意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2020-09-25

車いすや杖でご葬儀に参列しても大丈夫?参列者側とご遺族側で気を付けることは?

車いすや杖でご葬儀に参列しても大丈夫?参列者側とご遺族側で気を付けることとは?

親しくされていた方やお世話になった方の訃報を受けた際は、なんとしてもご葬儀に参列したいと思う方も多いはずです。しかし、怪我や病気などのために車いすや杖をご利用されている方は、ご葬儀への参列を迷われるかもしれません。

そこで今回は、後悔なく故人様と最期のお別れができるよう、車いすや杖でご葬儀に参列する際に気を付ける点についてご紹介します。

まずはご遺族に連絡を入れる

ご遺族から訃報が届いたら、車いすや杖でご葬儀に参列をしたい旨をお伝えし、ご遺族から葬儀社や葬儀式場に車いすや杖でご葬儀に参列する方がいる旨を伝えていただきましょう。これは、直接葬儀社や葬儀式場に問い合わせてしまうことで、話の行き違いによって、当日混乱が起きてしまうことを防ぐためです。

また訃報が届いた際に、ご葬儀の日程の他に葬儀式場の情報も伝えられますので、葬儀式場がバリアフリー対応されているかを確認しましょう。バリアフリー対応されているか否かについては、ホームページなどから式場の様子を確認できるところもあります。しかし、式場によってはホームページだけでは細かい部分が分かりづらいこともあります。そのような場合は、式場に直接問い合わせて確認しておくとよいでしょう。なお、車いすを会場で借りる予定の方は、車いすの貸し出しを行っているかも確認しておきましょう。

お焼香での注意点

ご葬儀に車いすや杖で参列する際、葬儀式場のバリアフリー対応とは別の問題として、お焼香をどのように行うかという問題があります。葬儀式場自体はバリアフリー対応はしていても、部屋の大きさや参列者の数などによっては、焼香台までの通路が狭くなっており、焼香台まで進むのが難しいこともあります。このような場合、多くの葬儀式場ではスタッフが焼香炉を持ってきてくれますが、心配であれば、事前にスタッフにお願いをしておくとよいでしょう。なお、移動のスペースが確保されており焼香台まで移動できる場合でも、身を乗り出さなければいけない場合は、スタッフが焼香炉を移動させてくれます。

寺院やご自宅でのご葬儀に参列する場合はどうする?

これまでご紹介した内容は、葬儀式場でのご葬儀についてですが、ご葬儀は寺院や故人様のご自宅で行うことがあります。それらの場合では、少々事情が変わってきますので注意が必要です。

まず寺院に関してですが、寺院はバリアフリー対応がされていないところが多く、足元が砂利道になっていれば会場に辿り着くのは容易ではありません。そのため、介助してくださる方の付き添いができるのであれば、事前に手助けをお願いしておかなければいけません。

また、故人様のご自宅に関してですが、こちらに関しては寺院よりも慎重に参列の検討をしなければいけません。というのは、一般的な住居はバリアフリーに対応しておらず、移動がとても難しいのが現状です。

以上のことから、介助を頼める方がいらっしゃらない、もしくはその方の都合がつかない場合は、残念ですがご葬儀への参列を断念するということも考えておきましょう。その際は、「車いす(杖)のためご葬儀の参列が難しい」と伝えた上で、別途香典や供花などを送ることで弔意を表すことができます。他にもご遺族と日程を相談した上で、付き添っていただく方の都合が付く日に弔問して、お線香を上げていただいてもよいでしょう。

ご遺族側での対応

ご自身が車いすや杖でご葬儀に参列する場合だけでなく、ご遺族側の場合にご葬儀に車いすや杖でご葬儀に参列する方がいらっしゃる時の対応についてもご紹介します。

まず、訃報の連絡を入れた時にすでに車いすや杖でご葬儀に参列することが分かっている場合は、すぐに葬儀社の担当者に連絡を入れ、会場まで問題なく進めるかどうかの確認のほか、席次や焼香の補助などの段取りを相談しておきましょう。段取りの確認が取れ次第、参列者に連絡を入れ、予定している対応についてお伝えしましょう。このように、参列者や葬儀社と事前に対応や動線について決めておけば、他の方から連絡があった際も問題なく対応ができます。

まとめ

事前の確認や共有ができていれば、車いすや杖でご葬儀に参列することは難しいことではありません。当日のトラブルを避けるためにも、事前にご遺族に連絡を入れ、事故がないように参列しましょう。大切なのは、お互いの立場を気遣い合って、参列者全員が故人様の冥福を祈れるように配慮することです。


「葬儀知識」に関する記事

「喪中見舞い」の意味とマナー。喪中見舞いを送るタイミングや書き方とは?

「喪中見舞い」の意味とマナー。喪中見舞いを送るタイミングや書き方とは?

日本には古くから年末年始に年賀状を送り合う慣習があります。新年の挨拶と近況の報告が書かれているため、受け取る側は相手の近況を知ることができる非常に楽しみな便りですが、喪中を迎えられている場合は、年賀状を送ることができません。そこで、年賀状の代わりにお送りするのが「喪中見舞い」になります。 そこで今回は、喪中見舞いの意味や送り方、タイミングなど、喪中見舞いをお送りする場合のマナーについてご紹介します。

お墓の移転・撤去はどうすればいいの?改葬を執り行う際の手続きや流れ

お墓の移転・撤去はどうすればいいの?改葬を執り行う際の手続きや流れ

近年、「実家のお墓が遠くてお墓参りが大変」「親族のお墓が複数あるため1つにまとめたい」などの理由から、お墓を今ある場所から他の場所に移して供養する「改葬」をされたいというご相談を受けることが増えてきました。「改葬」という言葉自体あまり馴染みのないものですから、ご不安なことも多いと思います そこで今回は、お墓の改葬の手順や必要な手続き、注意点などについてご紹介します。

危篤とはどういう状態?危篤を告げられた時の心構えや危篤時に行うべきこととは?

危篤とはどういう状態?危篤を告げられた時の心構えや危篤時に行うべきこととは?

ご家族が入院している病院から危篤の連絡が入ったら、どうすればよいのでしょうか。このような辛い状況に直面してしまうと、大きなショックを受けてパニックになったり、右往左往してしまう方も少なくないと思います。しかし、ご家族の緊急事態ですので、やるべきことに迅速に対応しなければいけません。 そこで今回は、落ち着いて対応するためにも、ご家族が危篤に陥った時にやるべきことについてご紹介します。

霊供膳は何を用意すればいいの?霊供膳の料理や盛り付け、宗派ごとの並べ方

霊供膳は何を用意すればいいの?霊供膳の料理や盛り付け、宗派ごとの並べ方

法事・法要などの際にお仏壇にお供えする精進料理のお膳を「霊供膳(れいぐぜん/りょうぐぜん)」と言います。日常生活ではあまり馴染みがありませんが、法事・法要などの供養の場面において欠かせないお供えの1つになります。 そこで今回は、霊供膳の意味や献立、宗派ごとの並べ方などの霊供膳のマナーなどについてご紹介します。

関連する記事「葬儀知識」について

「喪中見舞い」の意味とマナー。喪中見舞いを送るタイミングや書き方とは?

「喪中見舞い」の意味とマナー。喪中見舞いを送るタイミングや書き方とは?

お墓の移転・撤去はどうすればいいの?改葬を執り行う際の手続きや流れ

お墓の移転・撤去はどうすればいいの?改葬を執り行う際の手続きや流れ

危篤とはどういう状態?危篤を告げられた時の心構えや危篤時に行うべきこととは?

危篤とはどういう状態?危篤を告げられた時の心構えや危篤時に行うべきこととは?

霊供膳は何を用意すればいいの?霊供膳の料理や盛り付け、宗派ごとの並べ方

霊供膳は何を用意すればいいの?霊供膳の料理や盛り付け、宗派ごとの並べ方

ご自宅でご家族が亡くなられていたらどうする?対応方法やご葬儀までの流れとは?

ご自宅でご家族が亡くなられていたらどうする?対応方法やご葬儀までの流れとは?