意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2021-04-02

盛り塩を自宅に置く場合はどうすればいい?盛り方や置き方、処分方法などもご紹介

盛り塩を自宅に置く場合はどうすればいい?盛り方や置き方、処分方法などもご紹介

よく家の玄関先やお店の前などで山のような形で塩が盛られているのを見たことある方は多いと思います。これを「盛り塩」といい、日本では古くから玄関先やお店の前などに置かれていました。

そこで今回は、「盛り塩」の意味やその効果などについてもご紹介します。

盛り塩の歴史と由来

盛り塩の歴史に関しては諸説ありますが、中国の古い故事から始まったとされています。日本では奈良時代や平安時代には伝わっており、盛り塩を家の戸口にしていた記録が残っています。

盛り塩は「厄除け」や「魔除け」として現在では行われるのが一般的です。しかし、塩はかつて非常に貴重なものであり神聖なものであるとされていました。そのため、神具として神棚に供えられていたり、盛り塩を敷地内に置くことでその土地や住人に力を得ることができると考えられていたとされています。

盛り塩で使用する塩は何でもいいの?

盛り塩で使用する際の塩に関しては、こうでなくてはいけないというものはありませんが、ご心配な方は「粗塩」もしくは海水100%で無添加のものを選んでおくとよいでしょう。なお、食塩は食用に作られた塩のため、盛り塩にはあまり適さないとされていますので注意しましょう。

盛り塩を盛り方や置く場所などについて

盛り方や置き方

塩の盛り方としては、皆さん一度は目にしたことがあるような山の形に盛り、先端をとがらせるようにします。もし、うまく塩がうまく盛れないという方がいらっしゃるようであれば、盛り塩専用の型が神社やお店で購入できますので、そちらを利用するとよいでしょう。

塩を盛る際には基本的に丸型の平皿を使用します。しかし、そのような皿が無い場合には、白い無地の正方形の紙で代用しても問題はありません。

盛り塩を置く場所

基本的に盛り塩は家の中心から見て、東西南北と表鬼門にあたる北北東、裏鬼門にあたる南南西に置くようにしましょう。しかし、しっかり家の中心を把握していないとあまり意味がないため、家の中心が曖昧な方については、盛り塩を人の出入りが多い玄関から置いておくようにするとよいでしょう。

また、玄関以外にも、邪気が溜まりやすい場所とされている洗面所やキッチンなどの水まわりなどに置くのもよいでしょう。

盛り塩を替えるタイミング

盛り塩は最低でも月2回は交換、例えば毎月1日と15日くらいに取り換えるとよいでしょう。なお、盛り塩を取り換える際には、同時に盛り塩を盛ってある皿もきれいにしておきましょう。

盛り塩を処分するにはどうすればいいの?

先述した項目で盛り塩を替えるタイミングについて取り上げましたが、盛り塩を交換した際にでた古い盛り塩の処分はどうすればいいのでしょうか。

一般的に盛り塩の処分に関しては「盛り塩を置いた場所で処分する」とされていますが、玄関や部屋の中で盛り塩を置いた場合、その場で処分するというわけにはいけません。そのような場合はキッチンに流すのがよいとされています。その際には、「お役目ありがとうございます」と感謝して処分するとよいでしょう。

なお、やってはいけない盛り塩の処分方法としては、「食用として使用する」ということです。悪い気をたくさん含んだ塩を体に取り込まないようにしましょう。

まとめ

盛り塩を置くことで、悪い気を祓うほかにも運気が上昇するとも言われています。しかし、ただ単純に盛り塩を置いたからといって効果を得られるというわけではなく、きれいな環境を整えて気持ちのよい空間を作ることが大切です。


「葬儀知識」に関する記事

電話でお悔やみを伝える際はどうすればいい?電話で伝える際のマナーについて

電話でお悔やみを伝える際はどうすればいい?電話で伝える際のマナーについて

親交があった方が亡くなられたら電話で訃報の連絡をいただくことがあります。この場合、どのようにお悔やみを伝えればいいのか分からない方も少なくないのではないでしょうか。人の死は非常に繊細なことですので、しっかりとマナーを理解して失礼にならないように振る舞いたいものです。 そこで今回は、故人様の死をご遺族様と共に哀しむだけでなく、ご遺族への最大限の配慮をするためにも電話でお悔やみを伝える際のマナーなどについてご紹介します。

納骨式を執り行うタイミングとは?必要な準備や納骨式当日の流れもご紹介

納骨式を執り行うタイミングとは?必要な準備や納骨式当日の流れもご紹介

火葬後のご遺骨をお墓や納骨堂に納める儀式が「納骨式」です。この納骨式は故人様を偲びながら供養するとても大切な儀式の1つになりますが、いつ、どのように執り行われるものなのでしょうか。また、納骨式に参列する際にはどのようなマナーがあるのでしょうか。 そこで今回は、納骨式を執り行うタイミングや事前準備、当日の流れなどについてご紹介します。

ご葬儀での価格を誤認させる業者にご注意を!

ご葬儀での価格を誤認させる業者にご注意を!

消費者が店舗やインターネットで目にする価格表示は、2021年4月1日から消費税を含めた「総額表示」にすることが義務付けられました。そのため、これまで税抜き価格を記載していた場合には価格表示を変更する必要があるのですが、業者によっては価格を誤認させてしまうような表示が見受けられます。 そこで今回は、故人様を気持ちよく、そして後悔なくお見送りするためにも、気を付けるべき総額表示とはどういうものなのか、そもそも「総額表示」とはどういうことなのかについてご紹介します。

検視が必要になるのはどんな時?検死との違いや検視の流れについてご紹介

検視が必要になるのはどんな時?検死との違いや検視の流れについてご紹介

病院で亡くなられた場合、医師による診断を受けた後に死亡診断書が発行されます。しかし、ご自宅や外出先などで亡くなられ、医師による死亡診断書の作成ができない場合には「検視」という手続きが必要となります。 そこで今回は、そもそも検視とはどういうものか、検視がどのような場合に行われるのかなどについてご紹介します。

関連する記事「葬儀知識」について

電話でお悔やみを伝える際はどうすればいい?電話で伝える際のマナーについて

電話でお悔やみを伝える際はどうすればいい?電話で伝える際のマナーについて

納骨式を執り行うタイミングとは?必要な準備や納骨式当日の流れもご紹介

納骨式を執り行うタイミングとは?必要な準備や納骨式当日の流れもご紹介

ご葬儀での価格を誤認させる業者にご注意を!

ご葬儀での価格を誤認させる業者にご注意を!

検視が必要になるのはどんな時?検死との違いや検視の流れについてご紹介

検視が必要になるのはどんな時?検死との違いや検視の流れについてご紹介

故人様の命日はどうやって過ごせばいい?お供え物の選び方や注意点もご紹介

故人様の命日はどうやって過ごせばいい?お供え物の選び方や注意点もご紹介