意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2022-11-04

ご葬儀に参列する際は忌み言葉に注意!NGワードとその言い換えを紹介します

ご葬儀では、不幸を連想させる言葉など言い換えるべき「忌み言葉」があります。言葉ひとつでご遺族を不快にさせてしまったり、傷つけてしまったりする場合もあるため、最低限のマナーとして覚えておく必要があります。しかし、そもそもどの言葉が忌み言葉に該当し、どう言い換えるべきなのか分からない方も多いのではないでしょうか。

今回は、ご葬儀での忌み言葉とその言い換え表現について解説します。また、宗教ごとの忌み言葉も併せて紹介していきますので、参列するご葬儀に合わせた言い換えを考えてみてください。

ご葬儀で使っていけない忌み言葉に注意

忌み言葉は、ご葬儀の場では言い換えが必要とされる言葉です。日常的には問題なくても、ご葬儀の場では縁起が悪かったり、不幸を連想させたりするとして避けるべき言葉がいくつかあります。

ご葬儀では、ご遺族や参列者と挨拶や会話をする場面が少なくありません。忌み言葉を把握していないと意図せずにご遺族を傷つけてしまう可能性があるため、最低限のマナーを守るための知識として把握しておきましょう。

避けるべきNGワードとその言い換え

忌み言葉は主に3種類あり、どれも不幸や死を連想させるとされています。大切な方を失い、悲しみに暮れているご遺族の気持ちに配慮する意味でも言い換えが必要です。

・重ね言葉

・不幸が続くことを連想させる言葉

・死を連想させる言葉

次項では、それぞれ避けるべきNGワードと言い換え方を一覧でご紹介します。

重ね言葉

不幸が重なることを連想させる重ね言葉は下記のように言い換える必要があります。

忌み言葉 言い換え方
重ね重ね 深く・加えて
いろいろ 多くの・多彩な・さらに・もっと
度々・しばしば よく・しげく
次々 たくさん・立て続けに・休みなく
どんどん たくさん
くれぐれも・重々 十分に・よく・どうぞ
ぜひぜひ ぜひとも・ぜひ
みるみる 見るまに
近々 近いうちに
わざわざ あえて
日々 毎日
ときどき 時折
たまたま 思いがけず・珍しく
だんだん 少しずつ
つくづく 心から
いよいよ・ますます 一段と・さらに・もっと・よりいっそう
返す返す 本当に・まことに・思い起こせば・振り返ると

一般的に、「重ねる」には「繰り返される」という意味を持っているので、上記のような言葉はご葬儀の場にはふさわしくありません。

不幸が「続く」ことを連想させる言葉

不幸が続くことを連想させる言葉も避けるべきものなので、下記のように言い換えましょう。

忌み言葉 言い換え方
再び いま一度
また さらに・改めて
追って 後ほど
続いて 同様に
忙しい 多用
次に その後・新たに・別の機会に
引き続き・また これからも・さらに

亡くなってしまった故人様は、残されたご遺族まであの世に旅立ってほしいとは決して思ってはいません。このような心情を察すると、前述のような言葉は控えるべきと理解できるでしょう。

死を連想させる言葉

生死や命に関わる表現も忌み言葉として避けるべきとされています。

忌み言葉 言い換え方
死ぬ 逝去
急死 急逝・突然のこと
生きていたころ ご生前・お元気でいらしたころ

数字の四や九は、それぞれ「死」や「苦」を連想させるため避けるのが一般的です。四苦八苦や七転八倒、浮かばれないといった言葉は言い換え表現が難しいので、ご葬儀の場では使用を避けましょう。

宗教ごとに忌み言葉があるので注意

宗教によって死生観に違いがあるので、忌み言葉に該当する言葉も宗教ごとに異なります。日本でのご葬儀の多くが仏式のため、特に問題ないと思っていた言葉が実は仏教用語だったということも少なくありません。どの宗教であっても忌み言葉を避けるのは最低限のマナーですので、ご葬儀の前に把握しておきましょう。

仏教

仏教の供養には、故人様が極楽浄土へと無事成仏できるようにとの意味が込められています。仏教において、下記の言葉は成仏できない、報われないことを連想させる避けるべき忌み言葉です。

・浮かばれない

・迷う

また、仏教の中でも浄土真宗のご葬儀に参列する場合は、「冥福」という言葉の使用も避けてください。浄土真宗では、人は亡くなるとすぐに成仏すると考えられており、亡くなってから成仏するまで冥界をさまようという概念はありません。そのため、耳にすることの多い「ご冥福をお祈りします」という言葉は不適切とされています。

神式

神式で忌み言葉とされるのは下記の言葉です。

・成仏

・供養

・冥福

・冥土

・往生

神式と仏教では死生観が異なるため、ご葬儀の場において仏教用語は用いません。

キリスト教

キリスト教でも、神式と同様に仏教の考えにもとづく言葉が忌み言葉とされています。

・成仏

・供養

・冥福

・冥土

・往生

・ご愁傷様

・ご冥福をお祈りする

・哀悼の意を表する

・お悔やみ

キリスト教の考えでは、死は永遠の命の始まりを意味するので、先ほどご紹介した「供養」「冥福」などの言葉は控えた方が無難です。また、仏教で用いられる「お悔やみ申し上げます」という言葉には故人様の死を悼む意味があります。そのため、キリスト教では不適切な表現とされているので、「安らかな眠りにつかれますようお祈りいたします」といった言葉に言い換えましょう。

ご葬儀にまつわる文章では句読点を用いない

ご葬儀にまつわる文章において、句読点は「切れる」や「終わる」を意味する縁起が悪いものとされており、基本的に用いることはありません。読点を打つところには空白を作り、その後に文章を続けていきます。また、句点を打つ場合はそのまま空白とするので注意してください。

まとめ

ご葬儀の場で避けられる忌み言葉は、日常的に使うことの多い言葉でもあり、すべて把握するのは難しいかもしれません。しかし、ご葬儀は故人様とご遺族にとって大切な場であるため、不快にさせたり傷つけたりしないように配慮が必要です。ご葬儀に参列する際は事前に、使ってはならない忌み言葉について調べておくと良いでしょう。


「葬儀知識・マナー」に関する記事

【ご遺族向け】お通夜までの行うべき準備まとめ|葬儀社の選び方も解説します

【ご遺族向け】お通夜までの行うべき準備まとめ|葬儀社の選び方も解説します

かけがえのないご家族が逝去されるのは、大変つらく悲しい出来事です。人によって異なるものの、場合によっては大事な喪主を務めることになることも考えられます。後悔のないようお見送りをするには、事前の準備と葬儀社選びが重要です。今回は、お通夜の準備や葬儀社の選び方などについて詳しく解説していきますので、お困りの方は参考にしてみてください。

お通夜とは|当日の流れやマナー・意味合いを分かりやすく解説します

お通夜とは|当日の流れやマナー・意味合いを分かりやすく解説します

お通夜とは、ご葬儀の前日に執り行われる仏教の儀式です。故人様をお送りする儀式のひとつであり、「ご葬儀や告別式とは何が違うの?」「何のために行うの?」と不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。今回は、お通夜の意味や目的、一連の流れ、参列時のマナーや香典の書き方について解説していきます。突然の連絡に慌てることのないよう、本記事でお通夜について学んでいきましょう。

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

ご親戚やご友人の訃報に際し、「弔問したいけど、具体的にどんな準備をすればいいの?」と悩んでいる方も多いでしょう。弔問にはいくつか気をつけるポイントがあり、ご遺族に失礼がないよう事前に把握しておかなければなりません。今回は、弔問の適切なタイミングや服装の注意点、持ち物のマナーなどについて詳しく解説していきますので、お困りの方は参考にしてみてください。

開眼供養(開眼法要)とは|服装やお布施のマナーについて解説します

開眼供養(開眼法要)とは|服装やお布施のマナーについて解説します

お墓を建てるときや、新しく仏壇を購入した際は「開眼供養(かいげんくよう)」という法要を行います。開眼供養は頻繁に行われるものではありませんので、「具体的にどんなことをするの?」と不安を抱える方も多いのではないでしょうか。今回は、開眼供養の基本的な流れやさまざまなマナーなどについて詳しく解説していきますので、お困りの方は参考にしてみてください。

関連する記事「葬儀知識・マナー」について

【ご遺族向け】お通夜までの行うべき準備まとめ|葬儀社の選び方も解説します

【ご遺族向け】お通夜までの行うべき準備まとめ|葬儀社の選び方も解説します

お通夜とは|当日の流れやマナー・意味合いを分かりやすく解説します

お通夜とは|当日の流れやマナー・意味合いを分かりやすく解説します

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

開眼供養(開眼法要)とは|服装やお布施のマナーについて解説します

開眼供養(開眼法要)とは|服装やお布施のマナーについて解説します

納骨式とは|事前準備や当日の流れ、かかる費用相場を分かりやすく解説します

納骨式とは|事前準備や当日の流れ、かかる費用相場を分かりやすく解説します