意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
動画でみる葬儀の知識へ動画でみる葬儀の知識
さいたま市の葬儀社セレモニーのHPへご葬儀はくらべて選ぶ時代
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2023-10-13

南無釈迦牟尼仏とは|意味合いや唱える宗派について解説いたします

仏教においては欠かせないお経の一つである南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)ですが、この言葉に含まれている根拠や主旨などは、理解できていない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、南無釈迦牟尼仏にはどういった意味が込められているのか、またどの宗派で用いられているのかを解説していきます。さらにご葬儀のマナーについても触れていきますので、ぜひ知識の一つとしてお役立てください。

南無釈迦牟尼仏とは

仏教には、様々な宗派が存在します。その中でも禅宗(ぜんしゅう)の一派になぞらえられている宗派で唱えるのが「南無釈迦牟尼仏」です。この念仏は、読経の最初に唱えられます。

南無釈迦牟尼仏の意味合い

南無釈迦牟尼仏の「南無」とは、古代インドのアーリア語に属するサンスクリット語のnamo(ナーモ)、もしくはnamas(ナマス)から日本へ伝わった言葉です。したがって、漢字自体に深い意味は込められていません。内容は帰依、あるいは帰命を意味しており、「対象を心の支えにして全てを任せます」「尊敬します」といった解釈になります。

また、「釈迦牟尼仏」とは、お釈迦様(釈迦如来)の尊称です。したがって、「南無」と「釈迦牟尼仏」が合わさると、「お釈迦様を敬い、御心のままに帰依します」との意味になるのです。

「南無釈迦牟尼仏」の念仏はあまり繰り返さない

主に南無釈迦牟尼仏を唱える禅宗では、坐禅による悟りに重きを置いています。そのため、お経を繰り返す日蓮宗のお題目などとは異なり、「南無釈迦牟尼仏」の言葉を繰り返すようなことはしません。

南無阿弥陀仏との違い

念仏といえば、一番知られているのが「南無阿弥陀仏(なみあみだぶつ)」ではないでしょうか。では、本記事で取り上げている「南無釈迦牟尼仏」との違いはどこにあるのでしょうか。それは、念仏を唱える宗派、そして崇める対象の仏様です。

南無釈迦牟尼仏と唱えるのは、禅宗一派の宗派である一方で、南無阿弥陀仏を唱えるのは、浄土真宗や浄土宗です。なお、浄土宗では南無阿弥陀仏を10回唱える十念(じゅうねん)と呼ばれる作法が存在します。

また、禅宗一派が帰依するのは釈迦牟尼仏(釈迦如来)でしたが、浄土真宗や浄土宗では、阿弥陀仏、いわゆる阿弥陀如来(あみだにょらい)を崇め、帰依しているのです。

南無釈迦牟尼仏を唱える宗派

南無釈迦牟尼仏を唱える禅宗は、臨済宗・曹洞宗・黄檗宗と大きく3つに分けられており、この宗派は日本三大禅宗と呼ばれています。

禅宗は、達磨大師(だるまだいし)が鎌倉時代に中国から日本へ伝えたものであるといわれており、お経を唱えるよりも主に坐禅(禅)での修行が行われます。この禅は禅定(ぜんじょう)とも呼ばれ、一切の雑念を払い、心を一点にのみ集中させて悟りを開く瞑想を示しているのです。

また、禅宗には不立文字(ふりゅうもんじ)という、「文字に頼らず悟りを開く」といった意味合いを持った教えもあります。不立文字に並ぶ教えとして、以心伝心(いしんでんしん)も存在します。言葉では語らずとも、人から人へ心を通わせることで教えを伝えていくという意味です。以心伝心で師匠から弟子に心で伝え、不立文字で言葉に縋らず修行を行うといった教えです。

禅宗には、その宗派ごとに様々な特徴があります。同じ禅宗同士とはいえ、それぞれ考え方や教えに違いがあることも覚えておきましょう。

臨済宗(りんざいしゅう)

臨済宗の開祖は、明菴栄西(みょうあんえいさい)という僧侶です。臨済宗が伝える教えの基本は、坐禅で開眼を果たすことですが、この修行には一風変わった特徴があります。それは、師匠が弟子に対して悟りを開くための課題を出し、弟子はそれに応えていくというものです。この禅問答を、公案(こうあん)といいます。

さらに、臨済宗のもう一つの特徴として、特定のご本尊を定めていない点が挙げられます。そこで、一般的に禅宗で拝まれる迦牟尼仏(釈迦如来)を崇め、南無釈迦牟尼仏を唱えるのです。

また、あくまで坐禅の修行がメインと考える臨済宗では、根本になる経典は存在しません。よく唱えられるお経は、観音経(かんのんぎょう)や般若心経(はんにゃしんぎょう)、開経偈(かいきょうげ)、坐禅和讃(ざぜんわさん)、大悲咒(だいひしゅう)などです。お経は、時と場合によって使い分けられます。

オススメ関連記事

臨済宗とは?歴史やご葬儀の流れ・マナーを簡単に解説します!

ご葬儀に参列するときに、その宗派のマナーが分からず、戸惑ってしまったことはありませんか。

ご葬儀に参列するときに、その宗派のマナーが分か...

続きを読む
臨済宗とは?歴史やご葬儀の流れ・マナーを簡単に解説します!

曹洞宗(そうとうしゅう)

曹洞宗の開祖は、唐の時代の禅僧・洞山良价(とうざんりょうかい)という僧侶です。曹洞宗が伝える教えの基本は、ただ一途に坐禅によって開眼を目指すものであり、坐禅を行う姿は仏の姿そのものであると解釈されています。

この坐禅は、只管打坐(しかんたざ)と呼ばれ、雑念を全て打ち払って悟りを開くまで坐禅を組むことに集中するといった意味が込められています。この修行法は、「実践とその結果は一つで等しい」という修証一如(しゅしょういちにょ)の教えに基づいたものです。すなわち「実践はそのまま結果に結びつくものだ」といった意味が込められています。

また、曹洞宗も特定のご本尊を定めていません。臨済宗と同様、釈迦如来を祀るのが一般的ですが、観世音菩薩と地蔵菩薩の二菩薩像を、放光菩薩としてご本尊とする寺院もあるようです。同じく南無釈迦牟尼仏を唱えます。

よく唱えられるお経は般若心経や法華経(ほけきょう)、正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)、伝光録(でんこうろく)、坐禅用心記(ざぜんようじんき)、修証義(しゅしょうぎ)、普勧坐禅義(ふかんざぜんぎ)、大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)です。お経は、時と場合によって使い分けられます。

黄檗宗(おうばくしゅう)

黄檗宗は、江戸時代に伝来した比較的新しい宗派であり、開祖は隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師です。隠元禅師は様々な食材や煎茶、音楽、建築などの文化を日本へもたらしました。

黄檗宗が伝える教えの基本は、やはり坐禅にあります。その基盤になっている考えが、正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)です。誰もが元々持っていると信じられている悟りに辿り着くため、坐禅を組みます。なお、悟りとは心の中に宿る阿弥陀仏を指しています。

また、黄檗宗でも南無釈迦牟尼仏を唱えますが、基本のお経は般若心経です。ただし、読経は日本語ではなく唐音(とういん)を踏みますので、般若心経とはいえ「まかはんにゃはらみたしんぎょう」とは唱えません。中国の読み方になりますので、発音は「ポゼポロミトシンキン」となります。

臨済宗のご葬儀の特徴

同じ禅宗でも宗派によってそれぞれの特徴にあるように、ご葬儀の方式においても様々な違いがあります。ここからは、臨済宗でのご葬儀について解説していきます。

臨済宗のご葬儀のマナー

臨済宗のご葬儀に参列する際に、服装については他の宗派と変わらないもので構いません。香典袋の表書きには、四十九日まで「御霊前」、それ以降は「御仏前」を記載するのも同様です。では、それ以外のマナーと、ご葬儀の流れを確認していきましょう。

オススメ関連記事

臨済宗のお葬式の特徴やマナー、式の流れを分かりやすく解説

仏教にはさまざまな宗派が存在しており、その中の臨済宗は「禅宗」のひとつとされています。この臨済宗は、お経を読んだ後に...

仏教にはさまざまな宗派が存在しており、その中の...

続きを読む
臨済宗のお葬式の特徴やマナー、式の流れを分かりやすく解説

臨済宗のご葬儀の流れ

では、臨済宗で執り行われるご葬儀の一般的な流れをご説明いたします。なお、臨済宗では、僧侶を導師と呼ぶのが一般的です。

①導師が入場し、授戒(じゅかい)と呼ばれる儀式が行われます。内容は、故人様の髪を剃る剃髪(ていはつ)、罪の許しを請う懺悔文(ざんげもん)、仏に帰依する三帰戒文(さんきかいもん)、次にお清めの儀式である三聚浄戒(さんじゅうじょうかい)や十重禁戒(じゅうじゅうきんかい)です。

②次に行われるのが、念誦(ねんじゅ)と呼ばれる儀式です。入龕諷経(にゅうがんふぎん)、龕前念誦(がんぜんねんじゅ)、起龕諷経(きがんふぎん)の順に、導師がお経を唱えていきます。最後の山頭念誦(さんとうねんじゅ)では、導師が往生咒(おうじょうしゅ)というお経を唱えながら、太鼓を打ち鳴らし、故人様のご冥福をお祈りします。

③最後に行う儀式は、引導(いんどう)です。導師が引導法語を唱え、その間に焼香が行われます。全ての方の焼香が終了すると、故人様にお別れをして出棺となります。

なお、会場や寺院、お住まいの地域によって順番や内容に違いが出る場合もあるかもしれません。不安な場合は、事前に葬儀社のスタッフに確認すると良いでしょう。

臨済宗のお焼香のマナー

臨済宗のご葬儀では、右手3本の指(親指、人差し指、中指)で抹香をつまみ、額へ押しいただかずに、そのまま香炉へくべます。なお焼香の回数は、会場や菩提寺によって異なります。

臨済宗の数珠のマナー

臨済宗で行われるご葬儀の数珠は、看経念珠(かんきんねんじゅ)を用いるのが正式なスタイルです。看経念珠には108個の石が組まれているので、一般的な数珠よりも長さがあります。したがって、二重に巻いてから左手へ掛けるようにします。

ただし、臨済宗を信仰している方々は、その多くが略式の数珠を使用しているため、もしお持ちでない場合、無理に購入する必要はありません。

まとめ

人生のどこかで南無釈迦牟尼仏を唱える機会があれば、この念仏に込められた意味を理解していることで、より感慨深い気持ちを持てるようになります。念仏への知識が深まれば、心はますます豊かになることでしょう。心の豊かさは、人生の豊かさにも繋がります。そのために、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。


記事の制作・編集
セレモニーコラム編集部

60年の歴史と実績のあるセレモニーのご葬儀専門ディレクターが監修。喪主様、ご葬家様目線、ご会葬者様目線から分かりやすくのご葬儀のマナー知識をお伝えします。


「葬儀知識・マナー」に関する記事

「お盆に海に入っていけない」といわれる理由を解説|川遊びは良いのか?風習について解説

「お盆に海に入っていけない」といわれる理由を解説|川遊びは良いのか?風習について解説

親御さんや祖父母の方などから、「お盆は海に入ってはいけない」などと忠告された経験がある方も多いのではないでしょうか。なぜそのような制約を受けなければならないのか、疑問に感じた方もいらっしゃるかと思います。 そこで当記事では、お盆に海へ入っていけないと考えられている具体的な理由を、さまざまな角度から解説していきます。

50代から終活をした方がいい?その理由と50代の終活でやるべきことを解説

50代から終活をした方がいい?その理由と50代の終活でやるべきことを解説

終活とは、円滑な人生の最期を迎えるために行う準備のことです。終活と聞けば、仕事を定年退職した方、もしくはそれ以上の年齢の方が行うというイメージが世間に広く浸透していることでしょう。しかしながら、まだ体力のある50代だからこそできる作業があるのです。 人生においてさまざまな安心感を得るためにも、早いうちからの終活はやっておいて損はありません。今回は、50代からの終活によってもたらされるメリットやデメリット、将来に役立つ終活のマメ知識についても解説していきます。

初盆(新盆)のお返しは必要?選び方や定番のお返しを解説します

初盆(新盆)のお返しは必要?選び方や定番のお返しを解説します

大切なご家族が亡くなった後に初めて迎えるお盆は、初盆(はつぼん)または新盆(にいぼん)と呼ばれています。初盆は、故人様が亡くなった後、魂が初めてこの世へ戻ってくる貴重な時期のため、法要を行って供養するのが一般的です。 初盆の法要には、ご家族やご親族、それに生前故人様と親しくしていた知り合いの方も参列することになるため、香典やお供え物を受け取ることになるでしょう。そこで本記事では、香典返しの必要性や用意すべきもの、お返しする場合のタイミングなどについてご紹介いたします。

お盆にお供えする料理はどうすればいい?定番料理や時期についても解説

お盆にお供えする料理はどうすればいい?定番料理や時期についても解説

お盆になると、ご先祖様や故人様の御霊を慰めるため、お供え物などを持ち寄ったご親族が大勢集まるご家庭も多いでしょう。お盆では、慰霊のためにお膳を作って祭壇へお供えし、集まった方々と共にお墓参りや食事会を行うのが一般的です。 そこで当記事では、お供え用の料理とはどのようなものを用意すべきなのか、その詳しい内容とタブー視されている食材、料理を供える時期について、詳しくご紹介していきます。

関連する記事「葬儀知識・マナー」について

「お盆に海に入っていけない」といわれる理由を解説|川遊びは良いのか?風習について解説

「お盆に海に入っていけない」といわれる理由を解説|川遊びは良いのか?風習について解説

50代から終活をした方がいい?その理由と50代の終活でやるべきことを解説

50代から終活をした方がいい?その理由と50代の終活でやるべきことを解説

初盆(新盆)のお返しは必要?選び方や定番のお返しを解説します

初盆(新盆)のお返しは必要?選び方や定番のお返しを解説します

お盆にお供えする料理はどうすればいい?定番料理や時期についても解説

お盆にお供えする料理はどうすればいい?定番料理や時期についても解説

初盆飾りはいつものお盆と何が違う?飾り方や必要なものをわかりやすく解説

初盆飾りはいつものお盆と何が違う?飾り方や必要なものをわかりやすく解説




埼玉・東京・千葉葬儀場のご案内