意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2022-08-26

お葬式に参列する際のコートの選び方|NGな色や素材について解説します

ご葬儀やお通夜に参列する際、多くの方が気にするポイントが服装です。特に寒い時期であれば、「どのようなコートを着れば良いのか」「そもそもコートを着ても良いのか」と悩む方は少なくありません。

今回は、寒い時期にご葬儀やお通夜へ呼ばれた際の防寒具の選び方について解説します。メンズ・レディース別に、デザインや色を踏まえたマナーなども紹介していきますので、お悩みの方は参考にしてみてください。

お葬式用のコートはない

ご葬儀やお通夜に参列する場合、「喪服」を着用するのが一般的なマナーですが、「弔事専用のコート」は存在しません。そのため、基本的には自分の持っているコートの中から弔事の場に適しているものを選ぶか、適しているコートがなければ用意が必要です。

弔事の場に適しているものとして、「礼装用コート」が挙げられます。もし礼装用コートがなく、なおかつ弔事の場に適したコートも持っていない場合、何か一着用意しておいた方が良いといえるでしょう。

なお、どのようなコートを用意するべきなのかについては『お葬式に参列する際のコートのマナー』の項目で解説していきます。

礼装用コートを着用しても良い

礼装用コートとは、礼服を着用した際に合わせる専用のコートです。慶事・弔事のどちらでも着用できるため、ご葬儀の際のコートとしては適切といえます。

しかし、ご葬儀の案内に「平服(略喪服)」と記載されている場合は礼装用コートの着用を控えましょう。この礼装用コートは、「正喪服」「準喪服」といった格式の高い喪服を着る際に用いるものだからです。略喪服はビジネススーツに近い服装のため、かえって礼装用コートが浮いた印象になってしまいます。

お葬式に参列する際のコートのマナー

いくら喪服用のコートに決まりはないとはいえ、防寒着は喪服と同じように気を遣わなければならないポイントです。次の項目では、「色」「素材」「コートの長さ」「コートの種類(デザイン)」の4つの点からご葬儀にふさわしいコートについて解説していきます。

色に関しては喪服と同様、基本的に男性も女性も「黒色」のコートを着ていきましょう。しかし、必ず黒色でなければならないというわけでもありません。

もし持っているコートに黒色のものがなければ黒に近い「紺色」や「グレー」のコートでも問題はありません。また、色の印象は見る方によって変わってくるため、「ベージュ」などの判断がつきにくい色は避けるようにしましょう。もちろん、「白」「パステルカラー」などの見るからに明るい色のコートは弔事の場にふさわしくないため、着用を控えるのが望ましいです。

素材

素材に関しても、男女で配慮するべき点は変わりません。コートの素材は、衣ずれの音の心配がない「カシミア」や「ウール」などが理想です。

反対に避けた方が良い素材は、「ムートン・レザー・毛皮などの殺生を連想させる素材」「ビニール・ナイロン・サテンなどの衣ずれ音が気になる素材」などが挙げられます。

長さ

女性の場合、コートから喪服のスカートが見えているのはあまり印象が良くないため、身丈が長いコートを選ぶのがマナーです。男性も、できれば膝まで隠れる長さのコートを着用する方が望ましいとされています。

種類

コートの種類(デザイン)はフォーマルを意識し、カジュアルなデザインは避けましょう。望ましいのはチェスターコートや、ロングタイプのステンカラーコートです。反対に、以下のようなデザインは避けた方が無難といえます。

【ご葬儀にふさわしくないコートの例】

・トレンチコート

・ダッフルコート

・モッズコート

・レースなどの装飾が多いコート

・光沢がある素材のコート

・原色や明るい色のボタンがついているコート

・金具が金・銀などの派手なコート

上記のほかにも、フード付きのコートはカジュアルな印象になってしまうため、弔事の場には適していません。仮にフードが取り外し可能なデザインだったとしても、そのようなコートはデザイン自体がカジュアルである場合が多いので、着用するのは控えた方が無難といえます。

お葬式に参列する際にダウンを着用しても良い?

寒い時期に欠かせない防寒着として、ダウンコートがあります。近年では、ご葬儀に黒のダウンコートを着てくる方が増えてきたため特に気にする必要はありませんが、このダウンコートも基本的にカジュアルな印象を与えるのであまり望ましくありません。チェスターコートなどダウンコート以外に何かふさわしいコートがあれば、そちらを着て参列するようにしてください。

まとめ

冬場のご葬儀に参列する際、コートは喪服と同じように気を配らなければならないポイントです。特に決まったルールはありませんが、基本的には黒色で光沢のないコートを選ぶと良いでしょう。一番無難なのは礼装用のコートですが、略喪服の場合はかえって浮いた印象になってしまうため、コーディネートを間違えないよう注意しましょう。


「服装」に関する記事

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

直葬では、通夜や告別式を執り行わないため、一般葬よりも労力や時間を必要としません。そのため最近は直葬を選ぶ方が増えてきていますが、周囲から理解を得にくいなどのデメリットも多いので、実際に執り行う際は基本の知識を押さえておく必要があります。今回は直葬のメリット・デメリット、参列するうえでのマナーをご紹介します。また、直葬が増えた時代背景にも触れていきますので、興味をお持ちの方はぜひ読んでみてください。

偲ぶ会とは|当日の流れや服装・香典に関するマナーも解説します

偲ぶ会とは|当日の流れや服装・香典に関するマナーも解説します

偲ぶ会は、「故人様のご葬儀には参列できなかったけれど、きちんとお別れをしたい」といった方のために開かれます。しかし、偲ぶ会は宗教的な儀式ではなく、これまで一度も参列したことがない方も多いです。そのため、案内が届いた際、「一体どのような服装をしていけば良いのか、守るべきマナーはあるのか?」と悩んでしまうでしょう。今回は、偲ぶ会の基本的な知識から、当日の流れや服装・香典のマナーについて解説していきます。本記事をご覧いただき、「偲ぶ会とは何なのか」についての大枠を把握しましょう。

お葬式でネイルはどうする?オフせず隠す方法やメイクや髪型の注意点も解説します

お葬式でネイルはどうする?オフせず隠す方法やメイクや髪型の注意点も解説します

お葬式に参列する際、身だしなみに気をつけるのは当然のマナーですが、ネイルとなるとどうでしょうか。特にネイルサロンで施してもらったジェルネイルなどは、取るのにお金や時間がかかってしまいます。そもそも、お葬式までにサロンの予約が取れない可能性もゼロではありません。そこで今回は、お葬式におけるネイルの扱い方について解説していきます。「普段のネイルで参列もして良いのか」「何色のネイルであれば許容範囲なのか」などの疑問をお持ちの方は参考にしてみてください。

忌中見舞いとは|持ち物やのし・服装のマナーを分かりやすく解説します

忌中見舞いとは|持ち物やのし・服装のマナーを分かりやすく解説します

忌中見舞いとは、故人様が亡くなられてから49日間の間にお伺いし、お悔やみを述べることを指す言葉です。しかし、これは必ず行うものではないので、「経験がない」「聞いたことがない」といった方もいらっしゃることでしょう。今回は、忌中見舞いとは何なのか、どういったときに行うものなのか、忌中見舞いに行く際の持ち物や服装・マナーなどを分かりやすく解説していきます。

関連する記事「服装」について

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

直葬とは|かかる費用や注意すべきマナー、メリット・デメリットを解説します

偲ぶ会とは|当日の流れや服装・香典に関するマナーも解説します

偲ぶ会とは|当日の流れや服装・香典に関するマナーも解説します

お葬式でネイルはどうする?オフせず隠す方法やメイクや髪型の注意点も解説します

お葬式でネイルはどうする?オフせず隠す方法やメイクや髪型の注意点も解説します

忌中見舞いとは|持ち物やのし・服装のマナーを分かりやすく解説します

忌中見舞いとは|持ち物やのし・服装のマナーを分かりやすく解説します

妊婦がお葬式に参列しても良い?服装やマナー・注意点を解説します!

妊婦がお葬式に参列しても良い?服装やマナー・注意点を解説します!