意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2021-03-26

お墓の永代使用料とは?地域ごとの相場や永代供養料・管理費との違いとは?

お墓の永代使用料とは?地域ごとの相場や永代供養料・管理費との違いとは?

お墓を検討する際によく聞くのが「永代使用料」になります。似たような言葉に永代供養料や管理料がありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。お墓には費用に関する言葉にはその他にもいくつかありますので、混乱される方も少なくないと思います。

そこで今回は、永代使用料とはどういうものなのか、永代使用料の相場などについてご紹介します。

永代使用料とは?

永代使用料(えいたいしようりょう)は、お墓の土地(墓地)を使用する権利を得るために支払う料金のことを言います。分かりやすく言えば「墓地代」とも置き換えることができます。

永代使用料は、墓地の管理を行っている寺院や霊園に支払います。支払いが完了すると「墓地の使用許可証(永代使用承諾書)」が発行されて、墓地を使用することができるようになります。

なお、お墓の永代使用料を支払うタイミングとしては、墓地を契約する際の一度だけになります。「永代使用料は毎年払うの?」と心配される方もいらっしゃいますが、毎年払うものではありませんので、ご安心ください。

永代使用料は「使用権」であって「所有権」ではない

よく勘違いをされる方がいらっしゃいますが、永代使用料を支払うことで得られるのは、墓地の「所有権」ではなく、「墓地を使用する権利」になります。

墓地の所有者は管理者、寺院墓地であれば住職、公営霊園であれば自治体の首長になります。そのため、墓じまいなどにより墓地が不要になったからといって、墓地を勝手に貸したり、売ったりすることはできません。不要になった墓地は管理者に返還しなくてはいけません。返還したとしてもお金が戻ってくることもありません。

永代使用料の相場

永代使用料は、マンションやアパートなどと同様に、立地条件・広さ・設備などによって価格が変動します。また地価にも比例するため、地域差による価格の変動が大きいのも特徴です。

全国的な相場としては、大体60~100万円になります。以下では約1.20平米の面積で算出した大まかな相場についてまとめましたので、ご参照ください。

地域 永代使用料
埼玉県 約30~50万円
東京23区 約160~200万円
東京23区外 約40~60万円
千葉県 約20~40万円
神奈川県 約40~60万円

永代供養料や管理費との違い

永代使用料と言葉や意味が似ているものに、「永代供養料」と「管理費」があります。それぞれ永代使用料とはどのような違いがあるのでしょうか。以下ではそれぞれの違いについてまとめていきましたので、ご参照ください。

永代供養料との違い

永代使用料が墓地の使用権を得るために支払うものであるのに対し、永代供養料は「ご遺骨を永代にわたって供養してもらうために支払うもの」になります。永代供養料について、より詳しく説明すると、お墓の維持管理を自分たちで行うことが難しくなった際に、代わりにお寺や霊園の管理者に供養をしてもらうのに必要なお金になります。

近年では、少子高齢化の影響によってお墓を守る承継者がいなくなってしまい、墓じまいをされる方が増えてきています。永代供養料はそのような課題を抱えていらっしゃる方が、供養を自分たち以外にお願いをするときにかかる費用になるのです。

管理費との違い

永代供養料のほかに、もう1つ永代使用料と勘違いされることが多いのが、「(お墓の)管理費」になります。

永代使用料は墓地を使用する権利を得るために支払うお金であり、支払うタイミングとしてはお墓を契約したタイミングのみになります。それに対して管理費は、お寺や霊園の維持のために毎年支払う「維持費用」になります。

お寺や霊園にも施設や設備があり、それらを維持するには私たちと同様にお金が必要になります。そのため、私たちがお墓参りをする際に、安全・快適に利用するために、毎年管理費を支払うのです。

まとめ

今回取り上げた永代使用料や永代供養料などは、お墓の今後を考える上で非常に大切な知識になりますので、きちんと身に付けておきましょう。なお、永代供養料は今回の記事で取り上げたように地域によって変わってきます。立地条件のよい場所や人気の霊園などはすぐに墓地(区画)が埋まってしまうため、見学されて気に入った場所があれば一度仮申し込みしてもよいでしょう。


「お墓」に関する記事

納骨式を執り行うタイミングとは?必要な準備や納骨式当日の流れもご紹介

納骨式を執り行うタイミングとは?必要な準備や納骨式当日の流れもご紹介

火葬後のご遺骨をお墓や納骨堂に納める儀式が「納骨式」です。この納骨式は故人様を偲びながら供養するとても大切な儀式の1つになりますが、いつ、どのように執り行われるものなのでしょうか。また、納骨式に参列する際にはどのようなマナーがあるのでしょうか。 そこで今回は、納骨式を執り行うタイミングや事前準備、当日の流れなどについてご紹介します。

意外と知らない墓地と霊園の違い。それぞれの特徴とお墓を建てるまでの流れ

意外と知らない墓地と霊園の違い。それぞれの特徴とお墓を建てるまでの流れ

「墓地」「霊園」「墓所」などの言葉を聞けば、たいていの方はお墓のことだと分かると思いますが、墓地や霊園、墓所の違いはなんなのか聞かれた場合、細かくは分からないという方も少なくないと思います。仏事に関しては分かりにくいものが多いのも事実。しかし、意味が分からないと勘違いのもとになってしまうことも考えられます。 そこで今回は、墓地と霊園の違いや墓地・霊園探しからお墓を建てるまでの流れなどについてご紹介します。

納骨堂とは?多種多様なタイプや一般墓との違いなどについてご紹介

納骨堂とは?多種多様なタイプや一般墓との違いなどについてご紹介

樹木葬や散骨などの新たなお墓の形として注目されてきているのが「納骨堂」になります。近年の核家族化や埋葬に関する価値観の多様化などによって、先祖代々の墓という従来の概念にとらわれず、ご自身やご家族のライフスタイルにあったお墓を求められる方が増えてきているのが要因だとされています。 そこで今回は、近年注目されている納骨堂に関して、その特徴や種類、相場などをご紹介します。

関連する記事「お墓」について

納骨式を執り行うタイミングとは?必要な準備や納骨式当日の流れもご紹介

納骨式を執り行うタイミングとは?必要な準備や納骨式当日の流れもご紹介

意外と知らない墓地と霊園の違い。それぞれの特徴とお墓を建てるまでの流れ

意外と知らない墓地と霊園の違い。それぞれの特徴とお墓を建てるまでの流れ

納骨堂とは?多種多様なタイプや一般墓との違いなどについてご紹介

納骨堂とは?多種多様なタイプや一般墓との違いなどについてご紹介

お墓を持たない・持っていない方の供養はどうする?様々な供養の方法をご紹介

お墓を持たない・持っていない方の供養はどうする?様々な供養の方法をご紹介