意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2020-04-08

忌中の期間や控えるべきこととは?知っておきたい忌中のマナー

忌中の期間や控えるべきこととは?知っておきたい忌中のマナー

「忌中」という言葉をご存じでしょうか。なかなか馴染みのない言葉でもありますので、「喪中」は知っているが「忌中」は分からない、という方は少なくないと思います。そもそも忌中とはどのようなことなのか。喪中との違いは何なのか。期間はいつまでなのか。

そこで今回は、忌中の期間や忌中の期間中に控えるべきことなどをご紹介します。

忌中とは

忌中とは、ご家族が亡くなられた際に、亡くなった日から四十九日法要が行われる前の期間を指し、四十九日法要を終えたら「忌明け」となります。

日本では昔から“死”は忌まわしいことであり、死による穢れを他人にうつすことが無いように、忌中では慶事やお祭りへの参加を避けるなど、外部との接触をなるべく避けて、身を慎まなければなりません。

かつては、忌中の期間は喪服を身に付け、家の門戸を閉ざし、完全に外部との接触を断つ他、酒や肉も絶ち精進料理を食べて過ごしました。しかし現在では、将来のために勉強したり、生活のために仕事をすることが必要なため、普段通り学校や仕事に行き、食生活も普段通り行うのが一般的です。

なお、神道では五十日祭の翌日までを指します。キリスト教では「忌」の考え方はありませんが、日本の風習として受け入れていて、プロテスタントは1ヵ月後の「召天記念日」、カトリックは三十日目の「追悼ミサ」までを身を慎む期間とされています。

忌中と喪中の違いは?

「忌中」とよく似た言葉で「喪中」がありますが、両者の違いは何なのでしょうか。結論から先に申し上げると、両者の違いは「身を慎む期間の“長さ”」になります。

「忌中」も「喪中」も共に、身内の死に際して「身を慎む期間」ではありますが、「忌中」が故人様が亡くなられた日から四十九日法要までを指すのに対し、「喪中」は故人様が亡くなられた日から1年間が目安とされています。

忌中の際にすべきこと

自宅に神棚を置き、日常的にお参りをされているご家庭も少なくありません。そうしたご家庭の近親者が亡くなられた場合は、忌中の間は「神棚封じ」をしなければなりません。神棚は、いわば家の中にある神社になります。そのため、神様に死の穢れを近づけないようにするために神棚にお札や半紙を貼り、忌明けするまではお参りを避けましょう。

なお、自宅に仏壇があるご家庭は仏壇の扉も閉じておきましょう。

忌中の際に控えること

忌中の際は、控えなければいけないことがいくつかあります。以下に控えるべき事項をまとめましたので、ご参照ください。

お祝い事は控える

お祝い事には様々なことが考えられますが、代表的なものとしては、自らの結婚式や招かれた結婚式への参加、家の新築・改築などとなります。

神社への参拝は控える

神道では死は「穢れ」であるため、神社(神様)の領域に穢れを持ち込むことはタブーとなります。そのため、忌明けとなる50日が経つまでは神社へお参りすることは控えなくてはいけません。

お酒の席などの参加は控える

パーティーや宴会への参加は控えましょう。年末年始であれば、忘年会や新年会への参加もできるだけ控えましょう。

新年の挨拶は控える

身内の方が年末に亡くなられた際は、新年の挨拶は控え、前もって年賀欠礼状を出しましょう。

忌明け後にすべきこと

忌中は「より身を慎んで過ごす期間」でしたが、四十九日法要などが過ぎた忌明け後には、どのようなことをすべきなのでしょうか。以下で忌明け後に行う事項をまとめましたので、ご参照ください。

香典返しをする

忌明け後は、香典返しを行いましょう。お通夜式やご葬儀・告別式でいただいた香典の金額に対して、お返しの品物をお贈りします。また香典返しの際は、忌明け法要を無事に終えることができた旨を記載した挨拶状を品物に添えて贈りましょう。

神棚封じなどを解く

忌明け後は、神棚封じのために貼ったお札や半紙をはがし、今まで通りお参りをします。また、忌中に閉じていた仏壇の扉を開けておきましょう。

まとめ

故人様が生前楽しみにしていたお祝いはもちろん、ご遺族にとって大事なことであれば、「故人も許してくださる」と柔軟に考える場合もあるなど、最近では、忌中の過ごし方も変わってきています。ただし、あくまでマナーを守るのが基本です。周りのご親族、特に目上の方への相談は欠かさないようにしましょう。


「忌中」に関する記事

お歳暮は喪中でも贈れるの?喪中のお歳暮に関する注意点やマナーとは?

お歳暮は喪中でも贈れるの?喪中のお歳暮に関する注意点やマナーとは?

年末の時期に日頃お世話になっている方々にお贈りする「お歳暮」。「一昔前に比べると、お歳暮の慣習が薄れてきた」などと言われることもありますが、まだまだ盛んに行われています。そんなお歳暮ですが、ご自身が喪中だった場合やお贈りする予定の相手が喪中の場合、お歳暮をお贈りしてもいいのか悩まれる方は少なくないと思います。 そこで今回は、喪中の際のお歳暮に関する考え方やマナーに関してご紹介します。

神棚封じについての基礎知識。意味や手順、期間についてご紹介

神棚封じについての基礎知識。意味や手順、期間についてご紹介

神棚封じについての基礎知識。意味や手順、期間についてご紹介

喪中に暑中見舞いを出してもいいの?喪中に暑中見舞いを出す際の注意点

喪中に暑中見舞いを出してもいいの?喪中に暑中見舞いを出す際の注意点

夏の季節のお便りである「暑中見舞い」。梅雨明けが近くなると、暑中見舞いを送ることを考える人が多くなってくると思います。お世話になった人や親しくしている人に宛てて出す暑中見舞いですが、相手や自分が喪中の際に年賀状のように出すことを控えるべきなのか、悩まれる方がいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、相手や自分が喪中の際に暑中見舞いを出してもいいのか、暑中見舞いを出す際の注意点などについてご紹介します。

関連する記事「忌中」について

お歳暮は喪中でも贈れるの?喪中のお歳暮に関する注意点やマナーとは?

お歳暮は喪中でも贈れるの?喪中のお歳暮に関する注意点やマナーとは?

神棚封じについての基礎知識。意味や手順、期間についてご紹介

神棚封じについての基礎知識。意味や手順、期間についてご紹介

喪中に暑中見舞いを出してもいいの?喪中に暑中見舞いを出す際の注意点

喪中に暑中見舞いを出してもいいの?喪中に暑中見舞いを出す際の注意点

忌中や喪中って?その間の過ごし方の決まりはあるの?

忌中や喪中って?その間の過ごし方の決まりはあるの?