意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2022-08-26

妊婦がお葬式に参列しても良い?服装やマナー・注意点を解説します!

妊娠中に訃報を受けた際、「体調面を考慮して参列を控えたいけど失礼にあたらないだろうか」「ご葬儀には参列したいけど妊婦が参列しても良いのだろうか」などと悩む方は多くいらっしゃいます。

特に臨月でおなかの大きくなった妊婦にとっては、喪服を着ることができず、苦労することも少なくありません。今回は、ご葬儀における妊婦の服装マナーについて詳しく解説しますので、お悩みの方は参考にしてみてください。

妊婦がお葬式に参列しても問題ない

妊婦がご葬儀に参列するのはマナー違反ではありません。一昔前であれば、「妊婦はご葬儀へ行ってはいけない」といった迷信もありましたが、現代ではほとんど言われることはなくなったので、参列しても問題ありません。ご葬儀は故人様のご冥福を祈ったり、最後のお別れをしたりする場であるため、参列するにあたって妊婦かどうかは関係ないのです。

妊婦はお葬式に無理して参加する必要はない

妊娠中は体調が不安定な時期であり、特に妊娠初期は気持ちが悪くなってしまって体調を崩してしまうといったことが多くあります。そのため、少しでも不安を感じた場合、参列を辞退するのもひとつの方法です。

仮に参列を辞退しても、香典と一緒に弔電や手紙でお悔やみの手紙を郵送して弔意を表せば問題はありません。ご葬儀に参列するかどうかは、自身の体調を見ながら決めるようにしましょう。

妊婦がお葬式に参列する際の服装

ご葬儀に参列する際、服装選びで悩む方も少なくありません。特に臨月ではおなかがかなり大きくなっているため、普段着ている喪服が入らなくなってしまいます。

マタニティ用の喪服も販売されていますが、無理に用意する必要はないでしょう。次の項目では、妊婦がご葬儀に参列する際の服装について解説していきます。

妊娠初期でおなかの膨らみがそこまで目立たない場合は、普段着ている喪服を着用しても問題はありません。おなかが徐々に膨らんでくる妊娠中期の場合は、黒や紺色のゆったりとしたシンプルなワンピースを着用しましょう。また、冷え対策に黒の羽織ものを持っていくのもひとつの方法です。

ただし、黒であれば何でも良いというものではありません。光沢のある素材はご葬儀にふさわしくないため、避けるようにしましょう。なるべく体に負担がかからないよう、快適さや動きやすさを優先して着る服を選ぶようにしてください。

ご葬儀では、長い時間立ちっぱなしになる場合もあるため、靴はできればヒールの低いものが望ましいです。また、靴の色は黒を選びますが、服と同じように光沢のある素材は避けましょう。なお、スエードの生地もふさわしくありません。

アクセサリー

アクセサリーは基本的に結婚指輪以外つけないのがマナーです。ただし、真珠のネックレスやイヤリング・ピアスに関してはつけても問題ありません。

真珠のネックレスをつける際は、必ず一連になっているものかどうか確認しましょう。二連になっているものは「不幸が繰り返される」「不幸が二重に重なる」といった意味を持っているため、ご葬儀ではつけないのがマナーです。

メイク

メイクは薄くナチュラルに仕上がるよう心がけましょう。赤い口紅や濃いチークは、ご葬儀の場においてふさわしくないからです。髪形は清潔感を意識してセットし、もしロングヘアであれば1つに結わえましょう。

妊婦がお葬式に参列する際の注意点

最後に、妊婦がご葬儀に参列する際に注意しておきたいポイントについて解説していきます。体調面でのリスクや地方の迷信など、事前に把握しておきましょう。

①体調に注意する

参列中、お線香の香りで気持ち悪くなってしまう方がいらっしゃいます。特に妊娠初期は体調の変化が起こりやすい時期のため注意が必要です。

また、ご葬儀では長い時間同じ姿勢でいなければならず、場合によっては体調を崩してしまう可能性があります。少しでも体調が悪くなりそうと感じたら、一度席を外して休むようにしましょう。

②他の参列者に心配をかける可能性がある

妊婦がご葬儀に参列すると、他の参列者は心配したり気を遣ってくれたりします。また、ご葬儀の最中に体調が崩れてしまった場合、喪主の方に迷惑をかけてしまうおそれがあります。

過度に恐縮する必要はありませんが、他の参列者の方が心配するということを頭の片隅に留めておくようにしましょう。

③地域によっては、参列をしてはいけない習わしがある

今はほとんど言われなくなりましたが、一昔前は「妊婦はご葬儀に参列するべきではない」といった習わしがありました。迷信の種類はさまざまですが、代表的な理由は下記の3つです。

・妊婦がご葬儀に参列すると生まれてくる赤ちゃんにあざができる

・おなかの赤ちゃんがあの世に連れていかれる

・おなかの赤ちゃんが霊に取り憑かれる

これらはいずれも科学的な根拠はありません。しかし、このような習わしのある地域も少なからず存在するので、気になる方は事前に確認しておくと良いでしょう。

なお、上記で紹介した習わしは対策法も存在しています。たとえば、鏡を外側に向けておなかに仕込んでおく、おなかに赤い布を巻くといったものですが、深刻に考える必要はないといえるでしょう。

まとめ

妊婦がご葬儀に参列するのはマナー違反ではありません。しかし、「妊婦はご葬儀に参列するべきではない」といった迷信を信じている地域も存在するので、喪主に参列しても良いかどうか一度確認しておくことをおすすめします。

参列する際は母子の健康を第一優先とし、服装はゆったりとした動きやすいものを選び、無理をしないよう配慮した行動を心がけましょう。


「服装」に関する記事

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

直葬では、通夜や告別式を執り行わないため、一般葬よりも労力や時間を必要としません。そのため最近は直葬を選ぶ方が増えてきていますが、周囲から理解を得にくいなどのデメリットも多いので、実際に執り行う際は基本の知識を押さえておく必要があります。今回は直葬のメリット・デメリット、参列するうえでのマナーをご紹介します。また、直葬が増えた時代背景にも触れていきますので、興味をお持ちの方はぜひ読んでみてください。

偲ぶ会とは|当日の流れや服装・香典に関するマナーも解説します

偲ぶ会とは|当日の流れや服装・香典に関するマナーも解説します

偲ぶ会は、「故人様のご葬儀には参列できなかったけれど、きちんとお別れをしたい」といった方のために開かれます。しかし、偲ぶ会は宗教的な儀式ではなく、これまで一度も参列したことがない方も多いです。そのため、案内が届いた際、「一体どのような服装をしていけば良いのか、守るべきマナーはあるのか?」と悩んでしまうでしょう。今回は、偲ぶ会の基本的な知識から、当日の流れや服装・香典のマナーについて解説していきます。本記事をご覧いただき、「偲ぶ会とは何なのか」についての大枠を把握しましょう。

お葬式でネイルはどうする?オフせず隠す方法やメイクや髪型の注意点も解説します

お葬式でネイルはどうする?オフせず隠す方法やメイクや髪型の注意点も解説します

お葬式に参列する際、身だしなみに気をつけるのは当然のマナーですが、ネイルとなるとどうでしょうか。特にネイルサロンで施してもらったジェルネイルなどは、取るのにお金や時間がかかってしまいます。そもそも、お葬式までにサロンの予約が取れない可能性もゼロではありません。そこで今回は、お葬式におけるネイルの扱い方について解説していきます。「普段のネイルで参列もして良いのか」「何色のネイルであれば許容範囲なのか」などの疑問をお持ちの方は参考にしてみてください。

忌中見舞いとは|持ち物やのし・服装のマナーを分かりやすく解説します

忌中見舞いとは|持ち物やのし・服装のマナーを分かりやすく解説します

忌中見舞いとは、故人様が亡くなられてから49日間の間にお伺いし、お悔やみを述べることを指す言葉です。しかし、これは必ず行うものではないので、「経験がない」「聞いたことがない」といった方もいらっしゃることでしょう。今回は、忌中見舞いとは何なのか、どういったときに行うものなのか、忌中見舞いに行く際の持ち物や服装・マナーなどを分かりやすく解説していきます。

関連する記事「服装」について

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

偲ぶ会とは|当日の流れや服装・香典に関するマナーも解説します

偲ぶ会とは|当日の流れや服装・香典に関するマナーも解説します

お葬式でネイルはどうする?オフせず隠す方法やメイクや髪型の注意点も解説します

お葬式でネイルはどうする?オフせず隠す方法やメイクや髪型の注意点も解説します

忌中見舞いとは|持ち物やのし・服装のマナーを分かりやすく解説します

忌中見舞いとは|持ち物やのし・服装のマナーを分かりやすく解説します