意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2021-11-12

香典返しを郵送・宅配してもいいの?その場合の注意点や挨拶状の文例もご紹介

香典返しは本来、「四十九日を終えた後に、手渡しでお贈り」していましたが、現在では時代の流れや社会情勢もあり、直接手渡しするのが難しい場合、郵送や宅配便でお贈りすることが主流になってきました。香典返しは故人様の代わりとしてお贈りするという意味もありますので、故人様のためにも失礼がないようにしたいものです。

そこで今回は、香典返しを郵送もしくは宅配便でお贈りする際の注意点などについてご紹介します。

香典返しを郵送・宅配便でお贈りするのは失礼?

ご葬儀当日に香典返しをしなかった場合、香典返しの品物は、四十九日法要を執り行って忌明け後にご葬儀にご会葬いただいた方々のご自宅にお伺いし、手渡しするにこしたことはありません。しかし、香典返しを郵送や宅配便でお贈りすることはマナー違反ではありませんのでご安心ください。「郵送は失礼かな……」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、以下のようなケースであれば、郵送や宅配便の方が嬉しいこともあります。

・遠方にお住まいの方に香典返しをお贈りする場合
・社会情勢的に直接お会いするのが難しい場合
・香典返しの品物が重いまたはかさばる場合
・郵送で香典をいただいた場合

郵送・宅配便でお贈りする際の梱包方法

香典返しの品をお贈りする際の梱包に関して、場合によっては失礼な行為になってしまうこともあります。以下で注意すべき項目についてまとめましたのでご参照ください。

のし紙(掛け紙)を付ける

香典返しを郵送または宅配便でお贈りする場合、先方からいただいた弔意に対する感謝を伝えるためにも、礼を欠くことがないように「のし紙(掛け紙)」を付けて香典返しの品をお贈りするようにしましょう。

香典返しの品に付けるのし紙(掛け紙)は、「黒白の結び切り」で水引が描かれているものを選びましょう(地域によっては「黄白の結び切り」を使用することもあります)。表書きについては、宗教によって異なり、仏式の場合は水引の上段に「志」、下段の名入れ箇所に喪主の名前を書きましょう。なお、神式やキリスト教式の場合は、「偲び草」と書くとよいでしょう。

送り状を書く際の注意点

送り状の品名欄をどう書くかを迷われることもあると思います。その場合は「香典返し」「雑貨」「食品」といった書き方ではなく、「菓子」「お茶」などと具体的な内容品を書くとよいでしょう。

やってはいけない梱包

郵送や宅配をする際に、ゆうパックや宅配便の送り状をのし紙(掛け紙)がかかっている包装紙や箱に直接貼るのはマナー違反になりますので注意しましょう。そのため、別の新しい紙袋を用意して、そちらで香典返しを包み、新しく用意した紙袋に送り状を貼り付けましょう。なお、紙袋に関しては必ず新品のものを用意しましょう。

郵送・宅配便でお贈りする際のおすすめの品とは?

香典返しを郵送または宅配便でお贈りしする際は、品物の賞味期限などの保存期間に注意しなくてはいけません。これは、手渡しする場合でも同様ですが、郵送や宅配便でお贈りするようであればなおさらです。そのため、香典返しの品として一般的なのが、日持ちする食品や保存期間が問われない日用品などが選ばれるのが選ばれています。

<おすすめの品>
・消えもの(お菓子/お茶)
・タオル
・洗剤
・カタログギフト

郵送・宅配する場合は必ず挨拶状を添える

香典返しの意味としては、「四十九日法要(忌明け法要)を執り行ったことを伝えるとともに、香典をいただいたこに対する感謝の気持ちを表す」ものです。そのため、品物だけを郵送または宅配便でお贈りするのはマナー違反とされており、必ず挨拶状(お礼状)を添えるようにしましょう。その際の注意点について以下にまとめさせていただきます。

香典返しよりも先に挨拶状をお送りするとより丁寧

挨拶状は、香典返しの品に添えてお送りしても問題はありませんが、より丁寧にしたいのであれば、香典返しの品をお送りする前に挨拶状(お礼状)をお送りし、その後に香典返しの品をお贈りするとよいでしょう。

香典返しの品を受け取る側にとっても、香典返しの品がいつ頃到着するかの目安となるので、安心して受け取ってもらえるでしょう。

挨拶状の書き方と文例

香典返しの品に添える挨拶状では、「句読点を打たない」のが一般的です。以下に文例をまとめましたのでご参照ください。

先日はご多忙の中 亡父〇〇〇〇の葬儀にご会葬賜り かつご丁重なご厚志を賜りまして 誠にありがたく厚く御礼申しあげます
葬儀の際は万事至らぬことが多く 大いに申し訳なく存じております
皆様のお陰をもちまして 〇月〇日に四十九日の法要を滞りなく済ませることができました
つきましては 供養のしるしとして心ばかりの品をお送りいたします
何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます
本来であれば拝眉の上にてお礼申し上げるべきところ 略式ながらも書中をもちましてご挨拶とさせていただきます

まとめ

香典返しを手渡しするのか郵送・宅配するのかにかかわらず、いずれにしろ相手に心からの感謝の気持ちでもって贈り物をするということに変わりはありません。そのため、しっかり感謝の気持ちをお伝えするためにも、香典返しをお贈りしましょう。


「香典返し」に関する記事

初七日法要のお返しとは|費用相場や渡すタイミング、添える手紙の例文を紹介

初七日法要のお返しとは|費用相場や渡すタイミング、添える手紙の例文を紹介

初七日法要とは、故人様が亡くなられてから初めて執り行う追善供養です。法要を行った際、参列者から香典をいただくことがありますが、「初七日法要でも香典返しは必要?」「のしや表書きの書き方は?」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。今回は、初七日法要のお返しに最適な品物の選び方・渡すタイミング・金額相場・用意する際のマナーなどについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

忌明けとは?行うべきことや忌中に避けるべきことを紹介します!

忌明けとは?行うべきことや忌中に避けるべきことを紹介します!

ご遺族が喪に服す期間は、故人様が亡くなられてから49日間といわれています。「忌明け(きあけ・いみあけ)」とは喪が明ける日のことを指し、忌明けによってご遺族は通常の生活に戻ることになります。 そのため、忌明けにあわせて開眼法要(かいがんほうよう)や納骨法要(のうこつほうよう)など、さまざまな儀式を執り行うことが多いです。法要を執り行うにあたり、香典返しの準備や挨拶状の作成と儀式の他にも行うことは多々あります。 初めて忌明けを迎える方の場合、何をどう行えば良いのか分からないという方も多いでしょう。年末付近に不幸があったときには、新年のお祝いや年賀状などにも気を配らなければなりません。 本記事では、忌明けで用意しなければならないものや行うべき儀式、避けるべきことなど、忌明けを初めて迎える方や前回の忌明けから年月が経っている方に向けて解説します。

住所が分からない方への香典返しはどうする?その場合の対処法についてご紹介

住所が分からない方への香典返しはどうする?その場合の対処法についてご紹介

ご家族が亡くなられると喪主やご遺族はご葬儀の準備だけでなく、様々な手続きを進めていかなくてはいけません。そのような中で、いただいた香典の中に住所が明記されていないこともあります。しかし、ご葬儀中は確認する余裕がないために、香典返しの段階になって住所が分からないということもあるでしょう。 そこで今回は、香典返しをお贈りする際に住所が分からない時の対応についてご紹介します。

関連する記事「香典返し」について

初七日法要のお返しとは|費用相場や渡すタイミング、添える手紙の例文を紹介

初七日法要のお返しとは|費用相場や渡すタイミング、添える手紙の例文を紹介

忌明けとは?行うべきことや忌中に避けるべきことを紹介します!

忌明けとは?行うべきことや忌中に避けるべきことを紹介します!

住所が分からない方への香典返しはどうする?その場合の対処法についてご紹介

住所が分からない方への香典返しはどうする?その場合の対処法についてご紹介

香典返しを辞退されたどうすればいい?辞退される理由やその際の対応について

香典返しを辞退されたどうすればいい?辞退される理由やその際の対応について