意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
意外と知らない葬儀の知識やマナー、お悩みをわかりやすく解説・解決
知っておきたい葬儀の知識
知っておきたい葬儀の知識
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話よる資料請求・お問い合わせ0120-41-1147

2020-12-18

香典返しを辞退されたどうすればいい?辞退される理由やその際の対応について

ご葬儀に参列される場合、ご会葬者は香典を持参されます。ご会葬者から香典をいただいた場合、ご遺族は故人様に代わって香典返しをお贈りしますが、中には香典返しを辞退される方も少なからずいらっしゃいます。その場合、ご遺族はどのようにすればよいのでしょうか。

そこで今回は、香典返しを辞退された場合の対応についてご紹介します。

何故、香典返しを辞退するのか?

ご葬儀では、ご会葬者は香典を持参し、ご遺族は故人様に代わって香典返しをお贈りします。しかし、ご会葬者の中には香典返しを辞退される方も少なからずいらっしゃいます。何故、香典返しを辞退されるのでしょうか。以下で香典返しを辞退される場合の理由としてよく挙がるものをご紹介します。

ご遺族への心遣い

近年では、ご葬儀の当日に香典返しをする「当日返し」が増えてきましたが、本来香典返しはご葬儀後にお贈りします。そのため、香典返しの手配以外にもご葬儀後は何かと忙しいご遺族への心遣いから香典返しを辞退される方もいらっしゃいます。

香典返しを受け取れない

香典返しを辞退される方の中には、公的な組織や会社に所属している方もいらっしゃいます。公的な組織や会社の場合、禁止事項として香典返しを受け取れないことがあります。その場合、香典返しを贈ってしまうと相手を困らせてしまいますので、心遣いをありがたく受け取りましょう。

香典が少額であった

ご自身が包んだ香典が香典返しをいただくほどではないと考えられていたり、複数人で香典を包んだために一人ひとりの金額が少なかったために、香典返しを辞退されることもあります。また、香典返しを辞退することを前提で香典を少額包まれる方もいらっしゃいますが、いずれにしても香典を少額にすることで香典返しを辞退されたご遺族が気を遣わずに済むというご遺族への配慮と言えます。

香典返しを辞退された場合の対応

ご会葬者が香典返しを辞退された場合、ご遺族は基本的に、その申し出をご厚意として受け取るのがマナーになります。

しかし、何もしないというのも感謝の気持ちを伝える機会がないために、相手との関係性が崩れてしまうのではないかと思われる方もいらっしゃると思います。その場合、感謝の気持ちを伝えるために取れる方法が2つあります。

お礼状や挨拶状をお送りする

ご会葬者から香典を辞退され場合、いただいた香典に対する感謝を伝える方法として一般的なのが、四十九日法要後にお礼状や挨拶状をお送りする方法になります。

一般的に香典返しは、香典返しの品と共にお礼状や挨拶状を添えます。そのため、香典返しを辞退されたご会葬者には香典返しの品を贈らずに、お礼状や挨拶状だけを送りましょう。

<文例>

謹啓
御尊家一同様に於かれましては 御清祥に御過ごしのことと存じます
〇〇(故人名)の葬儀に際しては 御繁忙中にかかわりもせず御弔意を賜り 誠に有難く厚く御礼申し上げます
お陰をもちまして四十九日法要を滞りなく相営むことができました
つきましては早速拝趨し御礼を申し上げるところですが 略儀ながら書中にて御挨拶申し上げます
敬具 令和〇年〇〇月     喪主

別の機会にお礼をする

ご会葬者が香典返しを辞退されたとしても、ご遺族としてはお返しをしたいとい思われるでしょう。そのような場合、別の機会にお礼をするのもよいでしょう。例えば、お中元やおお歳暮を贈ったり、食事会に招待したり、菓子折りを持って行って直接感謝を伝えたりと様々な方法があります。

なお、喪中におけるお中元やお歳暮に関しては、それぞれ以下の記事でご紹介しておりますので、是非ご参照ください。

・喪中の時にお中元を贈っても大丈夫?喪中にお中元を贈る際のマナーや注意点をご紹介

・お歳暮は喪中でも贈れるの?喪中のお歳暮に関する注意点やマナーとは?

まとめ

ご会葬者が香典返しを辞退されるのは、ご遺族への心遣いや配慮によるものであることがほとんどです。マナーを守ることも大切ですが、何よりも大切にしたいのは相手の気持ちを尊重するということです。形式だけにとらわれずに、香典をくださった方に真心が伝わる対応を心掛けましょう。


「葬儀知識・マナー」に関する記事

【ご遺族向け】お通夜までの行うべき準備まとめ|葬儀社の選び方も解説します

【ご遺族向け】お通夜までの行うべき準備まとめ|葬儀社の選び方も解説します

かけがえのないご家族が逝去されるのは、大変つらく悲しい出来事です。人によって異なるものの、場合によっては大事な喪主を務めることになることも考えられます。後悔のないようお見送りをするには、事前の準備と葬儀社選びが重要です。今回は、お通夜の準備や葬儀社の選び方などについて詳しく解説していきますので、お困りの方は参考にしてみてください。

お通夜とは|当日の流れやマナー・意味合いを分かりやすく解説します

お通夜とは|当日の流れやマナー・意味合いを分かりやすく解説します

お通夜とは、ご葬儀の前日に執り行われる仏教の儀式です。故人様をお送りする儀式のひとつであり、「ご葬儀や告別式とは何が違うの?」「何のために行うの?」と不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。今回は、お通夜の意味や目的、一連の流れ、参列時のマナーや香典の書き方について解説していきます。突然の連絡に慌てることのないよう、本記事でお通夜について学んでいきましょう。

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

ご親戚やご友人の訃報に際し、「弔問したいけど、具体的にどんな準備をすればいいの?」と悩んでいる方も多いでしょう。弔問にはいくつか気をつけるポイントがあり、ご遺族に失礼がないよう事前に把握しておかなければなりません。今回は、弔問の適切なタイミングや服装の注意点、持ち物のマナーなどについて詳しく解説していきますので、お困りの方は参考にしてみてください。

開眼供養(開眼法要)とは|服装やお布施のマナーについて解説します

開眼供養(開眼法要)とは|服装やお布施のマナーについて解説します

お墓を建てるときや、新しく仏壇を購入した際は「開眼供養(かいげんくよう)」という法要を行います。開眼供養は頻繁に行われるものではありませんので、「具体的にどんなことをするの?」と不安を抱える方も多いのではないでしょうか。今回は、開眼供養の基本的な流れやさまざまなマナーなどについて詳しく解説していきますので、お困りの方は参考にしてみてください。

関連する記事「葬儀知識・マナー」について

【ご遺族向け】お通夜までの行うべき準備まとめ|葬儀社の選び方も解説します

【ご遺族向け】お通夜までの行うべき準備まとめ|葬儀社の選び方も解説します

お通夜とは|当日の流れやマナー・意味合いを分かりやすく解説します

お通夜とは|当日の流れやマナー・意味合いを分かりやすく解説します

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

弔問する際のマナーを丁寧に解説|持ち物や服装、弔問するタイミングも紹介

開眼供養(開眼法要)とは|服装やお布施のマナーについて解説します

開眼供養(開眼法要)とは|服装やお布施のマナーについて解説します

納骨式とは|事前準備や当日の流れ、かかる費用相場を分かりやすく解説します

納骨式とは|事前準備や当日の流れ、かかる費用相場を分かりやすく解説します