをご紹介

死装束って何?死装束の意味や装具、今時のフューネラルドレスをご紹介

七回忌法要の意味とは?執り行う時期や当日の流れ、必要な準備について

七回忌法要の意味とは?執り行う時期や当日の流れ、必要な準備について

三回忌法要はいつ執り行うの?施主の決め方や準備するものなどをご紹介

三回忌法要はいつ執り行うの?施主の決め方や準備するものなどをご紹介